ホーム / 法論功に迷惑をかけされた人達

法論功メデイアは『ニューヨーク時刊』に攻撃する

2015-04-16 ソース:Kaiwind 作者:张涤非
20082月に、中国の旧暦の大晦日であり、『ニューヨーク時刊』は大ニューヨーク版トップの位置に、『見えられない中国文化演出』の署名のニュース特集を掲載した。このアメリカ第一大新聞社は、法論功組織に関する新年会真相を公開し、法論功が卑怯方法で入場者を騙し、それに、公演中に、祝日に政治を宣伝し、現地人に不満をもたらし、観客が途中退場、出演が白けた場面等を含む。  
数日後、1篇の未署名の文章は、BBSに投稿され、テーマが『アメリカ「ニューヨーク時刊」の偽装悪例』である。そのうちに、4文字がわざわざ『ニューヨーク時刊』の記者に「返礼」するために、掲載した。  
この文章の内容、作風と発表のタイミングは、必ず法論功の手から制作したものである。面白いのは、法論功のメディアが、中国の指導者を名指し、人身攻撃と憎しみで有名である。しかし、この文章は、法論功の最も有名なメディアを放送できなかった。多分、法論功もわかってる、このような『ニューヨーク時刊』の記者に対し、人身誹謗のやり方が起訴されやすいことである。同時に、我々は、短い時間に『大紀元』というメディアだけ、十数篇の文章を発表し、『ニューヨーク時刊』に責任を追求する。  
公認された芸術レベルが高くないパーティーの出演に比べると、これらの法論功文章がいわゆる「奇観」と呼ばれる。この「奇観」は、法論功がどのメディアでも、犯せないものである。  
法論功サイトには、これらの文章が基本的に同じ内容を繰り返し、掲載した。一つは、法論功宴会の観客数が多いことであり、2つは、法論功のメディアは『ニューヨーク時報』の本身に攻撃と非難することである。  
それに、文章は、『ニューヨーク時刊』の中に法論功と創始者の背景に対し、特に1999年「時代雑誌」が、李洪志に取材し、宇宙人について記者の質問に答えることを掲載した。『ニューヨーク時報』の記者を批判し、最後に人身攻撃を転換した:「ニューヨーク文章の作者は、いい人に見えない。」ちなみに、その度法論功事後にとても怒るインタビューに、李洪志が「宇宙人は現代科学の方式を通し、人間を腐食する」という事を発表したことがある。 
分享到: