中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
いわゆる中国政府の法輪功迫害問題
    
2009-02-24    筆者:    

法輪功は海外で中国政府が法輪功を迫害していると公言し、またいくつかのいわゆる迫害を受けた事例を撒き散らしているが、実際にこれらはすべて法輪功がでっち上げたデマである。

中国は1つの法治国家で、法律の前で人々が平等であり、誰でも違法犯罪を犯した場合、みな法律による制裁を受けるべきである。政府は法輪功問題の処理に当たって厳格に法律に基いて行ったのである。中国の司法機関がごく少数の違法犯罪を犯した法輪功人員に対し法律に基いて処罰し、まったく法律に基いて処理したのであり、絶対彼らが法輪功の学習者のためではない。たとえ法律を犯した法輪功人員に対しても、その合法的な権益は依然として充分に保障されており、政府が法輪功人員を迫害したことがない。逆に政府は終始「絶対多数を団結・教育・援助する」という政策を堅持しており、彼らが社会に復帰し、再び正常な社会生活をスタートさせることを積極的に励ましている。

一部のいわゆる法輪功人員が「迫害」された事件の真相を付け加えている(本文の『法輪功によって飛ばされたデマ』の部分をご参照)。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind