中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
香港法輪功への特別取材、「内乱」が証実され
    
2010-12-08  Kaiwind  筆者:石路    

[KaiWind 2010年10月31日 記者 石路]この間、法輪功は「内乱」が起こしたというニュースが、ネットで騒いできた。われわれは「ネットで騒いだ法輪功内乱」をテーマとする報道を行った。事実を証明するために、28日午後、記者は、香港法輪佛学会会長簡鸿章、副会長陳永光及び港島区北角の修練地の責任者である邝マリーに電話取材を行った。

簡鸿章は、記者の質問に対して、直接に答えなかったのである。

記者は、まず簡鸿章に電話をかけ、簡に三つの質問を出した。一番目:「神韻」公演が香港で取消された。香港の修練者たちは、あんたが頑張らなかったからだと考えたが、これについて、あんたはどう思ったのか。二番目:ネットで、法輪功の修練者が死亡した後、あんたがわざわざ真実を隠した。そのせいで数多くの修練者が病気をかかり、病死したと登載したが、これについて、あんたはどう思ったのか。三番目:何麗霞とあいまい関係であり、李洪志があんたを叱られたそうだが、解釈してください。

明らかに、簡鸿章は記者からの取材に心構えがなかったのである。一番目と二番目について、彼は直接に答えなかった。三番目の質問を聞くと、簡は、急いで電話を切った。

陳永光は、自分が入院したことを承認したが、自分の本ねではなかったのだと表した。

簡鸿章のことを取材した後、記者は、陳永光への電話取材をした。陳永光は、自分が体の調子が悪く、もう入院したと承認した。彼は、「どのように入院したのか、誰に入院させたのか、私がわからなかった。覚めた時、すでに病院にいたのだ。」

一部分の修練者は、陳永光が「修練が不足、『業力』が多すぎる」から病気をかかったという見方にたいして、陳は、言を左右にし、直接に答えなかった。「私は、正確的だ」と繰り返して主張した。

邝マリー:李洪志の「神跡」は、人間世界で公演られるものではない

簡鸿章に関するうわさについて、邝マリーは、「全世界でも確信した」とのことを承認したが、彼女は、そのうわさがうそだと固執した。記者は、何麗霞の離婚原因を問い詰める時、邝マリーは、「それがプライバシーだ」と言い返した。

「神韻」公演が香港で取消された時、どうして李洪志が助けてくれなかったのかについて、邝マリーは、「李洪志の『神跡』は、人間世界で公演られるものではない」と答えた。

前述のように、ネットで伝える法輪功の内乱が事実である。法輪功の内乱はわれわれがもっとも大切にしたことではない。われわれが関心を持ったのは、「人類はだめだ」、「法輪功を修練する限り、自分を救うのだ」を鼓吹する李洪志と法輪功がどのようにうそをつき続けるのか。われわれは、関連状況に関心を寄せているのである。

附:

1、簡鸿章への取材録音(ダウンロード:簡鸿章への取材録音)

 


2、陳永光への取材録音(ダウンロード:陳永光への取材録音)

 


3、邝マリーへの取材録音(ダウンロード:邝マリーへの取材録音)

 



(Kaiwind.com, 2010-10-31)

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind