ホーム / 被害者による告発

酷い母は、肉親の娘を叩き殺せた(図)

2015-10-15 ソース:kaiwind.cn 作者:白衣子

 北京西南240キロに、知らない小村があり、西火星堂村と言い、河北省阜城県古い町に属する。 

2005930日に、ここでショッキングな事件を起こした。ある37歳の農村女性は、レンガでわずか6カ月の女児を生きたまま叩き殺せた! 

情報によると、この女性は張海玲と言い、19684月に生まれ、中学校の学歴、古い町の西火星堂村の農民である。張海玲は元々幸せな家庭を持ち、夫の劉世龍も勤勉な農民である。1993年に、張海玲は一人息子を出産し、劉帥を名前つけた。彼女は倹約で子供をかわいがり、夫と村近所も関係いい。 

 

刑務所に服役中の海玲 1

幸せな家庭の中に暮らし、なぜ海玲はあんなに残酷に娘を殺すのか? 

このすべては、彼女は法輪功を練習することから、話し始める。 

199810月に、村民は張海玲に法輪功を紹介していた。それに、あの村民は、法論功を練習すると、体に良いだけではなく、病気になる時に、薬や注射する必要がなくても、元気になれる。練習する人達は、全部「師匠」に守られる。また、「円満」を練習し、「神様」になれ、「天国の世界」に幸せに暮らせる。 

海玲は、法輪功創始者の李洪志の『転法輪』、『法輪仏法大円満法』、各地に公演するテープ、「仏像」などの物を買い、法輪功を練習し始めていた。 

彼女は毎日、『転法輪』を読んでいる以外には、李洪志の録音を聞きながら、座禪をくんで練習している。早く「レベルを上げる」ために、彼女は全精力を練功や「学法」に集中し、家に洗濯や料理、育児、畑の農作業を全部ほっといた。 

夫の劉世龍は、彼女がずっと練習し、家事や農作業もやらない姿を見ると、何度も彼女にやめろうと忠告する。19997月、中国政府が法に基づいて法輪功を取り締まった後に、劉世は、親戚を誘って彼女に説得したけど、よい効果を収めなかった。 

海玲は、公開的に法論功を練習させない時に、家で座禪をくんで李洪志の経書を勉強する。彼女は、敬虔修行すれば、才能を向上でき、最終的に「昼間に天國に飛ぶ」、神様と仏様になれると思っている。それに、夫に:「私は1人練習し、家族の恩恵を受け、「円満」になると、あなたと子供一緒に天国に行って幸せに暮らせる」と言われる。 

海玲は、法輪功に夢中になって言動も怪しくなる。近所の劉洪義は海玲はこの数年に、法輪功を練習するせいで、誰に接触しなく、話しなく、外出もしなくて家にも何もしない。」と言った。 

2004年下旬に、海玲は妊娠した。夫と近所の人も彼女に法輪功をやめようと説得し、体を大切にして欲しいと言われる。しかし、彼女は:「私はもう少しで最高レベルになれる、世の中の事は私にとって、全然意味がない。これから「師匠」に着いて法輪世界へ行く」と言った。 

20053月に、海玲は女の子を生み、劉如意と名付ける。娘を生まれた事は、全く張海玲に法輪功を練習する事に影響しなく、災難もこの家庭に迫っている。 

 

被害者の写真

2005930日午前、劉世龍は早く畑の農作業を行い、 海玲が子供を抱いて庭に遊んでいる。昼間に、劉世龍家に帰ると、娘が裸でトラクターハンドルの上で横になり、妻がおむつで娘の体に縛っている姿を発見した。 

劉世龍は妻に:「こんなに寒いのに、なぜ子供に服を着てないのか?」と聞いた。 

海玲は:「私は子供にお尻を洗うの。」と言った。 

劉世龍は「お前は、彼女に寒いをさせないなあ!」と怒って言った。そして、手を伸ばして子供を懐に抱いた。娘の後頭部に瘤をできて左半分の頭も腫れていたと見えた。 

劉世龍は:「これはどうしたの?」と聞く。海玲は「ぶつかったの」と答えた。それに、「どうやってぶつかったの」と聞く時に、彼女は声を出せなかった。 

劉世龍は、子供の症状が悪くて泣けない顔を見ると、急いで小さな布団で子供を包んで衡水市人民病院に送り、緊急措置をとった。しかし、子供はすでに亡くなった。 

法医鑑定によると、赤ちゃんの劉如意は、鈍性物体で頭部にぶつかられ、頭蓋骨が割れて硬脳膜下出血、くも膜下出血、脳組織に傷つけ、脳障害で死亡した。 

警察の調査に対して、海玲は娘に殺害する事実を認めるけど、しかし、悲しみと後悔も全然ないのである。 

以下は、問い合わせ調書: 

警察の質問:あなたの娘は誰に殴られるのか? 

張海玲の答え:私が殴った 

質問:どんなものを使ったのか? 

答え:レンガで打った。 

質問:レンガでどこに殴ったのか。 

答え:彼の頭に殴った。 

質問:何回を殴ったのか? 

答え:数えていない。 

質問:血が出るのか? 

答え:出ない。 

質問:最後にどうなるのか? 

答え:死んだ。 

質問:あなたは殺人が犯罪行為を知っているのか? 

答え:私は人を殺しない、ただ彼女に功業を上げる。 

劉世龍は、妻の海玲が精神病歴なく、法輪功を練習してから、不正常になっていると言った。精神疾患司法鑑定によると、海玲は、犯行する時に精神病がなく、完全責任能力がある。 

海玲は、自分の無知な行為で代価を払った。200635日に、河北省衡水市中級人民法院は、法により、海玲に殺人罪で無期懲役を判決される 

2011424日に、地元メディアの記者は、服役中の張海玲に取材した。彼女まだ法輪功を信じ、中国政府は法輪功を取り締まるやり方が悪いと言った。 

海玲は刑務所の規定を覚えないけど、李洪志の経文『真修』を全部暗唱できる:「真修の弟子よ、「真修弟子よ、私のは教えたのは仏法……普通の人の心を置くかどうか、超常人の生死の境であり……真修弟子のテストであり、普通の人との区別……自体は苦くなく、肝心なのは普通の人の執着を放すことである。名、利、情を放す時に、一番苦しいと思う。」 

法輪功と言えば、彼女が非常に興奮している。記者に李洪志の「発正念」内容:法正乾坤、邪悪全滅、法正乾坤、現世現報。」「師匠の言う大法はかなり高く、「円満」になる事は、想像以上の良いことである」と言う。 

記者は彼女に「李洪志」3つ字を話せるが、彼女が「師匠の名前は、勝手に話せない」と怒って言った。 

李洪志の指導のお陰で、張海玲は超常人の「練習者」になった。それに、彼女もう「情」を放し、特に親女の情、冷たくなっていた。娘の死を言えば、彼女は、ただ簡単に話した、苦しい表情が全然ないのである。 

海玲が、娘を殺すことといえば、村の人々は、理解できなく、法輪功が普通の人を殺人犯を変えるのは、本当に理解できないのである。 

付:関連写真 

  

   

  被害者写真 

     

   

  案件現場の写真 

   

  案件現場の写真2  

  

分享到: