ホーム / 観点

王進東は取材を受ける

2015-01-22 ソース:Kaiwind.com
《法輪功に夢中になった》 http://jp.kaiwind.com/view/201501/19/t20150119_2265239.htm

《二度目北京へ行き、焼身自殺を決めた》 http://jp.kaiwind.com/view/201501/20/t20150120_2268434.htm

《広場で焼身自殺》http://jp.kaiwind.com/view/201501/21/t20150121_2269938.htm

焼身自殺の件の後、長い間私は法輪功におぼれたままだった。しかし、天安門広場の火は私を矛盾状態に押された。実は、これは私の霊魂が生まれ変わったきっかけだった。 

2001130、私は北京市公安病院の患者犯人科に移送された。この病室にはベッドが四台あるが、私一人のために部屋にした。感ぜんをさけるための隔離治療だそうだ。毎日紫外線の放射を二回にし、一番優れた外科医者を用意してくれた。 

楊沫先生、30歳ぐらいで、やさしい人だ。身長は180cm以上もあり、肌は白くて、堂々とした方だ。彼はいつも病室に来たとき、微笑んでくれた。非常に話しやすい人で、私の焼けどに対し、いつもまじめに診ているし、痛ませないように、私を注意しながら、気をつけて処理をしてくれた。私は感動して、涙を流したことは何回もあった。私は彼に感謝をしたとき、彼はいつも「これはやるべきのことだ」と答えた。 

その後、楊沫先生だけではなく、患者犯人科の先生と看護婦はすべての患者犯人をこう対処していた。ここにいた犯人はそれぞれ刑務所から送られてきた。どんな犯罪者もいた。しかし、医者と看護婦にとって、全部は自分の患者だった。家族のように対応していた。患者犯人は一日三回栄養食事を用意していた。食事代は月間400元から500元ぐらいだった。患者犯人はそんなにおいしい料理が食べられるとは思わなかった。時々夜中におなかがすいて、食べ物をくださいという患者犯人はいたが、当番の看護婦は自払で屋台で食べ物を買ってくれた。自分の目で見ない限り、信じられないことだった。彼(彼女)たちの医療道徳と高い操業レベルは私の心をよく打たれた。 

私に対する思いやりはもっと目立った。病室にはもともと暖房がついていた。楊沫先生は私が寒いすぎてはいけないと思ったから、傷の治るに不利だと思い、上司に助言し、もう一台の電気暖房を買ってくれた。私が早く直るため、わざわざジュースを買ってくれた。私の心の中に、感動の気持ちは言葉で言い出せなかった。 

中央テレビ局は初めて私を取材したのは積水壇病院だった。私は黙って断った。200122日、中央テレビ局はもう一度私を取材しようとした。病院の管理職はまず私の病状を聞いた。私は感謝した。そして取材に同意するかどうかを聞かれた。私は取材していいと答えた。彼から、事実に従い、思ったことをそのままに話せばいいと言った。私は同意した。 

記者:「あなたたちはどうして天安門広場で集団的な焼身自殺をしたのか」 

私;「大法は正法だ。政府から邪教だと認定され、私は本当の大法修練弟子として、大法は私の命よりも大事だと思った。大法を守るため、自分の命を捨てることも惜しまない。天安門広場で焼身自殺をしたのは、政府に対するデモだ。ほかのたくさんの弟子が天安門広場で法を守る行動と同じ、焼身自殺はただ正法のための最高級レベルだ。」 

記者:「劉思影はだた12歳で、これはあまりにも残忍だと思わない?」 

この質問は私のこころの痛みに一発中的した。しかし、私は「大法」弟子の「認識」レベルで答えた。 

私:「劉思影は母親と一緒に北京に来る前、私は何回も止めた。しかし、汽車に乗ったとき、もう手遅れだと思った。そして、私は思った、ひょっとしたら、これは師匠が言われたその運命はこうやって用意されている。私は他人が法輪功に身を投げることに散々邪魔する理由はない。 

記者:「劉雲芳が焼身自殺をしていないことに対するどうおもうか」 

私:「北京でこの件をやることは自らの意志で決めた。誰かが迫られるわけではない。修練のなかに、一定のレベルになってから、このような決定を後悔せずに決めることができる。人はそれぞれ志があり、強引に要求できない。自分はどうやればは自分できめる。私は一切コメントはしない。」 

記者:「あなたたちは自分で円満を求めるが、家族にどんな結果に与えるのかは考えたことがあるか」 

私:「師匠は説法の中に話したが、修練の経過は常人の執着心(体を含め)を捨てる経過。円満に執着することも執着の一種である。すべてはむなしい。ただ修練し続ければいい。すべては自然の中にある。ほかの人はどんな目的を抱いているかしらないが、私は確かに師匠の説法に従い、自分の修練を指導してもらい、こうやっている。…自分はたくさんの感情を捨てていないことは認めるが、しかし、私は努力して修練をしてきた。私は家族を思わないことじゃない、私はこの思いをこの件に邪魔する思想業として抵抗していた。昔からえらい事業を完成した人は、感情を捨てないと、えらい事業を起こせない。私はその瞬間に落ち着いたことに自慢している。」 

記者:「現在は後悔しているか。こんなふうにやけどをしてしまい、これからは家族と世の中をどう向かうのか」 

私:「私は永遠に後悔はしない。ここに来る前はすべてを考えた。焼身自殺をした後、どんな状況が表せるのかを十分に予想できた。この予想はある同修に話した。した後、自分の念願に叶ったり(死亡)、救われたりかもしれない。広場は外の警備が緩く、中の警備は厳しい。あちこちに普段着の警察はいる。彼たちの目は鋭いし、警察の車にきっと消防栓がついているし、私は運転手なので、これは知っている。車には必ず消防栓はついている。天安門広場に勤務した車は言うまでもない。万が一救われても、きっとぼろぼろに焼かれる。これから家族や、世の中にどう向かうか、私にとって重要ではない。師匠の「生きるとき求めることなく、死ぬとき、未練をしない」話に従い、私は大法のために、身を捨てることができた。」 

この取材をした後、数日間もせずに、どこのテレビ局が知らないが、記者は私を取材に来た。まず私の体の都合、生活に何か要求はあるかどうか、治療に対する意見などを聞いてから、取材を始めた。前の取材と同じ内容以外に、彼女たちはよくわからないが、興味があることを私に知らせた。 

記者:「あなたは「大法」のため、身を捨ててそ子の困境に陥られたが、米国の「法輪大法」本部は公開的な声明を発表し、あなたたちは「大法」を破壊する悪魔で、「大法」弟子じゃないと言った。彼は認められなかった。これに対して、あなたは堂思うか」 

私:「私は大法の本物の修練できだ。話と動きは全部大法の指導にしたがいやってきた。師匠は何回も弟子たちを外へ立ち向かい、真相を話してくれ、法を守ってくれと要求した。私はただ最高級の形をとっただけだ。どこが悪いか。私は誰かに認めるため、あるいはみとめられないために修練したわけではない。私は間違っているかどうかわたしの心はわかっている。これはただ私に与えられた試練だけだと思った。この件を通じて、すべての大法弟子に対する試練だ。たいしたことはない」そして、記者は私が早く回復するように祈ってくれた。これに対し、私は非常に感謝した。 

3月下旬になると、家族に対する思いは強くなってきた。70歳を超えた母と妻、娘、と妹と弟を思い、私のためにどんなに苦しんでいるのか。母にとって、これはどんな強いショックなのか、彼女は大丈夫だったのか。元気だったのか。妹たちと弟たちもきっと私のために苦労しただろう。娘の彼氏とその家族にもきっと苦しみと迷惑をかけた。これを思うと、非常に悔しいと悲しくなった。ほんとうに心がきられるようにつらかった。しかし、すべては私に対する試練だと思い、自分の感情を強引に我慢した。 

43の日、河南テレビ局から二人の記者は私を取材した。やさしい人だった。私に、河南省から私の妻と娘を取材してきたばかりのを教えた。関係内容も教えてくれた。 

記者:「自分の家族を思っているか」 

私:「非常に思っている。向こうの状況を知りたい」 

記者:「私たちはあなたの家族と勤務先を取材した。あなたは親孝行をよくできた息子で、弟と妹のいい兄貴だ。勤務先の輸送チームと上司はあなたの悪口を言った人は一人もいない。彼から、あなたは19921231日に、あなたは鉄塔公園ですでに氷ができた湖の中から、男女それぞれ一人、45歳ぐらいの子供二人を救ってあげた事を聞いた。王さん、あなたは本当にいい人だ。」記者の話の中から、彼らは私に深く同情を持った事が見えた。 

私:「親にいくら親孝行をしても、育つ恩を返せなかった。私はいい息子ではない。私は親に一日でも楽にさせなかった。非常にはずかしい。現在はもっと親にもう分けない。父は早いご死なれ、家は貧しかった。弟と妹は結婚したとき、家はぼろぼろだった。現在思い出すと、悔しかった。会社の上司と同僚は現在の私を同情してくれた。みんなはわたしのためにいい言葉をくれたことはわかっている。私はそんなによくないひとだ。会社の上司と同僚に感謝する。これからはいい人を目指したがんばる。」 

記者:「王さん、もし妻と娘も一緒に天安門広場で焼身自殺をすると言って、あの瞬間火をつける勇気はなくて、あなたに協力してほしいと言われた場合はどうするのか」 

私:「この件は高いレベルにこない場合はできない。誰かに迫られるわけない。彼女たちは勇気がなかったら、その件に対する失格だということだ。私はけっしてだれかに協力はしない。」 

記者:「鄭州の労働教養所で奥さんとお嬢さんと会った。彼女たちはあなたを思い、あなたは早く回復してほしいといった。奥さん何海華はいい人だ、あなたはでてきたら、家族によくしてあげてください。」記者は何回も言った。そして「お嬢さんは現在奥さんと一緒に生活している。上と下のベッドになっている。」この話は私をよく慰めた。 

このとき、カメラマンはやさしい声で聞いた「お嬢さんの日本語は上手だよ。現在も独学している。王さん、あなたは日本語できるか」私はできないと答えた。彼は言い続けた「お嬢さんは日本語であなたに伝えたい言葉がある。それは「お父さん、会いたかった」彼女たちは私を通じてあなたが彼女たちに伝えたいことがあればいっていいと言った。」 

この話を聞いて、私は自分の感情をこれ以上抑えられなかった。涙はどんどん流してきた。一時的に私は何も話せなかった。彼らは私を催促せずに、カメラを止めてなかった。しばらくしたら私はいった:「特に話すことはない。我々は心が重ねている。」 

記者二人は易しく言ってくれた:「急ぐことない。何か話しよう。私たちは彼女たちからあなたの話し内容を録音テープにして、彼女たちに送るという依頼を受けたから。我々は都合がいいので」 

記者の言葉は私の心を打たれた。私は涙を流しながら言った「あなたたちに早く帰ってほしい。お父さんはごめんね。」 

記者から娘が出てくると、結婚の準備をすると聞いて、私は喜んだ。カメラに向かって言った「あなたの結婚式に、そぼにいてあげなくて、準備してあげなくて、ごめんね。家の条件はよくないことに非常にうやしかった。あなたたちは私のせいで失ったものは、お父さんは倍に返す。あなたに祈っている。帰ってから、一緒に功を練習しよう。」 

取材が終わり、私は記者が家族の情報を教えてくれたことにうれしかった。心がよく慰められた。彼たちがくれた思いやりと情熱にたいし、本当に心の中から感謝した。記者は帰ったが、心の中に激しくなってきた。海の波が岸の岩を打つように落ち着けられなかった。自分に聞いた。こんなレベルになり、生死を捨てることができた。死亡に対する私は落ち着いたが、現在はどうなったのか。 

このとき、私は心の中に師匠を呼んだ。ひょっとしたら、私は間違ったのか。師匠はサイトでダウンロードの経文は全部弟子が外に立ち向かわせるためのものだった。私は意志強く歩いてきた。「正法」のため、「法」を守るため、命を捨てるまで最高級の形をとった。私は間違っていなかった。すべては試練だった。「大法」を信用する考えはもう一度浮かんできた。体の血が熱くなった。 

(つづく)
分享到: