中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
孫森倫の証明(写真付き)
    
2014-03-14  Kaiwind  筆者:蒲陽郎    

孙森伦先生の《李洪志はタイでの生活》中の資料が証明して:李洪志の生活軌跡が普通の人と同じです、小さい頃からも、若い時からも、結婚出産、名利の追求など、特に名利の追求方面で普通の人よりもっと悪いである。彼は「宇宙主仏」と自称して、誕生日の情報を改めて、修練すれば病気を患わなくて、年を取らなくて、死亡のこともありえないということを大げさに言うだけど、彼は普通の人と同じ生老病死の自然法則を変わることができない、歴史に殘る跡を変わることができない、自分の「矛」で、一回また一回に自分の嘘を作る「盾」を暴露しました。 

一、変えられない普通人の誕生日 

李洪志は195277日に生まれました。タイに行った後、皆に騙させるため、彼は自分の誕生日を釈迦仏の生年月日1951513日に変更させました、自分が釈迦仏の輪廻転生だと暗示する。かつて李洪志のお産を助ける老人潘玉芳さんは、テレビから李洪志が自分の誕生日を変わることを知った後に、かなり怒って、「小来子(李洪志の幼名)は『真、善、忍』の主張を宣伝するじゃないか?なぜ嘘を作るために自分の誕生日も変わるでしょうか?」って。 

1、李洪志の第一代個人資格証明 

 

2、李洪志は八一軍馬場で書き込む従業員基本状況登録表 

 

3、李洪志は改ざん後の常住人口登録表 

 

二、修練しでも若くにならない普通人老化法則 

李洪志は《転法輪》中で、大法を修練すれば「靑春ずっと殘る」、「外観上から若い見える、この人と実際の年齢の差が大きい。……しわがない、顔の研磨光、白く、白い顔の中から赤味が感じる」などの嘘を作る。しかし、何十年が経った、修練することが李洪志に「しわがない、顔の研磨光、白く、白い顔の中から赤味が感じる」という効果を達成するのではなくて、しかも更年期を早めて、老年痴呆症を患うになります。(http://anticult.kaiwind.com/kfzlk/xjbz/wlxs/xspx/200711/15/t20071115_822695.htm 

1、李洪志中学時代の写真 

 

2、李洪志前世紀八十年代の登録写真 

 

3、李洪志六十代以上後しわばかりの顔とバッグ下垂の写真 

 

三、避け無い普通の病気を患う悪運 

吉林省公安部門の資料で証明した:李洪志が1983年から1990年まで長春市糧油食品供給本社での働く間で、8年間に、前後して長春市19病院で診察を受けて、48回も会社で清算し、年間平均5回くらい病気を治す。198478日から18日までに、また吉林省人民病院で虫垂切除術を受けました。李洪志は「消業」という論理で、「病気を患っても薬を飲むことがいけない」と学員を騙して、しかし彼は病気を患うと絶えず病院へ治療して、死ぬことには恐れならないです。 

1、 李洪志は198478日に急性兰尾炎で入院のカルテ 

 

2、李洪志は198478に急性兰尾炎で入院料金支払名明細領収書 

 

四、脱がない普通人の生死法則 

世の中の万物は生滅自然の法則に従って、誰でも例外にならない。20131019日、李洪志は米西法会での説によると、彼は老化しただけでなく、しかも死に近くになる:いつも自慢な「主仏」は普通より逆になる、話スピードが遅いだけでなく、顔色も慌てて、しかも頭や思惟の反応が遅く、言葉が自分の意思に達しない、前後ただ30分の話を言った後何も言えなかった、「主仏」の古さと瀕死の瀋瀋夕闇を十分に暴露していました。実は、巷間で早めに噂が広げる:李洪志は前立腺がんや脳腫瘍などの多種の疾病を患って、法輪功マスコミは極力でごまかしでも、隠そうとすればするほど明らかになる。    

 

落花流水の春が去る。タイの旅は李洪志の人生軌道を変わっただけど、普通生老病死の自然法則を変えられない。 
  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind