ホーム /

ニュージーランド法論功はメディアと人士を批判する

2015-04-16 ソース:Kaiwind 作者:コウ邁
ニュージーランドの「ニュース専用線」というサイト(Newswire.co.nz)は、201481日の報道によると、ウェリントン中国平和統一促進会の副会長の曾ケビン(Kevin Zeng)が、『故郷の言葉』という文章に、法論功の神韻公演を批判した後に、ニュージーランドの法論功組織はニュージーランド広告基準局(ASA)にクレームした。それに、『故郷の言葉』に迷惑をかけた。しかし、ニュージーランド広告基準局は、法論功の苦情に、受けない決定を判決した。  

 

ニュージーランド広告基準局(ASA)裁決のキャプチャー  
http // www.asa.co.nz / display.phpascb_number14301  
報道によると、法論功デモ隊は、その年初に、公開謝罪状を発表することを曾ケビンに要求された。デモ参加者が、この公開謝罪状には、虚偽や差別的情報を撒き散らすという内容を書いた。  
法論功メンバーは、ニュージーランド広告基準総局に、苦情が寄せたけど、しかし、広告基準総局が、先週に苦情を受けない決定を発表した。そして、デモ隊も訴え続けている。  
後の一ヶ月間に、法論功フアンは、ニュージーランドニュー町(Newtown)コンビニ屋「虹橋」や『故郷の言葉』雑誌の本部に抗議デモした。  
ニュー町社会治安員Brittany Allanは、警察が店主の苦情を受けていると言いた。コンビニ屋「虹橋」店主曾さんは、ウェリントン中国平和統一促進会副会長として、44日にウェリントン華人コミュニティ協会に手紙を送ることを代表する。  
曾さんは、この協会が独立した組織であり、中国大陸と台灣の統一を目指し、ウェリントン華人コミュニティ発展を推進する協会を紹介された。  
曾さんは手紙の中に、法論功及びその付属組織神韻芸術団が、人々に「騙す」と「愚弄する」を非難した。この手紙は、神韻がウェリントン聖ジェームスシアターショーの4日前の間に、神韻公演を見えないよう呼びかける。  
手紙には、「これらのいわゆる「宴会」の根本は文芸演出ではなく、法中国文化の文芸を宣伝する演出ではなく、法論功が邪教活動をやり、中国を反対する宣伝と、金銭を稼いだ政治の道具であり、中華文化を汚し、歪曲し、それに、観衆を騙し、愚弄と毒殺することであるという事」を指摘された。  
「この演出が中国の本当の伝統文化を展示しなく、中国のイメージと中国とニュージーランド両国関係を損なう目的を目指した。」  
手紙には、法論功の邪教活動と社会の安定を破壊する事を非難した。  
曾さんは公開状を送信してから、すっと、法論功デモ隊に口撃や嫌がられた。しかし、彼は別に悪くないから、法論功に謝罪しなく、『故郷の言葉』のやり方も適法な権益の範囲内である。  
ウェリントン中国平和統一促進会は、『故郷の言葉』新聞紙に、このウェリントン華僑華人にあげた公開状を掲載した後に、法論功組織は、直ちにニュージーランド広告基準局(ASA)に、ニュージーランドに違反する広告法に訴える。そして、ニュージーランド広告基準局(ASA)は『故郷の言葉』新聞に、掲載した公開状には、ニュージーランドの関連法律に違反していないため、追求しない決定を判決した。 
分享到: