中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
凯风ネット独占連載:李洪志の妹の先夫回想録
    
2014-04-30  Kaiwind  筆者:欣闻    

  

孫森倫最近の写真

タイは、李洪志に創立された法輪功にとっては、一番深い影響があるところです。タイでの10カ月後、李洪志は法輪功の伝播を始まります、この10ヶ月の間に何が起こったですか?どうして李洪志はこの10ヶ月の生活が一番大事と思いますか?

最近、タイ人の華人、李洪志の次妹李萍の前夫孫森倫(NATAWUTSMITTIPONG)は、《私は李洪志の家族とタイでの生活——法輪功教主妹の夫からの自叙》という回想録は香港で出版した、歴史証人の身分をとして、自分と李洪志家族がタイでの生活の体験を思い出した、法輪功創立する前後に少しの人に知られた真実の物語を再現しました。

 

孫森倫と李萍は太郎のために満月パーティーをする

《私は李洪志の家族とタイでの生活》の本が総計11万字があります、四部分11章計42節を含む、1991年法輪功が有名になる前夜を正直に記録しました、李洪志と家族が続々とタイに登録や続々と離れの全体の過程の中で、タイでのまたは完備、または支離滅裂な生活の細と生活の一部分を大多数の人が知らないの、マスコミにも知らない李洪誌のことを還元します。本の中にも李洪志の母卢淑珍、娘李美歌、もう一人の妹李君とその娘刘畅、その弟李东辉と奥さん倪さんなどの人のことを言及しました。

孫森倫は1961年に生まれました、兄弟は合計12人、ランキング七です、親は20世紀30年代で台灣からタイに来ました。1971年、10歳の孫さんは台灣に戻り読書しました、1984年までに帰りました。1989年4月、孫さんは団体に従ってタイへ出演する李萍に一目惚れして、初対面から三日後の4月25日に李萍と結婚しました、二人の息子が育ています。2000年10月19日、李洪志の長期教唆の下で、李萍は二人の子供を連れて11年も一緒に生活している孙森伦を離れて、アメリカに行きました、孫さんは残して一人だけで暮らしています。

  

李洪志は孫さんの息子大宝を連れてタイ法輪功本部の担当者鐘さんと公園で撮った写真

この本の最後で、孫さんは「私はこの本を書く目的は、いくつかの知る人はまれなことが公開されのため、世間に警告して中国の美徳(四維八徳)を守って、お金のためだけで、平々凡々な一生を過ごすのはいらない;政治の渦に巻き込まれるのはもいけない、人を恐れさせる。平凡な人だけど、充実で満足できるように、安らかに力を尽くして、自分の力でよい社会を作る」。

凯风ネットは連載の形式で孙森伦の《私は李洪志の家族とタイでの生活》の全書を独占掲載します、読者に捧げる。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind