中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功が自ら宗教だと思うのか
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功の創始者である李洪志は法輪功は宗教ではなく、今日の宗教とはいかなる関係もないと重ねて声明している。

李洪志は自分の講義また文章の中で「法輪大法は宗教ではないが、将来、人々に宗教だと思われる。世人に伝わる目的は修煉のためであり、宗教をやるためではない」と述べている(《大法金剛永純》)

「わたしたちが宗教ではないため、わたしたちを宗教と一緒にしないでください(『カナダ法会での説法』)

1999年7月26日に李洪志がニューヨークでオランダテレビ局のインタビューを受けた際、「(法輪功は)普通の気功や太極拳、西洋人が好きな朝の運動などと、同等のものと評価されていた。(学習者は)早朝30分から1時間ぐらいの煉功をしてから仕事に行く。(彼らは)社会の一員であり、そこにはいかなる宗教形式も存在していない」と述べた。

李洪志は法輪功が宗教の構成要素を持っていないと何度も強調している。

「すべての法輪功学習者はみな社会の一員である。誰でも自分の仕事と事業がある。ただ彼らは毎朝公園へ半時間また1時間にわたって法輪功を修煉して、それから仕事に出る。宗教のように守らなければならない各種の規定がなく、廟や教会堂がなく、宗教儀式もない。学びたいなら学び、行きたいなら行き、名簿もない。「教」とは言えるのだろうか」と言っていた。(『私の一点の感想』)

しかし、宗教の仮面を被ると自分に有利になる場合、李洪志は追随者にやり口を変えて自分が宗教と認めるように扇動する。

「西洋社会で、普通の人から宗教かどうかを聞かれたとき、答える必要はない。そんなに真剣に対処する必要もない。もし、政府、社会団体、行政部門、議員から宗教だと言われたら、私たちは宗教ではないと言う必要はない。もし、法律に関わる問題であれば、宗教の名義と条文で対処すれば良いのである。だから、こういう場合は、宗教だと言ってもよいのである。特に法律に関わる問題の場合、このように対処してよいのである。皆さん、分かったのだろうか?」(『ロサンゼルス市での説法』)

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind