中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
当時の戦友は李洪志が思春期に入る女の子を追いかける経歴を披露する(図)
    
2013-07-18  Kaiwind  筆者:    

最近、凯风網は法輪功邪教頭目李洪志が上世紀70年代吉林森警宣伝隊でトランペットを吹く時の戦友李庆元にの独占インタビューを発表しました。彼によって、あの自称八歳ですなわち修行が円満になる、具大神通、運搬、定物、思惟の制御、ステルスなど超「神功」の「宇宙主仏」の李洪志は、当時も思春期に入る時、たとえ部隊の厳格な管理下にこっそりと女の子に告白することもありました。

 

李洪志と李庆元などの戦友の写真

李庆元,1943年9月に生まれ、吉林省長嶺県が平川の人である。1969年に軍に入隊、吉林森警分遣隊(森警総隊の前身)宣伝隊班長、宣伝隊隊長、森警総隊兵站部部長などのをを務めました。彼は李洪志が吉林省森警服役期間の戦友と指導者でした。李洪志と6年間の勤務をしていました、そのいきさつを知るにはのおなじみでした。

 

李洪志はトランペットを吹くの写真

「当時の部隊の管理が厳しい、恋をするなんか絶対ダメです、これは必ずやり遂げなければならないのことです。もしこのような行為をしたら部隊に離れることになります。それで、これはずっと前のことだ、暇で世間話をするときに、女の子が自分から話し出てくるのです、当時彼女は李洪志とどのような愛慕の行為を表現したなんです、たとえば紙を贈るかなんか。そんなに二個でしょう、すべて冗談として。彼は普通の人でしょう、誰を追い求めてきたこともあった、今も私たちが彼は誰を追い求めいたのが知っている。」と李庆元は言いました。

 

李洪志と妻と娘の写真

普通の人がこれらの世塵のことがあるのは当たり前でしょう。でも、「宇宙主仏」は女の子を追いかけたなんか説明できない。一つには、李洪志の目の中に、「普通の人」は男女を問わず全部はゴミです;二つには李洪志はずっと“恋”の気持ちが嫌いだと彼は公言した、「その仏とか神とか普通の感情がない」と彼は言った(《法輪仏法でアメリカ説》);「情に執着して、死にまで惜しまない;普通の人は全身業力がある、泥沼に落ち込むように」(《情は一体何ですか?》)。今回はお馴染みの話しに直面して、宇宙主仏はどう解釈するつもりですか?

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind