ホーム / 観点

王進東は目覚めた

2015-01-23 ソース:Kaiwind.com
《法輪功に夢中になった》 http://jp.kaiwind.com/view/201501/19/t20150119_2265239.htm

 《二度目北京へ行き、焼身自殺を決めた》 http://jp.kaiwind.com/view/201501/20/t20150120_2268434.htm

《広場で焼身自殺》http://jp.kaiwind.com/view/201501/21/t20150121_2269938.htm  
硬い氷は解け始めた

20011220、中央テレビ局「焦点訪談」番組は法輪功メンバー傅恰彬は家族を殺した大惨事を報道した。見るとき、私の心の中に耐えられない憤怒があった。傅恰彬は正真正銘な殺人鬼だ。人間の感情が失い、恐ろしい。傅恰彬はなぜ法輪功を練習してから、勝手に悟りをして、自分の家族を殺害した結果になった、悲惨な結末を収めたのか。記者は傅恰彬を取材するシーンを見れば、あんなに恥知らず、もっと人を殺そうとずうずうしく言った。本当に人でなし。 

傅恰彬は記者に話したとき、狂ったようででたらめなことばかり言った。最後西の極楽世界にいけるなんて、自分さえわけがわからないごど修練してきた。極楽世界は浄土宗だ、すべてを執着するなら、すべてはむなしくなった。悪魔になっても、馬鹿悪魔だった。こうやって、私はますます見えてきた:みんなは自分の悟りが正しい、他人は間違っていると思っていた。みんなは終わらない争いの中におぼれたくせに、我々はこれを交流といった。みんなは自分がよくでてきないくせに他人を笑っていた。 

傅恰彬の報道を見た後、私はよく動揺させた。うらみと悲しみでなかなか落ち着かなった。このような事件は絶えずに起きていることと、自分が参加した「123」事件のほかの練習者のことを思うと、心は痛んでいる。思うたびに涙が流し、心の中に修復できない傷から血が流してくる。 

頑固だといわれた人もいた。これは頑固なのか。いいえ、決してそうではない。私は法輪功の要求に従って、そこまで至った。もしこれは間違いだといわれたら、自分が心を静かにしてよく考えるべきだ。けっしてそれ以上大きいな間違いを犯してはいけなかった。師匠は言った:法輪功は奇妙なもので、常人が理解できない理だ。常人のれべるよりずっと高い理だ。当事者自分が体験し、自分の目でしか確認できないものだ。しかし、たくさんの問題はどうやって認識し、説明できるのか。私は苦しみのなかに迷っていた。神よ、苦しいといったら、現在の私は本当に苦しんでいる。体の苦しみよりずっと苦しんでいる。 

師匠よ、どうしてすべて大惨事を止めるように、経文を発表しないか。あなたなら、すべてを正道に戻す力がある。しかし、現在のあなたはそのままにしている。犯罪かどうかは見え見栄だ。これは誰が責任を取ってもらうか。師匠は言ったじゃない、「大法」はどんなに悟っても、邪道にいけないと。結果はどうなんだ?これについて、天下大法を修練した人に、いい答えをくれないか。 

過去、彼らは本当の大法練習者ではないと、大法の修練に参加してはいけないと思った。しかし、事実では、大部分の人は正真正銘の「修練者」だと教えた。彼らが法輪功練習者として認めないのは理由がない。しかし、大惨事を次々と起こし、怖い結果を作った。 

20011227、私は毅然で「法輪功組織と徹底的に別れ書」を書いた。   

法輪功の疑いについての回答 

123」焼身自殺事件がおきてから、李洪志は事実を無視し、全面的な歪んで解読した。法輪功邪教組織が「123」焼身自殺事件についての歪んだ解読およびいわゆる「焼身自殺の問題点」について、私は一々答える。 

ガソリンボトルはなぜ表が完璧のままなのか。 

私の両脇にある二つの飲み物ボトルの中に、ガソリンを入れた。ボトルは縄で縛って、首からぶら下げ、テープで両脇に固定した。そしてセーターとコートをきた。火をつける前、私は切れ物でセーターから二つのボトルを切って、ガソリンを流した。同時に左の手はライターをつけた。この動きはたちながら完成した。火はすぐに私を囲んだ。酸素不足のため、私は息苦しくなり、両足で座禅を組む時間はなかったので、一つの足で座禅を組んだ。縄は火で焼かれ、いつのまにか折れた。ボトルはいつ落ちたのか知らなかった。ボトルの中に、大量なガソリンがのこったので、ボトルを冷却できた。熱い空気は上に向く道理はみんなわかるだろう。同時に短い期間に火が消されたので、ボトルの表面はそのままだった。 

消防栓はどうしてそんなに早く持ってきたか。 

道に走っていい車に必ず消防栓がついているように要求されている。これは常識だ。広場には警察の車と旅行ツアーバスがたくさんあり、すぐに消防栓を持ってくることは簡単だ。私は長期間運転してきたので、よくわかる。 

私はいったい身分はなんだろう。 

法輪功は私が警察だとうわさをつくった。そして私は政府に買収された死刑犯だと言われた。そして私はどちらだろう。私はきた軍人用の靴は会社の輸送チームから配ったもので、コートは会社の制服だ。その上に、開封市矛盾グループのマークがついている。現在すべての開封人は私がその会社の運転手であることは知っている。 

もっとおかしいのは、法輪功は我々家族は政府が前もっと用意した人選で、本当は家族ではない。私は何海華は1978年に結婚した。違った時期にとった家族写真はここにある。彼らが言ったのは事実であれば、中国政府は1978年のとき、すでに焼身自殺を用意したのか。まさか政府はただ12歳の生徒まで用意したのか。親子四人も買収されたのか。噂を広げる人に聞きたい。あなたの家族に1億元をあげる、前提は焼身自殺をするのは条件であれば、やるか。 

劉春玲は打たれて死なせたのか。 

テレビでは、警察は劉思影親子を救ったとき、浮かんできた帯状のものが見える。私はこれは彼女たちが出発する前背負ったバックバッグが焼かれたあと、消火栓に火を消したと上げたと思った。しかし、法輪功は警察が棒で劉春玲を叩き殺したと噂を作った。誰がこんな形の鉄具で人を殴るか。昔からこんな形の兵器を見たことさえない。我々を殺す気があれば、救ってくれないはずだ。 

法輪功の矛盾 

私たちが焼身自殺をした後、李洪志は最初我々を「大法弟子」として認められなかった。その後、大量な調査証拠の前、一部分の法輪功メンバーは裏で我々を認められなければならないが、我々は邪道に悟ったと言われた。しかし、李洪志は「説法」のなかに、この「法」は大きくて、形容できる言葉はない。どこまで悟っても、法の範囲から出られない。我々は邪道に悟ったといわれたが、あなたの「法身」は当時なぜ我々を注意してくれなかったのか。あなた李洪志の「法身」はどこにもあり、人の思いは全部「法身」に知られる。我々は「大法弟子」であるかどうか、あなたは繰り返して調査した必要があるのか。 

(終わり)

分享到: