中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功が中国と他国との関係を離間している
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功は中国に友好的な国と人士を攻撃している。

●フランスのシラク元大統領を攻撃した。2004年に中国の胡錦涛国家主席はフランスを訪問した際、フランスのシラク元大統領に親切に迎えられ、一部の法輪功人員が指導者の会談を邪魔し、現地の法律を犯したとして警官に逮捕された。このため、法輪功のメディアは「シラクが“鮎追従した”」と中傷した。(「大紀元」2004年1月30日『紀野:フランスの大統領がフランスを傷つけた』)

●韓国の盧武鉉元大統領を攻撃した。韓国政府は法輪功の神韻芸術団の韓国演出を拒絶したため、彼らは当時大統領を務めた盧武鉉氏の所属する与党が総選挙の時、議席が減少したことを攻撃し、「脅されたり利益で釣られたりした下で、中国共産党の言い付けだけを聞いて、天地との調和がとれなくなり、陰陽のアンバランスをもたらしたため、党内には問題が現れたのだ。」(2007年2月22日付け『人民報』に掲載された『韓国の首相が辞職した写真の中から解答を探し当てた』)

●シンガポール上級相のリー・クアンユー氏を攻撃した。法輪功はシンガポールで何度も法律に厳しく懲罰されたため、シンガポール政府が「独裁的なかつ独断的な政府で」、「完全に中国共産党のいいなりになり」、「すでに善良な人を迫害するツールになった」と中傷すると同時に、リー・クアンユー父子をシンガポール人民の「悪運」と誹謗している。(2007年1月22日付け『人民報』、『リー・クアンユーが命の恩人に手錠を掛けた』)

●オーストラリアのダウナー元外相を攻撃した。オーストラリアのダウナー元外相が4年連続で命令に署名し、法輪功人員のオーストラリア駐在中国大使館の前での抗議活動を禁止し続け、その理由は法輪功の横断幕と音楽が中国代表団又は中国大使館の尊厳を損なうためである。ダウナー元外相は法輪功にむやみに訴えられ、「経済利益のためにひたすら中国共産党に迎合し、その好みに合わせており」、「ダウナーは思わずに法輪功を迫害する中国共産党の共犯者となった」と言われた。(「大紀元」2006年9月13日『オーストラリアのダウナー外相が職権濫用の疑いで再度喚問される』)

●ドイツのシュレーダー元首相と英国のブレア元首相が対中関係を積極的に発展させたため、みな法輪功に「悪人を助けて悪事を働く」と罵倒されたことがある。

●国際オリンピック委員会のロゲ会長も同じく北京オリンピックを支持したため、攻撃を受けた。国際オリンピック委員会ロゲ会長は断固として北京オリンピックを支持したため、法輪功の主要な攻撃対象となった。2008年3月5日、「大紀元」が『国際オリンピック委員会のロゲ会長が人類に反する罪の疑惑調査についての公告』を発表し、「国際オリンピック委員会のロゲ会長が中国共産党の暴政に協力し、“北京オリンピック”を人権剥奪の理由と政治的な陰謀に変えたと述べ、「各国のスポーツ選手が北京オリンピック大会の期間中、政治問題を論じてはいけず、この禁令に違反した選手は懲罰される」と公言し、「オリンピックの自由な精神に背き、国連憲章の基本的な人権を保障する原則に違反し、国際オリンピック委員会会長の職権を濫用し」、「中国が民主を実現した後、調査結果を独立司法機関に提出して、ロゲ氏の人類に反する罪の刑事告発を求める」と公然とロゲ会長を威嚇していた。

●法輪功は亡くなった有名なテノール声楽家パバロッティ氏を攻撃した。イタリアの有名なテノール声楽家のパバロッティ氏はすい臓癌を患ったため、2007年9月6日午前に亡くなり、享年71才。世界各国の主流メディアは次から次へと記事を発表し、パバロッティ氏の一生成就した成果を称賛し、その不幸な逝去に対し哀悼の意を表した。しかし法輪功は「中国共産党の五輪招致を助けた」等のでっち上げた罪名で、パバロッティ氏を攻撃し、「今は“天は中共を滅ぼす”歴史的な時期であり、影響力があまりに大きく、喜んで中国共産党のマスメディアを務めたパバロッティが再度世界巡回公演を行い、再度あのような新しい特別号を出し、再度個人の魅力で世界範囲に影響を及ぼす人ならば、神は許すわけがないだろう。」「あなたが誰であろうとも、あなたの年齢の大小を問わず、誰かが中国共産党と抱きあい、誰かが中国共産党のために宣伝をするならば、挽回できない代価を払うべきである」と述べた。(2007年9月7日付け『人民報』、『パバロッティがこのために生命の代価を払った』)

法輪功は北京オリンピック大会に出席した各国の元首を攻撃した。

●法輪功は北京オリンピック大会に出席した各国の指導者が「政治平衡が得意な西方政界要人であり」、「小ざかしいまねをし」、「オオカミと共に踊る過程に、中国共産党の荒縄に掛けられている」と中傷するとともに、「米、日、露、仏の各国指導者は様々な利益を考慮したため、最後に中国共産党と妥協し、その政治生涯に残された汚点にもなる」と誹謗している。(2008年8月3日付け『人民報』、『外国元首の北京オリンピック大会出席を巡る裏取引》)

●フランスのサルコジ大統領を攻撃した。「北京オリンピック大会への態度は彼の婚姻のように、三日にあげず人にさっぱり手がかりを見出させなくなり」、「サルコジはこの問題でどちらからも歓心が買えず、信憑性は再度下がっており、ジレンマに陥っている。」(2008年8月3日付け『人民報』、『外国元首の北京オリンピック大会出席を巡る裏取引》)

●オーストラリアのケビン・ラッド首相を攻撃した。「流暢な中国語を話せるが、……彼が中国語を学んだせいか、真っ先に中国人の原則を堅持せず、狡猾で人を陥れようと企む欠点を身につけた。」(大紀元2008年8月2日『北京オリンピック大会開幕式に参加する道徳的な選択』)

●日本の福田康夫首相を攻撃した。「オリンピック大会開幕式に顔を出し、国際メディアに報道され、「勇ましさ」を示すような機会に恵まれて、このびっこ政客は当然見逃すことはできないだろう。」

●イギリスのブラウン首相を攻撃した。「このような事でも中間を歩んだりして、「政治的な平衡を弄している」だけである。

米国のブッシュ前大統領が北京オリンピック大会を支持したため、最も多くの攻撃を受けた。

「(ブッシュ大統領は)認知がまったく不足しているかもしれない。利益のために原則を放棄して、その政治生涯に汚点を残した。」(大紀元2008年8月2日『北京オリンピック大会開幕式に参加する道徳的な選択』)

「ブッシュがもうすぐ失脚し、まもなく徹底的に平民に逆戻りし、せいぜい前大統領にすぎない。」(大紀元2008年8月12日『ブッシュ大統領も観覧席に座ったことに関する所感』)

「アメリカのブッシュ大統領はすでに中国共産党に操作され、なぶり者になっており、みごとに中国共産党の統一戦線の対象とされている。甚だしきに至っては、米国オリンピック選手のビザ発行を中国共産党に野蛮に拒絶された時でさえ、いかなる中国共産党と異なった声を出す勇気がなく、さらに北京で中国共産党に作られた中国の偽りの宗教自由という罠を受け入れた。」(大紀元2008年8月14日『北京オリンピックが中国共産党の人類を誘拐する大演習である』)

「ブッシュの一族はお金が儲からない場合、知らん振りをする。ブッシュ大統領によって米国にもたらされた損失は彼の父親よりも更に多くなった。経済を不景気にしただけではなく、天災人災も絶えなかった。」(2008年8月17日付け『人民報』、『ブッシュ父子、いずれも割れ目の入った卵)

法輪功がいわゆるスパイ問題をでっち上げて、中国の対外関係を悪化させようとしている。

2005年6月に、国に背いて逃亡した元中国外交官の陳用林はオーストラリアに滞在する目的を達成するために、「オーストラリアでは現在およそ1千名の中国のスパイがいて、これらの人達はかつて数回誘拐も行った」とデマを飛ばしている。法輪功はこの事件を利用して、「中国の侵略的なスパイが他国の主権を脅している」とか何とか言って、はばかりなく大いに宣伝して、西側諸国の反中感情を扇動している。

同年、法輪功は国に背いてオーストラリアに逃亡した元天津市公安局の警備員郝風軍を利用して、いわゆる「中国共産党スパイ三ヶ年計画」や「中国スパイウェブサイト」と言ったデマをでっち上げ、派手に宣伝して、中国の日本やオーストラリア、米国、カナダなどの国との関係を悪化させようとした。

法輪功は「中国政府の高級な官吏がタンザニアで起訴される」というデマを捏造して、中国とタンザニアを仲違いさせていた。

2004年8月に、法輪功はそのウェブサイトでデマを飛ばし、「中国政府の高級官吏がタンザニアで起訴された」と語った。2004年12月に、タンザニアの外交と国際協力省が生命を発表し、「この報道は全くでっち上げたもので、その目的は中国とタンザニアの友好関係を破壊することにある」と指摘した。タンザニアの政府は決して「法輪功のような邪教組織など、極少数の人が中国とタンザニア両国人民」の長期的な友情と兄弟のような情誼を破壊することは絶対許さない」との態度を表明している。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind