中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
李洪志はタイで滯在する時に屈折した異常な人格
    
2014-08-13  Kaiwind  筆者:麓山    

精神変態を考察するために最も広く使われている手段はロバートから作成したアンケートです。調査の主な要素は次のような十二方面である:表在魅力(大言壮語)、自己崇拝、病理学的に嘘をつく、人の心を上手にコントロール、心咎めに欠ける、自分の言動に責任を取らない、思いやりに欠ける、衝動行為のコントロールに欠ける、寄生虫式の生活様式、自制力がない、現実的な長期目標が乏しい、少年犯罪、早期行動障害、つまらない、刺激を求める、かつて仮釈放条例違反(監禁史があった人に)性生活が混乱、何度も短期の婚姻関係、少年時代違法、犯罪手段多様など。人格形成にはその中身の人格に基づいて、更にその外部環境の原因である。ある対象に向かい合うアンケートができないけれども、一定的の時期に行為を観察した後、その人格の状態を定量的に分析して、大体の人格特徴を描き出すことが出来る。

ずっと前から、FalunGong邪教教主の李洪志と彼の組織ができるだけ粉飾する彼の歴史が、李洪志の人格異常研究について真実的な客観的な根拠が足りない。かつて李洪志の義理の弟だった孫森倫さんは、李洪志との付き合いが一年くらい、彼は回想録の形で人があまり知られない李洪志がタイでの旅行滯在することを披露しました、李洪志の人格の異常についての研究に本当の歴史情報を提供する。本文は李洪志がタイ生活でのほぼ一年の歴史を踏まえ、李洪志の一貫表現を総合して、彼の人格異常に分析をします。専門の調査を行うことではありませんが、私たちはいくつかのインスピレーションを得ることが出来る。

私たちは0、1、2点を統計単位として、すなわち0は全然合わないだ、1は少し合って、2は完全に会う。李洪志が人格異常の表現について項別考察する。

1、淺い表現魅力。大言壮語(あるいは)表面の魅力と呼ばれている。李洪志李は口が達者です、舞台の上でべらべら話す三四時間でも大丈夫です、国内ツアースピーチの時には、彼の口が達者という能力を客観的に訓練します。しかし、この能力は李洪志はタイに来たばかり時に消えてしまう、そして彼が初めてタイ飛行機から出た時の様子を見なさい「一言でもないし、正直な顔をして、口元が時にかすかな笑みがある、まだ作り笑いをする、すごく拘束して、緊張しています。」もしこの人が本当の才能や学問と自信を持ったら、たとえ慣れない環境においても、一般な挨拶と情熱が必要だと思います。この大言壮語と心弱いの強いコントラストが、李洪志のまくし立てる講演能力は典型的な表面に浮かぶ魅力だと証明する。評価は2点だけだ。

2、自己崇拝。中学校を卒業して、部隊の文芸宣伝隊に就役してトランペットを吹いて、後で工場に働いて、辞任を経験した李洪志は、何の技術も身につけないし、道徳でも文化でも技術でもできないが、自分に不可解な崇拝に満ちた。しかし崇拝の能力が国内で「気功に上手ではない学生」のレベルの気功である。このままのレベルが、タイでタイの「僧王」を見たくて法を研究したいです、僧王の地位が知っている孫森倫さんを驚きさせる、一日中でもぶらぶらして母親に怒られたから、ついに公園で気功を教えてお金をもらった後、「彼はまた自分を馬鹿にしないでと、今の彼はお金がないだけど、将来は彼が一家を養う、李洪志という人が全中国と全世界にも知らせます。」こんな狂気の自負がすっかり人の自信を超えた、崇拝の境界に達する。2点の評価です。

3、病理学的に嘘をついて。FalunGongは創立の始めから嘘で始まる。広くて深い仏教として、孫森倫が本当の仏教経典を買って読みさせます、李洪志の文化が低いでその中の精髄を理解できないから捨てる(理解できないから)、露店での読み物や邪教宣伝資料に興味を持って、重宝を手に入れるほど、できるだけ集めて読んでる。仏教のいくつかの知識のかけらを知った後、仏学が深く分かると思っている、生意気に「和尚さんにも、尼にも、どうにも修行しても凡人です、ただ一般人の修行だけだ、意味がありません。本当の修行と本当の法を分かるのは、もっと高いレベルの修行が出来る恐れがある。」と宣伝する。「彼はある秘密を私に教えて:李歌美は仏の頭からの小さな仏が人間の世界に降臨して、李萍と李東輝は観音様そばの美男美女カップルである、卢淑珍は天上の仏である。覚えてないように、外に言い散らせずに。」嘘は狂気の境界。2点の評価です。

4、人心をコントロールのは上手です。李洪志の精神コントロール手段はとても上手です。家にしても、瀋黙は金だの道理がよく知っています、海外でいる時に孫森倫と結婚した妹の李萍も兄貴をこう評価して「李洪志は、普段無口ですが、内心はすごく自負です、家では、お母さん以外の兄弟が彼を恐れる。」「李洪志は普段無口だが、家のアピール力は特に強い」。彼は自分の娘の李美歌に激励法で彼女の思想をコントロールして、社会の学校で勉強させない、一日中でも李洪志から作る功法の雰囲気に追い込む、彼女は父の師匠だと見られる、李歌美はすごく嬉しいです。FalunGongを創立した後、李洪志の人の心をコントロール手段がますます上手になって、会わなくても、書籍、インターネット、テレビ放送局などのルートを通じて、情報をどんどん弟子の耳に届く、FalunGong組織によって信者が一番多いときは約1億人になります、だから上手な心をコントロール手段がないと、こんな状況に達するのは不可能です。2点の評価です。

5、心咎めに欠ける。何の完璧なものはないです、人生には殘念やミスがある場合は普通でしょう。一般な心理状態がある程度の心咎めがあります。李洪志は安逸をむさぼり,苦労をいとう、四十歳になっても何も始まらない、母の卢淑珍はそれを見てられない、厳しい責めを与えあげるが、李洪志は恥じる意味ないだけでなく、かえって怒ります。彼は食事の量が多いです、初めてタイに来た時に、一日中でも家でいる、ひたすら楽しんで、一度ありました家のご飯がまだできない、彼は自分だけで食べて、第二回の餃子が出来る時に、彼はもう全部食べました、まだおかわりと呼んで、この時、お母さんが彼は食いしん坊の怠け者だけだ、ただ自分のことを考えてと言いました。しかし李洪志はわがままで、他の人を待たず自分が満腹なら十分だ。家の中でもこのような、社会での行事もそうです、李洪志が20歳くらいの時、隣人の子を殴ることがある、その子の両親は彼を聞くと、「君と一緒に殴る」と彼は言いました、何の恥ずかしい感じがないです。FalunGongが中南海を包囲して攻撃するで中国政府に取り締まれる後、彼はも堂々としている、2通の手紙を書くて中国政府を詰問する、安定相で脅威して、まったく後悔な感じもないです。だから、この点については完全に合う、2点の評価です。

6、自分の言動に責任を取らない。李洪志は常にわがままで。靑年時期には軍隊のホテルで、自分の上司の首長を殴って、反省を拒否しました。会社での時、スチール針で女性の同僚の自転車のタイヤは80以上の穴を突いて、何の後悔の心もありません。彼は妹の家に住む時に、間違った事をしたたびに、お母さんに大声で叱られて、「もし卢淑珍は叱られ続けて、親子はこっそり部屋に戻る。」お母さんの教育を全然聞いてない。FalunGongは後で中国であちこちに破壊して、社会の安定局面を破壊することに、李洪志は否定した、当時には北京でいませんの嘘をついた、調度指揮のこともできない、しかし空港が彼は当時は国内での鉄の証拠はあります。そして、彼はFalunGongの本の中に大言壮語にその責任を弟子に移転します。明らかに、李洪志は自分の行動に完全無責任なやつだ。2点の評価です。

7、思いやりに欠ける。李洪志はタイに来た後、同時に来た人は7人です、孫森倫夫婦、妹の李萍は家の生活ために忙しいです、夫の孫さんも胸が痛い、暇があったら、家事を手伝って、でも男性の李洪志は、兄として一日中部屋に居て、書道を練習して、露店から集まる本を見て、妹に手伝っていない。李洪志が出世した後、孫森倫夫婦は資金繰りがうまくいかないで、彼に借金お願い、メンツで李洪志は承諾しなければならないが、まったく自分のお金を孫森倫に貸しない、香港の友達から転借する。しかし、李洪志は外人には鉄の鳥みたいにけっち。この点にも李洪志は妹にの援助があるので。だから評価1点。

8、感情が薄い。李洪志は家族や友達に対して薄情で、第二回タイに戻る後、妹と孫さんに対して冷たい、特に妹の李萍に孫さんと離婚してのを鼓動して、その二人の息子を連れ去って、孫さんの一家が四散する結局になりました、すでに冷酷な境界に至る。2点の評価です。

9、衝動行為の制御力に欠ける。衝動は生理と心理二つの方面から生まれる。李洪志は生理上の衝動を証明することができないが、ニューハーフのことが好きから見ると、彼が生理の衝動が存在することが本当はずだと思います、でも制御力がどうか、FalunGongの教主になる後暴露したスキャンダルを見ると、欠ける種類に属する;心理上の衝動も比較的に強いと思います。お母さんの話によると、若いときの李洪志は喧嘩が好きだった、「暴仏」と呼ばれていることもあります。この点が総合評価は2点です。

10、寄生虫式の生活方式。間違いなく言って、李洪志はタイでの生活は完全に寄生虫のような生き方は、完全に他人に依頼して、ただ自分にサービスさせます。FalunGong教主になってから、騙すお金が多いだから、完全に寄生虫のような生活方式の軌道に入った。評価2点です。

11、自制力が苦手です。李洪志はタイでの生活は、いい自制力を表現した、影響がある事件が発生していないです。しかし個人から道徳を守って仏教を信奉する標準によって、弱点がある、評価が1点です。

12、現実の長期目標が欠ける。李洪志は現実的な生活の困難を解決するとか、仕事を探すなどに長期目標が欠けることが事実です。しかし、邪教を創立して、これで生活するのは、ちゃんと考えた後行います。だから評価1点です。

13、退屈。李洪志がタイで滯在の経験から見ると、彼はごろごろして、仕事も事業もないです。2点の評価。

14、少年犯罪。李洪志は少年時期違法の記録がないだけど、喧嘩は有名です。評価0点。

15、早期行動障害。李洪志は学校での成績が悪いから、小学校先生の趙新民の思い出によると、「李洪志は朝三暮四の人です、今日ダンスが好き、明日は絵が好き、あさっては木版画をする。興味が広いと見たいが、実際には何もない。」「300字の短文を書いて誤字だらけ」、社会生活の基本的な技能も李洪志は一つも覚えていない。小さいころから崖っぷち状態である、唯一彼は自慢するのはトランペットを吹くことが、この技術は同僚から見ればダメです。当時一緒に文芸団で働いた同僚達はよいの人柄と特長で各会社に募集されました、ただ李洪志は募集したい会社がないで、最後にホテルの当番ウェイトレスに手配された。だから、李洪志は早期行為の不定は人格行為の主な障害です。評価1点。

16、刺激を求め。言うことができて、李洪志はタイに来た初めて、つまらない状態ばかりです、一日中家でいて外出しないで、様々なディスクを見て、あちこちへ見学して、映画を見て、映画の優美な音響効果楽しむために、孫森倫にわざわざ比較的に良いシアターを買って退屈を潰す。彼は特にタイのニューハーフショーに夢中になる、家族がニューハーフを見たところで、娘の李美歌は大声でそれは悪魔と言って、見ることがいけない。いつも「李美歌先生」を呼んでいるの李洪志はなんても聞かない、堅持している、そして「彼ははじっと見て、非常に真面目で、しかも興味津々である。」退屈してずっと刺激を求めている内心世界よ。その後、李洪志は伝法の過程で、絶えずスキャンダルが流れ。彼の内心世界は空虚だということです、寂しいものである、退屈なものである。2点の評価です。

17、性乱交。披露された李洪志のスキャンダル及び「男女双修」という淫乱法理から分析して、李洪志は深刻な性乱交傾向がある。評価1点です。

18、多種の犯罪。今李洪志から創立した邪教の深刻な結果から見ると、彼は多種の罪を疑う、主に邪教を組織して利用して法律を破壊して犯罪を行う、国事犯、詐欺犯罪、脱税や申告漏れなど多くの罪である。2点の評価です。

19、何度も短い婚姻(または事実婚姻)史である。披露された李洪志のスキャンダルから見て、ただ弟子との同居史がある。評価0点。

20、かつて仮釈放条例違反する(監禁史がある人)。李洪志は監禁史がないです、評価0点。

以上各項の得点が統計する、合計29点です。ロバート考察する人格異常調査統計方法によって、30点以上の調査対象が人格異常者に違いない、精神変態と呼ばれてもいいです。

ロバート定義の精神変態の定量的標準によって、李洪志はあまり精神変態者(病態)ではないが、ちょっと高い得点が私達に教えて、彼は極端的な精神変態傾向があるの「OL」精神異常者です。せめて次の通り啓示だけが教えてくれる:

まず、李洪志はまた精神病者ではありません。《中華人民共和国刑法》の規定に照らして、彼の違法行為が法律の厳罰を受けなければならない。もし彼は病気の理由での仮釈放と治療の客観な条件がなければ、専門の精神病鑑定機関が、もっと厳しく科学からの態度を持って判定すると私が信じて、精神病の標準に達するのはほとんど不可能です。それは、李洪志の後半生で中国刑事警察機関に追われる、なければ牢獄の生涯を直面しなければならない。

次に、李洪志は「OL」の精神異常者です。アメリカ学者のマイケル・ホー・ストーンから書いた《悪魔分析》の犯罪心理学の本の説明から見ると、極端な精神異常者がいつも持っている特質は、この一生でも変わりにくいのも、そして時間とともに危険性が低下する可能性がないと思う。この部分の精神異常者こそ、いつもずるい商人や腐敗した政治家や邪教の教主、もちろん谋杀犯になる可能性が高い。だから、李洪志は邪教の教主になるのはその内在原因で決めたことです、客観的な環境原因だけではありません。

最後に、李洪志は異端を研究するのものである。極端な精神異常傾向を持つ人である、本当の社会技術と知識が不足のに、成功したい企画が心の中で発酵して膨張して、彼らの唯一のできることが邪道を選ぶだけだと思う、詐欺あるいは極端な手段で目的に達する。李洪志は若い時に形成された「邪道成功」の人格が、中年にちょうど「邪道隆盛」の人生パターンに形成された、今は年を取っても、きっと「邪道堅持」の苦しい局面を抱いて変わらない。だから、何の邪教FalunGongが自身の改良を通して社会に対して無害の教派に変わる考えが水泡に帰す。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind