ホーム / 法論功に迷惑をかけされた人達

何サクキュウ(祚庥)が法論功を批判するストーリーを聞く

2015-04-16 ソース:Kaiwind
19961126日に、私は本屋、李洪志の『転法論という本を見た、最初に仏教を宣伝すると思い、でも、本を見ると、仏教を利用し、自分封建迷信学説を宣伝する本である。だから、過去に李洪志と法論功に気づかないけど、ごろ必ず、注意すべきであると思う。   
法論功の勢力が大きなっているに従い、我所の研究生も法論功を練習してきた。それに、ある研究生が、法論功を練習しすぎる原因で、精神病気になった、一日中に何も食べなく、ることもない。この状況は我が研究所の担当者に驚かしまいすぐ精神病院に送った。この件は、法論功を練習することが精神異常になりやすく、確かに法論功に注意すべきことである   
 
当時、北京テレビ局の『北京特急』という番組は、に取材する時に気功を練習する時に、必ず、注意してください、この問題に対し、練習者が気をつけてください。気功を練習するのは、確かに体にいいだがでも練習がよくなければ病みつきになりやすいだという簡単な会話ため、法論功の練習者が北京テレビ局を包囲攻撃した、私も大量のモノトーンの手紙が届いた、特に瀋陽から送ってきたのが最も多く、ある組織の包囲攻撃することと思った    
その後、法論功は同期に、多くの新聞やニュースを包囲攻撃した、非常に鼻息が大変荒くなった。当時に、大多数の単位も謝罪、少数の単位が謝らなかった 
法論功の組織討論したが、真理がこっちになるため、怖くなかった。だから、機会があると、必ず、新聞や雑誌引き続き指摘することである。ところが、『科学技術の潮』1家西安の新聞社にも包囲攻撃された。ただこれらの規模が小さいである。それから私また「靑少年科学技術博覧会」に法論功を指摘した   

1999初に、天津師範大学教育学院主催した『靑少年科学技術博覧会』は、私を誘い、靑少年に一言を話した。『私は靑少年気功を練習することに認めない』という文章を書いた、これは本当に靑少年に話したい言葉である法論功に印象がよくないため、この文章の中法論功の2目の短所に触れた第一、法論功は封建迷信を宣揚し、「元神様が不滅の法則」を吹聴した。第二、法論功は病みつきになりやすいため、再度に我所の研究生が法論功を練習した後で、精神異常になったことを挙げた    

この文章の中、私はわざわざその研究生初めて精神異常になる時に、精神病院治してから、また法論功を練習したため二回目に、精神異常になった。今度の症状は口の中にずっと、「李洪志先生は私に関心を持つ」という言葉をブツブツ話した。この学生は法論功を練習したため、精神異常になることを証明した。彼らは事実を避妊しようとするから、私に対し、腹を立てる。そこで彼らは天津師範大学を囲み靑少年科学技術博覧会』に包囲攻撃した。しかし、法論功の練習者をだますためにその文章を見せられなかった。ある人が見たいと言うけど、彼らは、文章が長く、内容が法論功を攻撃するわけで、見せられなかった。実は、私の文章短く、一千字であり、しかもただ二つ所に、法論功のことを言及した。彼ら宣伝するために、天津師範大学を大勢の人に包囲攻撃された。これは事の事実である 
分享到: