中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功問題の概略
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功は1990年代初めに、中国の一部の地方で興った邪教である。その頭目である李洪志はへ理屈と邪説を捏造して、法輪功学習者に対し極端な精神的なコントロールを実施し、中国で多くの違法犯罪活動を行っている。

李洪志のへ理屈と邪説は学習者を精神的にコントロールする主な手段であり、法輪功の各種の危害と犯罪事実を醸しだした直接的な根源でもある。たとえば、彼は、人類が81回にわたり壊滅され、地球がまもなく爆発するが、地球爆発を阻止できる人が自分しかいないと言っている。また、「地球は宇宙のゴミ捨て場であり、法輪功を学習してこそ離脱することができる」と語っている。彼は法輪功学習者に宗教を信仰させず、宗教が人を誤らせるものだと言っている。彼は全てが自分が按排したもので、ひいてはヒトラーのユダヤ人殺戮も天象変化によるものだと言っている。彼は病気に罹っても病気ではなく、治療を受けたり、薬を飲んだりしてはいけないと言い張っている。彼は法輪功を修練すれば、すべてを放棄し、「生死を放下するならば神になる」と言い張っている。彼は「法輪功修練者が親族を傷害後、これら傷害された親族に報いることができる」と言っている。彼は法輪大法が人間の法律を含む、何よりも上だと鼓吹している。彼はすべての法輪功学習者が彼のこれら経文をよく覚え、彼の話にしたがってやるべきだと脅迫している。

法輪功の最も突出的な犯罪行為は人権侵害、生命傷害である。李洪志に精神的にコントロールされたため、1000余名の法輪功学習者が病気になっても薬を飲んではいけないという李洪志のへ理屈邪説に従って、医療と薬を拒み、死んでしまった。数百名もの学習者が自傷自殺し、30余人が法輪功に溺れた者に殺害された。たとえば、2001年1月23日に、7名の法輪功学習者が「生死放下」と「圓満成就」という李洪志の要求に従い、北京天安門広場で集団的な焼身自殺を実施し、2人が死亡し、3人が重傷を負って身障者となった。1998年9月4日に、山東省の法輪功学習者である馬建民は李洪志の言い触らした、自分の腹中に据え付けられた「法輪」を探し出すために切腹して死亡してしまった。遼寧省の法輪功学習者である張志芹は糖尿病に罹っているものの、法輪功を修練してから、その他の学習者に李洪志の書籍を読んでもらったり、李洪志の講話録音を聞いたりして「病気治療」をし、病状を悪化させたため死んでしまった。2003年5月25日から6月26日までの1ヶ月間、浙江省の法輪功学習者である陳福兆が自分のいわゆる法輪功の「功力」を向上させるため、毒物混入の方式でそれぞれくず拾いや乞食を15名、仏教信者を1名殺害した。

法輪功のもう一つの犯罪行為としては、社会に危害を及ぼし、他人の正常な権利を侵犯することである。彼らは公然と国際準則を踏みつけ、しきりに民用通信衛星へのハイジャックを実施している。大雑把な統計によると、2002年6月以降、法輪功組織が台湾で実施した中国の通信衛星へのハイジャック回数はすでに200回に達し、ハイジャック時間は合わせて100時間を上回っている。法輪功はまたラジオ・テレビの公共施設への破壊を公然と扇動し、中国大陸では、法輪功人員が100余回にわたり、光ファイバーケーブルを破壊したり、不法にテレビ番組を差し替えた事件を実施したりしている。法輪功本部のウェブサイトには大量の通信ケーブル破壊を教唆する記事が掲載されている。彼らはさらに「ファックスグループ」と「電話グループ」などをもっぱらに設立して、電話やファックスなどの方式で大規模な騒擾恐喝活動を組織的に行い、そしてインターネットを通じてスパムメールを発送している。ただ2004年1月から2月までに、この種の騒擾電話が800万回を上回ったと、法輪功はそのウェブサイトで認めている。概算統計によると、海外から中国大陸に送付された法輪功に関するスパムメールが月平均で3000万通を上回っている。このような違法犯罪と公民の合法的な権益を侵犯した行為は今でも続いている。

法輪功はまた自分の見方と一致しないすべての人と団体を悪意的に非難し、公民の言論自由権利を侵害している。邪教法輪功が政府に取り締まられる前に、中国のメディア界、科学界、教育界、宗教界の人々は絶えず、法輪功学習者が李洪志に精神的にコントロールされたため、死亡、心神喪失、家庭破裂などといった事実を公表していたが、法輪功はこれを非常に恐れたため、彼らに対して悪罵を浴びせたり、包囲非難を実施したり、騒擾したりしてきている。法輪功が取り締まられる前の数年間、彼らは全国各地のメディア関係への包囲非難が数十回あった。重慶新聞社を包囲非難した時、法輪功は甚だしきに至っては、「もし謝らないと、法輪功は集団を挙げて“功を発し”、洪水を以って新聞社を水没させ、地球を早めに壊滅させる」と警告を出した。現在、法輪功のウェブサイトにはかなり長く書き並べられた「悪人ランキング」、ブラックリストが掲載されており、そのうち、庄逢甘さんや潘家錚さん等、徳望の高い科学者や傅鉄山司教、聖輝法師等の宗教界の領袖を含む、たくさんの社会知名人はみな法輪功を批判したため、法輪功の組織的な騒擾と恐喝を受けており、彼らの安全も大いに脅かされている。

法輪功は邪教の方式で活動を繰り広げている一つの政治的な組織でもある。ここ数年、法輪功は海外で政治的な事件を起こし、系統的な政治主張を提出し、力を尽くして中国政府に反対する政治的な活動を働き、中国政府の打倒を扇動し、そしてうそを以っていくつかの外国政界の人士に対し、中国への非友好的な言論を発表するように騙し、その目的は中国のイメージを損ない、中国と関係のある国の両国関係の順調な発展を破壊することにある。

中国政府は終始、圧倒的な多数の法輪功学習者が騙された人で、彼らも被害者だとして、法輪功学習者に対し、「団結、教育、圧倒的な多数者への救助」という政策を実施しており、全社会がともに努力し、法輪功学習者が邪教の精神的な束縛から離脱するように支持し、これは法輪功学習者に対する中国政府の人権保護を示している。政府は全社会の力を動員して、彼らに法輪功の邪教の本質を見分け、法輪功に溺れたため放棄した生産、生活を回復するように援助し、彼らを再度正常な社会に復帰させようとしている。ここ数年、社会各界の関心や教育、援助を通じて、絶対多数の法輪功学習者がすでに法輪功の邪教の本質を見極め、徹底的に李洪志と邪教の精神的なコントロールから離脱し、社会に復帰して、正常な生活を送るようになった。全社会の援助のもとで、彼らは良好な家庭関係と社会関係を作っており、富を作る名人となった人がいれば、積極的に邪教反対活動に身を投じ、自分の体験を以って他人を援助教育した人もいる。現在、98%以上の学習者は皆法輪功の精神的なコントロールから脱出しており、彼らはいかなる差別を受けていないだけではなく、また生活、生産、仕事の中でいくつかの優遇待遇も受けている。これら人たちがかつて法輪功に溺れ、家業を捨て、弱者層になっていた。

違法犯罪に従事したごく少数の法輪功組織の中堅に対し、中国の司法機関は法律に基いて処罰し、これは法輪功の学習のためではなく、彼らが違法犯罪に従事し、刑法を犯したためであり、彼らへの「迫害」問題がない。

現在、李洪志をはじめとするごく少数の法輪功中堅は法輪功の邪教の特徴を隠すために、米国やその他の海外いくつかの地区でデマを飛ばして、中国政府が法輪功人員を迫害していると中傷し、しかも形式を変え、いわゆる「真、善、忍」と「中国の伝統文化」等への追求を口実にして自分を装っている。しかし、どのように詭弁を弄しようとしても、李洪志が200数万学習者に言ったことや中国における法輪功の違法犯罪の事実は否定することができない。実際に、国際社会においてごく少数の下心を持つ人が法輪功を利用しようとする者以外、絶対多数の国と正義たる人士はみな法輪功を邪教と認め、中国政府が正当に法輪功を取り締まることを支持している。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind