ホーム /

前アメリカ市長:法輪功の中秋節活動に参加する事を拒否させるのを理解できる

2014-03-31 ソース:Kaiwind 作者:金勇

アメリカマスコミ《新聞論壇》ネット(Thenewstribune.com)が2013年9月30日の報道によると、アメリカワシントン州タコマ市の「中国協和園」(Chinese Reconciliation Park)が開催の年度中秋節活動の中に、組織の方は法輪功の参加資格をキャンセルします、そのブースを撤去させて追放させました、これに対して、アメリカタコマ市前市長は理解できると表します。

報道によると、9月21日、タコマ市の「中国協和園」(Chinese Reconciliation Park)は年度中秋節活動を開催しました、元々参加を許可した法輪功組織は最後まで主催者の「中国協和プロジェクト基金会」(the Chinese Reconciliation Project Foundation)に拒否されました。

法輪功の方は、「モテない」、「法輪功は暴力や政治傾向があります」と主催者のスタッフははっきりと知らせてくれて、同時に法輪功のブースも撤去されました。決定を出す「中国協和プロジェクト基金会」会長テレサ・パン・ホスレイ(Theresa Pan Hosley)は、組織の方が法輪功の活動参加資格をキャンセルするのは、スペースが限られているため、すでに法輪功の方から連絡する、殘念ながらタコマ協和園への活動を参加しなくてお知らせます、そして活動申請料を全額返した。

法輪功の方は、このことを発生するのは孤立現象ではありません、主催者は中国側の圧力を受けるから、ホスレイ会長は、この活動は家庭的なパーティーです、法輪功がこのような推測をしなくてほうがいいと思って、そして彼女はすでに元タコマ市市長ビル・バスマ(Bill Baarsma)を含める基金会メンバーに提案させて、今後の取締役会で法輪功問題に定型化政策を出さなければならないと反論しました。

9月27日(金曜日)、元タコマ市市長はビル・バスマはインタビューを受ける時に、彼は法輪功を駆逐する決定を参加しなくても、この件を発生する原因を理解できます。彼は、法輪功が他の活動に参加する時に、いつも鳴り物入り、その政治的な願望を叫んだ。バスマさんは、「これは調和の公園だ、芸術やダンスパフォーマンスや文化に専念する祝日だ――これらは全部向上エネルギーのものです。今後の中秋節活動はこのように専念して、あれらの潜在の参加者は分かるべきです、ここは政治意見を表現する論壇ではありません」。

分享到: