中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
なぜ法輪功を邪教に位置づけたのか
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功の創始者である李洪志は自分が最高の救世主と吹聴している。

「法輪功研究会」の編纂による『李洪志先生プロフィール』には、「李洪志が8才の時、上乗大法を獲得し、大きな神通力を具し、運搬、物品固定、思惟制御、身隠し等の功能をもっている……功力は極めて高次元に達し、宇宙の真理を悟り、人生を洞察し、人類の過去・未来を予知している」と書いてある。李洪志が自分の主な著作である『轉法輪』の中で、自分が非常に大きな功力を有しており、「人の元神を丸ごとつかみ出すことができる」と言われた「撮魂大法」ができると吹聴している。

李洪志は「確かにわたしは前人の誰もがしたことのないことをしており、もっと大きい宇宙の根本大法を伝えた」、「これらの理論は世界上のあらゆる本をめぐり尽くしても、世界中の全ての学問を学んでも、学ぶことのできないものだ」と言っている。(『シドニーでの講法』―編集者注:以下に引用した言論は明記していない場合、皆李洪志の著作によるものである)

彼は自分が釈迦牟尼、イエスキリストより数倍も高い神通力を持っている神であり、法輪功は人を済度し天国へ行かせる唯一の「正法」と公言している。彼は「誰もしたことのないことをした。更なる大きな宇宙の根本大法を伝え」、「人に天に上る梯子を残した」と揚言している。(『轉法輪』)

「今のところ、全世界で正法を公に伝えている人はわたし一人しかおらず、わたしは前人の誰もがしたことのないことをしている。」(『轉法輪』)

「法輪大法を広める学習者(弟子)のことを、先生とか大師とか呼んではいけない。大法の師は一人しかいない(編集者注:李洪志)。入門した者は早い遅いにかかわらず、全員弟子である。」(『轉法輪』)

李洪志は自分が地球上のすべての種を新しく作り、「新しい地球を作る」ことができ、「私が今日行なっているこのことは全地球にいる人間や物質を全部良くするということである。私にこのことができる」と言っている。彼はまた「地球を残したいが、どのように残すのだろうか?皆さんの修練と同じように、皆さんの体を演化していると同時に、新しい地球をも造っている」と言っている。(『北米第一回法会での説法』)

李洪志は「ここにいながら、北京の光景、アメリカの光景、地球の反対側が見えると言う人がいる。これを理解できない人がいて、科学から見ても、どうしてこんなことがありうるのか理解できない……皆さんに分析してご説明しよう。この場の空間には、人の前額のあたりに鏡がある。煉功しない人は鏡が裏返しになっており、煉功する人の場合はそれが表向きになる。遠隔透視の功能が現われようとするころになると、それが表裏を変えながら反轉する」と言った。(『轉法輪』)

2002年3月、李洪志は『北米での巡回説法』の中で、「宇宙がいくら大きくても、私より小さいのである」、「多分宇宙までなくなった時、私だけが残っている」、「私が誰であるかは誰も知らず、私も私が誰であるかを知らない」、「私がいなければ、宇宙も存在しない」と言っている。

彼は「私には無数の法身があり、私と同じような姿をしている。法身は別の空間にあって、当然大きく変わったり小さくなったりすることができる」と揚言している。(『シドニーでの講法』)

彼は甚だしきに至っては、「この本の中の文字一つ一つに私の法身があり、どの文字も私の法身の形象なのである。どの文字も仏の形象である。私には無数の法身があり、私の法身は数字では数え切れない……どんなに多くの人でも私は面倒を見てあげることが出来る。全人類でも私は面倒を見てあげられる」と言っている。(『シドニーでの講法』)

李洪志はひとまとまりの邪教教義をでっち上げて、追随者を騙し、精神的なコントロールを通じて金銭を騙し取っている。

初めの時に、李洪志は人に気功と「気功による病気治療」を教え、つまり自分の不思議な「パワー」を以って、他人の病気を治して、金銭を儲けていた。単一な「気功による病気治療」の場合、一人の治療を受けた人から数十元乃至数百元をもらっていた。「講座」を行った場合、入場券の値段は安い時は30元で、高い時は50元であった。李洪志は中国大陸においてあわせて「養成訓練班」を56回にわたって催し、それによる料金を人民元284万元余り入手した。

その後、「気功による病気治療」は効き目がないため、李洪志は信者に「法を学ぼう」と要求し、つまり彼の著作を学び、「法の学習」を通じて、体を丈夫にし、仙や仏になる目的を達成することである。1999年7月に中国政府が法律に基いて取り締まられる前に、李洪志は不法に『轉法輪』のような法輪功学習者を指導する本を21種類印刷し、大量の講義に関する音声画像製品を作っていた。ほとんどの法輪功学習者がこれら21種類の本やその何回の改訂版(数文字だけ修正した改訂版を含む)及び李洪志の写真、講義ビデオテープ、法輪功学習者が礼拝する時に使う座布団を含む多くの物品等を購入していた。統計によると、法輪功学習者の一人当たりの上述した本や物品の購入費が3百元を上回っている。

警察側が明らかにしたところによると、1992年から1999年末にかけて、李洪志とその法輪功邪教組織が「法輪大法研究会」の名義で編集・発行・販売した各種の法輪功出版物と関係物品は総額が1.35億人民元に達し、利潤を4229万人民元以上獲得した。

そのほか、法輪功に溺れた者からも大量の寄付があり、これらのお金は全部李洪志個人宛に寄付したもので、終始組織に寄付していない。

法輪功は中国で重大な人権侵害犯罪を犯した。

大まかな統計によると、2000年4月12日まで、法輪功に溺れたため自殺したり医療や薬を拒んで死んだりした人が1559人、精神障害になった人が651人、殺人者が11人、身障者が144人に達した。

2001年1月23日に、7人の法輪功人員が李洪志の「生死放下」、「円満成就」の要求にしたがって、北京天安門広場で集団的な焼身自殺を行い、2人が死亡し、3人が重傷のため不具になった。

2003年5月25日から6月27日にかけて、浙江省の法輪功人員陳福兆は自分のいわゆる法輪功を修練する「功力」を向上させるため、ネズミ薬で15名のくず拾い・乞食と1名の仏教信徒を殺害した。

法輪功は不法な手段で異議を持つ人に打撃を与えた。

1998年6月1日と3日、山東省の新聞『齊魯晩報』には『法輪功はどんなことをしたのか』など五つの論評が掲載されたため、当該新聞社は2000余名の法輪功学習者に不法に包囲非難された。

大まかな統計によると、法輪功は取り締まられる前に、かつて『光明日報』、中央テレビ局、北京テレビ局、『遼寧日報』、『南方日報』、『中国青年報』、『健康文摘報』、『福州日報』、『厦門日報』、『齊魯夕刊』、『合肥夕刊』、『重慶日報』、『成都商報』、『滄州日報』、『青少年科学技術博覧』『銭江晩報』等、法輪功の危害を指摘した論評とニュースを掲載・放送した数十社のメディア機関を相次いで包囲非難した。

現在、法輪功のウェブサイトの「悪人ランキング」には5万人を上回ったブラックリストが並べてあり、そのうち、庄逢甘氏、潘家錚氏、傅鉄山司教、聖輝氏等の徳望の高い科学者や宗教界の領袖が含まれている。

法輪功はまたいわゆる「追査国際」組織を創立し、「追求」の対象は中国各級の党や政府の官員、中国仏教協会・イスラム協会等の宗教団体、新華社、鳳凰衛星テレビ等のメディア関係の記者、さらに李谷一氏、趙本山氏、範偉氏、高秀敏氏等の有名な歌手・寸劇俳優、ひいてはシンガポールの司法官が含まれており、Yahoo、Google、マイクロソフト等のIT会社やヨーロッパ通信衛星会社も入っている。

これらの人はすべて法輪功の取り締まりを支持し、あるいは法輪功に不一致な意見があるためで、法輪功組織から騒擾恐喝の電話があったりして、人身の安全も大いに脅されている。

宗教界は法輪功を邪教と認めている。

法輪功は国際仏教界に公認された邪教である。

2000年5月19日、国連世界仏教本部は台湾で「世界仏教・仏教学・仏法正邪シンポジウム」を催した。大会では李洪志を邪教人士に確定し、しかも李洪志のいわゆる仏法を正真正銘の邪教と認定した。

2006年4月、台湾で開催された第23回世界仏教徒親睦大会では「10項目宣言」が採択され、その中には「正法を保護し、法輪功が仏教の法輪の名を窃取して、仏教に危害をもたらすことに反対する」ことが明確に書き記されており、同時に全世界の仏教徒が「邪教法輪功を正視糾弾するよう」求めている。

2006年5月10日に、タイで開催された国際ウェーサク祭世界仏教大会では、共同コミュニケが発表され、「大会は法輪功が仏教の基本的な教義に一致しないと確認した」と重ねて述べた。

仏教界のほか、キリスト教、カトリック教、道教等も法輪功を非難した。

2007年、韓国キリスト教所属の月刊『教会と異端』は三期にわたって論評を発表し、「法輪功は邪教であり、いかなる社会罪悪よりも邪悪な非信仰性邪教である」と指摘している。

大量の事実に表明されたように、李洪志をはじめとする法輪功組織は自己を神化し、宗教を排斥し、科学に反対し、邪説を宣伝し、他人や社会に危害をもたらす邪教組織であり、国外の邪教よりもいっそう甚だしいものである。

邪教を研究する国際専門家は法輪功が邪教だと見ている。

元米国心理学会会長、カリフォルニア州バークリー大学の心理学教授であるマーガレット・テーラー・シンガー博士は、「米国の基準から見ても世界の基準から見ても、法輪功が邪教の基準に合っている。その領袖は信者に神あるいはその他の抽象的な原則ではなく、自分を信奉させるのである。法輪功はもう一つの邪教に過ぎない」と見ている。

2001年12月、米国家庭基金会のハーバート・ロスデル会長は北京中国反邪教協会学術年会で演説し、法輪功が邪教だとはっきり述べている。

ロシア国家宗教関係と法律研究所の所長であるベーギン教授は、「法輪功の中国政府とその他の宗教団体への態度、伝統宗教の価値観への悪口と衝撃、そして自分に対するやり方から見て、法輪功が一つの極端な邪教組織だと堅く信じている」と述べている。

ロシア宗教と教派研究センター連合会の総裁であるデボールキン教授は、法輪功はすでに世界的な邪教団体となり、その本部はニューヨークに設置され、李洪志の指導を受けている。法輪功学習者は中国で生活しているのか、それともフランス、米国及びその他の国家で生活しているのかは余り関係なく、彼らにとってただ法輪功組織に属し、いかなる国家にも属しないと見ている。

2008年10月13日からの二日間に、ウクライナの首都キエフで催された「情報極端主義:法輪功の是と非」国際シンポジウムの席上、米国、オーストリア、ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバと中国など七カ国から30数名の学者が宗教学、法律学、政治学、心理学、社会学、情報伝播学などの角度から法輪功組織の性質、特徴及び危害を分析鑑定した。会議に出席する専門家は、法輪功は組織が厳密で、破壊性を持つ邪教組織であり、社会と公衆に重大な危害をもたらしており、しかも潜在的な暴力組織である。法輪功の教義は明らかに邪教の特徴を持っており、法輪功は宗教間と社会団体間、国民間の仇恨を扇動し、「情報テロリズム」を実施している。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind