ホーム / 批判を聞けない法論功

ドイツ有名な人体解剖学者が法輪功の生きとるデマを撃破する(図)

2013-10-11 ソース:Kaiwind 作者:夏彤

オーストリアウィーン放送網7月12日のニュースによると、ドイツ有名な人体解剖学者のギュンター・フォン・ハーゲンス(Gunther von Hagens)が、今主催させている“人体世界”と言う芸術展による、法輪功の“臓器を生きとる”デマの想像を引き起こします。ハーゲンス博士はそれについての記者会見を開催しました、正面的に法輪功の質疑を答えて、それにすべて展示する人体は中国からのではありません。ハーゲンス博士の声明は、再び法輪功の“臓器を生きとる”デマを撃破させる。

 

ギュンター・フォン・ハーゲンス

ドイツ有名な人体解剖学者のギュンター・フォン・ハーゲンスは、今オーストリア首都ウィーンの自然史博物館で「人体世界」という芸術展を開催させている、多くの200以上の展示されている本物人体標本は、全部ハーゲンスが死体塑化技術を利用して作り出しましたものです、人体知識を普及するために、人間の生命過程を表現させている。でも、「人体世界」芸術展では、法輪功団体とアメリカ記者ガットマン(Ethan Gutmann)はハーゲンスに、これらは中国法輪功学習者の遺体かどうかを確認するために、展示された塑化人体標本DNAの検査することを要求しました。ガットマンは、部分展示された女性人体標本の腿は短くて、それは中国人の体の特質だと思う、あるのは、更に肺、腎臓などの臓器がかけています、これは明らかに殺害されて、「臓器を生きとられる」法輪功の練習者だと思います。

そのため、ハーゲンス博士は記者会見を開催します、直接的にガットマンと法輪功団体の質疑を答えています。彼は、展覧中の全ての人体はドナーの遺体である、遺体ドナー達は死んた後の体が、健康と解剖の公共教育用の希望を明確に表明させていると言いました。この人体寄付プロジェクトは、ドイツハイデルベルクプラスティネーション研究所にようる、1982年設立以来、すでに13000人登録して遺体を寄付しています、その中に大部分はドイツとアメリカからのであるが、一人の中国の寄付する人がいません。人体寄付プロジェクトの監督はハイデルベルク市が担当しています、8年前には早くも、ハーゲンスは中国死刑囚の遺体で展示させることについての指摘に、積極的な応答をしました。

ギュンター・フォン・ハーゲンス、1942年ドイツ民主共和国に生まれました、1978年ハイデルベルク大学解剖研究所で解剖研究に従事する、1993年ハーゲンスはハイデルベルク大学の解剖学研究所を創立しました。ハーゲンス博士は生物塑化技術を発明しました、それは動物と人間の体を利用して、迫真の標本を作り出す。この技術の発明は、医学教育と標本保存技術の革新と呼ばれています、つまりはホルマリン溶液で人体と臓器標本を保存しなくてもいいになります。

分享到: