ホーム / 被害者による告発

法輪功は私の父が飛び降って死ぬに害する

2014-07-21 ソース:Kaiwind 作者:崔麗

私の父の呉文は19432月に生まれました、黒龍江省宾县宾州町文化街に住んでいました、元県紡績工場定年退職労働者です。企業の体制転換後、家に引き籠って時々出掛けて公園でのいくつかの高齢者とトランプをして、自分が一生でも疲れてまた気楽に暮らすべきだと言いました。   

1998年から、父がよく一緒にトランプをする人が少ないになってと感じます、ちょっと訪ねてやっと皆が法輪功の練習に行くことが知っています。この功は体が丈夫にさせるだけではなく、病気を治すこともできる、またどんな病気でも治すできる、注射するや薬を飲むでも必要がない、多くのお金を節約できるのだろうと言われます。トランプをする人や熟知する人も少なくになって、父はつまらないで、トランプ友人を見つけて、そしてトランプ友人は功友になります。最初のほとんどの間、父は功友と一緒に家から近くの小さな広場で練習します。外出しない時に家で本を研究して、見ながら書いている、長くない間とても厚い読書記録を書いました。私たちに会うたびに法輪功は神功だ、「円満」とか、「白日昇天」とかを言ってくれた。彼の話はあまり怪しいと思いますが、彼を怒らせたくないで、何も言わなかった。   

1999年テレビから法輪功は人に自己燃焼をさせる、切腹して法輪を探す、真相を分からない人に座る形式でデモ行進をさせて中南海を包囲して攻撃させる、信徒に病気になれば薬を飲むのはいけないことを教えるなどの人騒がせな内幕を知っています、法輪功は既に邪教組織に規定させることを明確に声明します、国家は法律に照らしてそれを取り締まりました。この報道を見た後、家族が非常に驚いた、長い間父が練習している功はなんと邪教組織の嘘だ、まったく気功じゃないと初めて知っていました。私たちは急いで父に練習なんかやめて、法輪功は人を害させて、練習を続ける事はいけないと勧めました。しかし、すべてが手遅れで、彼はもう徹底的に法輪功に洗脳された、私たちは何を言っても聞かない、触れない、ただ私たちは法輪功のことを知らないと言い張る、法輪功は体を丈夫にさせできる、病気を治して人を救う、仏や神になることができる、練習をやめることを師匠に知らせれば必ず報いがある。   

他人がどう言おうと父はそのままで、ただますます偏屈になる、誰にも話したくない、出掛けて公開に練習するのはいけないから、ドアを閉めて寝室でこっそり練習して、毎日の食事や睡眠をおいて練習のことです、またよく夜に出かけてこっそりパーティーに参加する、時には何の経文と宣伝品んを持って帰ってくる。母は父が出かけるうちにこっそり彼の本を持っていった、本がなくと法輪功に夢中にならないと思いました。しかし、父が帰って本がないと発見すると、母にかんかんに怒って、母に殴り合いに至るまで、これは私にとても驚きさせて、とても怒らせました。両親が結婚してからというもの二十数年でも、けんかすることが多くない、何冊の法輪功の本のために、父は意外にも殴るなんて、私はとても怒っていて、彼に必ず練習を続けるかどうかを質問して、私たちと練習の中間から選択させて、私の心を痛めさせるのは父が私達を見ていて、「あなた達はすべて私を上レベルに行くことを邪魔する魔だ、私は必ず練習します、以後私を邪魔させないように。」と言いました。   

これからは父が夜外出の頻度は明らかに増えます、出かける時にはいつも何が入っている袋を持っています。何か起こるのは恐れる私は、ある日彼が夜に外出した時にこっそり従って、長い歩いて来た後比較的に静かなところに来た後、父が袋から何枚のビラを取り出して壁に貼っていて、すぐに父はこっそり法輪功の宣伝品を投稿することが分かりました。   

2002512日の夜、父の情緒はなんとか平気で、話しなくて練習もしなくて、ただ静かに横になっています。後、私たちはやっと分かる、それは父が「白日昇天」する前にの考えを行います。翌日の朝、母は部屋に入って父に食事してと呼んで、母の驚き声を聞いて、私はすぐ部屋に入って父の体が窓の外にかかっている、私も急いで母と一緒に父を阻止して、でも彼は一心に死にたい、必死にもがきながら私と母は悪魔だと罵る、身振り手振りで私たちから脱出した、最終に私と母はみすみす彼を見ていて、一言を叫ぶ、「師匠、私は来ました!」、六階から落ちた。   

父の死は、母と私の精神に大きな刺激をさせました、私たちが法輪功の残酷と血生臭いを目撃した、十数年経ちました、私たちは永遠にその悲惨なシーンを忘れない。 

分享到: