ホーム / 批判を聞けない法論功

法輪功、ニューヨーク春節バレード参加に拒否された

2011-03-11 ソース:Kaiwind 作者:余軍 君正

2月6日、米国ニューヨーク中華街で、中国のウサギ年を迎えたため、春節バレードが行われた。今回の「新しい春愛心バレード」イベントは10万人近くのニューヨーク市民は参加した。バレードチームにはバレード車10台と、店、団体と政府部門が組んだ70参加チームぐらいはあった。

春節バレードはすでに12回目を迎え、ニューヨークの大型イベントにも注目される風景になってきた。バレードは順調で安全に終了した。イベントの組織者であり、繁栄華埠総会創会ダイレクターの田士鋭氏は:「今度のバレードイベントはいわゆる天の时、地の利と人の和をよく調和したもの」と評判した。

  

2月6日、地元の中国人は米国にょーヨーク中華街でドラゴン踊りをやっている様子

この前、地元の法輪功はバレード参加に申し込んだが、組織者繁栄華埠総会創会に拒否された。担当の田士鋭氏はE-mailで:断った理由は「安全問題や破壊など」潜在問題があるからと言った。法輪功関連サイトはこれで大文句:「新年バレードは本当の目的が中国共産党政権と法輪功を残害する行動のためにアピールしたもの」。

2008年5月、ニューヨークの在米中国人は中華街フラッシング地域で四川省大地震のため募金運動を行ったが、法輪功組織から邪魔され、破壊された。この事件で地元中国人を激怒させ、自主的に集合して法輪功を非難した。双方は十日間対峙した。

ニューヨーク中華街はニューヨークマンハッタンの南側にあり、隣には、ニューヨーク政府、ワォール街、ブロードウェイなどがある。地理的な位置は優れている。ニューヨーク中華街は米国最大の中華街で、人口150000人で、在米中国人の政治、経済と文化の中心である。

分享到: