ホーム / 観点

全能神邪教の宣伝ルートを探す(図)

2015-06-29 ソース:kaiwind.com 作者:冷凝

1989年に、全能神の邪教を創立して以来、急速に広がっていた、何度も打撃されたけど、依然として存在している、それは、どのルートを通じ、今まで、広がっているのか?私たちは簡単な分析しましょう: 

ルート1:宣伝資料を配布することを通じ、宣伝できる 

宣伝資料を配布するのは、全能神様の宣伝の最も下品なルートである。その手段で、「個人投資家」を騙し、直接に家に行き、いたずら電話および隙間を入り、ポストに投入するなどの方式で、資料を潜在の「獲物」の手に入り、多くの人が好奇心でいろんな資料を読むことを駆使された。また、全能神は、精緻な手工民芸品を作り、民衆を引き付ける。2012年に、全能神は、「最後の一枚のチケット」の印の精緻な宣伝品を配布していた。この「チケット」によって、世界末の審判に逃げられる、ほとんど民衆に騙された。 

  

IMG_256        IMG_257 

(全能神の宣伝資料 

ルート2:信者は「福音を伝える」を通じ、宣伝できる 

夢中の信者は趙山の最大の無料資源である。弟子に「福音を伝える」発動されたのは、全能神の最も基本的で重要なルートである。弟子の宣教「資源」を開発するために、全能神は、邪教を宣伝することと、信者を発展することも「福音を伝える」、「神のために、アルバイト」と称される。「神のために、アルバイト」は、信者の「誇り」であり、未来の「天国」の生活の中に、豊富な仕返され、「神聖の使命」の下に、たくさんの全能神の信者は、家を捨て、周りに行き、全身的に邪教を宣伝している。更には、異郷に亡くなる可能性もある。四川省安県暁堰場町の全能神の信者として、李長書が一心に「福音を伝える」、それに、ずっと外出している、最後に、「福音を伝える」道に、事故で亡くなった。つまり、信者の伝教がなければ、今、組織の「成果」がなくなる。そういえば、528日に、招遠の事件も「福音を伝える」の結果である。 

IMG_258 

「福音を伝える」道に、事故で亡くなった全能神の信者、李長書 

ルート3:「類マルチ商法」モードを通じ、宣伝できる 

信徒の宣教の効率と効能を最大限に保証するために、全能神組織はマルチ商法の宣伝方法を参考にし、1セットの「マルチ商法」みたいの宣伝方式を形成された。まず、信者に固定額の宣伝の「割当」を規定し、信者が規定時間内に、一定の「発展任務」を要求しなければならない。次に、『スタッフのマニュアル』、『東方稲妻の舗装細則』などの「指導性」書籍を作成し、弟子に自分の親戚親友の「人脈資源」を利用することを教唆し、親友を騙し、入会された;最後に、シリーズの「交流」、「証明」のパーティーみたいなイベントを開催し、新入社の教者に新しい目標を洗脳させる。このような「親戚を殺す」の「類マルチ商法」の宣伝ルートの破壊性が大きく、その効果は、癌細胞を分裂するように迅速に広がっている、家族、友達、村の範囲に…関係を繋がる。層がセット。凱風ネットの報道によると、2012年、晋江全能神様の信者として、張さんは高校3年生の娘の小梅(仮名)をメンバーになり、小梅も小瑩、小玲、小氷、小強(いずれも仮名)など9人の学生をメンバーになった。最後に、そ中の3名の学生が大学入試を諦め、何度も家を出、自殺を図り、この宣伝方式の破壊性を明らかに分かっていた。 

IMG_259 

(『東方稲妻の舗装問題』:全能神のメンバー「技術性」の指導書) 

  

ルート4:スパイとして「羊を奪う」、宣伝できる 

スパイとして「羊を奪う」は、全能神の邪教が独特の宣伝ルートである。目的は伝統的なキリスト教信者を争うことである。それに、彼らが新入会のキリスト教徒として、積極的にキリスト教会活動を参与し、信頼をとり、そして、チャンスを探し、全能神の邪説謬論を宣伝する。ほかにも、彼らは脅迫などの方式を通じ、教会員を引きつけ、部分悪性の教会員を利用し、半分それとも全部の教会員に全能神を信じられた。この「スパイ」式の宣伝方式は、本当に驚いた。2013年以来、このスパイ「羊を奪う」の宣伝方式は、台灣に巨大な破壊効果を引き起こした、最終的に、台灣キリスト教の56の主な宗派、教会、神学院などの機関が連合会議を開催し、それに対して、批判と抵抗の声明を発表した。 

   IMG_256  

(台湾のキリスト教界は、連合的に全能神に抵抗する会議を開催した) 

ルート5:現代メディアを通じ、宣伝できる 

全能神邪教の拡大と海外の反動勢力の支持に従い、その宣伝方式も変わっていた、現代のメディアも利用していた。2001年に、趙維山はアメリカに逃亡すると、すぐ「政治の避難」を獲得した、ニューヨークに本部とサイトを設立し、ネットを通じ、「発声」を行なっている。2012年に、全能神は大陸に重傷を負わせられてから、香港地区の新聞などのメディアを通じ、宣伝の全力を尽くしている。201212月に、香港の街頭が全能神の宣伝露天の店を現れていた;20131月後に、台灣の「自由時刊」、「聯合刊」などを続々と全能神の広告を現れていた、20132月に、台灣キリスト教界は、全能神の連合的な抵抗に応えるために、全能神は広告を通じ、台灣宗教界と「.砲煙がない戦争」を行っていた、台灣キリスト教研究機関の責任者の羅也松の統計によると、全能神様が台灣に一年の広告費用少なくとも一億新台灣元(約2000万元以上)かかる。予見できるのは、現代のメディアは全能神の宣伝の過程中に、ますます重要な役割を演じていた。 

IMG_257      IMG_258 

(全能神は香港や台灣地域に新聞や広告を通じ、宣伝している) 

こう見ると、多元の宣伝ルートと狡い宣伝手段は、全能神邪教が今まで存在している重要な原因である。全能神邪教を根絶するには、まず、この宣伝ルートを切れなければならなく、特に全能神は現代のメディア力を借りた宣伝効果の拡大傾向よりは高度の警戒心を持たなければならない!   

分享到: