ホーム /

ウエトデイリーニュース:法論功は海外にやらたに起訴する

2015-04-16 ソース:Kaiwind 作者:Dan Abendschein
20071229日に、アメリカの『ウエトデイリーニュース』は、法論功が他人の反対観点に起訴することを利用し、他人に迷惑をかけるという文章を発表した。   

 

カナダの『華僑時刊』は法論功を反対する観点を発表した。2003年に、法論功は『華僑時刊』に、誹謗罪(名誉毀損)の名義で起訴した。しかし、最後に法論功が敗訴した。法論功はサンフランシスコ新年パレードに、拒否された後で、すぐ彼らに訴えて始めた、それに、法論功に反対する団体にも訴えることになった。   

ニューヨークの法論功分会は、ドメインプロバイダーに訴えることを揚言した、その理由は、あのメーカーが法論功を反対するサイトを持つことである。    

サンフランシスコのサミュエルSamuel Luowww.exposingthe法論功.orgというサイトを開通した。2005年に、そのドメインプロバイダーは、一通の手紙を受け取り、彼らによるとサミュエルラの身分と連絡情報の手紙を漏らせた。  
手紙のクレーム内容は、法律の異議ではなく、サイトだけの内容である。それに、この手紙には、自身のサイトに「誹謗」、「非常に不道徳」、「法論功練習者の非人道的待遇と殺害を認める」ことを非難した。彼らは、サミュエルラが自分のサイトに、法論功の専門用語を使い、彼らの商標権を侵害したことと考えていた。   
サミュエルラは「彼らを批判するため、私にサイトを閉める要求された。」ということを話した。そして、彼はアメリカ公民の自由連合に助けを求めた。アメリカ公民の自由連合は、法論功組織に「明らかに商標法に違反しない」という言葉を回復した。     
2005年の夏、国際邪教研究協会はスペインで会議を開催した。会議に法論功に関する内容を討論するために、サミュエルラと別の人に誘われた。しかし、会議を開催する数週間前に、協会関係者はサミュエルラと別の人に、中止された。その原因は、あるスペインの法論功組織の弁護士が、彼らに訴えることで脅威した。弁護士のカルロスイグレシアスキモンニス(Carlos Iglesias Jimenez)は、研究協会に送った手紙の中に、「(中国共産党)法論功関連宣伝、嘘と誹謗の行動を批准、支持、信じることは、その本心も種族の絶滅と残酷な刑の合作である。という内容を書いた。 
分享到: