中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功の「不二法門」
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功の「不二法門」は法輪功学習者に対する情報閉鎖、彼らが正常な社会情報を受け入れ、宗教を自由に信仰することへの阻止を実施する道具である。

李洪志は「われわれは、修煉は専一でなければならないと言っているが、どんな方法で修煉するにしても、他の法門のものを混ぜて、いい加減に修めてはいけない」、「修煉は、昔から“不二法門”のことが重んじられており、本当にこの法門で修煉しようとするならば、この法門の経だけにしなさい」と言っていた。(『轉法輪』)

「しかし修煉のこととなると、専一でなければならない……佛教の中ではこれを不二法門と言う。」(『シドニーでの講法』)

「他の気功師の講義を聞きに行ったり、他の気功師に病気治療をしてもらったりすると、彼の体の憑き物はあなたに付いてくる。その時になると邪魔に遭われる。あなたたちはそれで何の難、邪魔に遭ったら、わたしの法身はあなたの面倒を見るはずがない。少し気を付けないと落ちてしまい、一朝にして烏有に帰す。あなたは昔借りた業力を返済していないからである」(『轉法輪』)

これらの言論に従って、多くの法輪功学習者がテレビを見ず、ニュースを聞かず、その他の書籍を読まずに、できる限り多くの時間を使って「法」を学び、法輪功のへ理屈と邪説を以ってすべてを指導し、次第に是非と真偽を見分ける能力を失ってしまい、直接に違法犯罪、自殺・殺人等の極端な悪性的な事件を招き、公民の人身権利を大いに侵害し、公民の心身健康に危害を与え、さらに人類社会に危害をもたらしている。

法輪功の「不二法門」は学習者が宗教を自由に信仰する選択権を剥奪している。

李洪志は学習者が専一に修煉し、その他の宗教信仰を放棄し、法輪功を専念に修煉するよう要求している。

「修煉は厳粛なことで、一つに専念しなければならない」(『轉法輪』)

李洪志は「佛であれ、西洋の神、イエスキリスト、ひいてはエホバであれ」、「彼らの伝えた法は小さいので」、「どの宗教の中で修煉がいくら良くできていても……それは16K、18Kの金であり」、「それは純金、百パーセントの金ではなくなった」。(『北米第一回法会での説法』)

ある時、学習者が「われわれ修煉者が佛教、道教の経から何かを吸収することもできるのだろうか」と聞いた途端、李洪志は「絶対許しない。絶対許さない!」と答えた。

李洪志は「宗教を仕事にしてはよいが、信仰としてはいけない。学習者は法輪功しか信仰できない」と重ねて強調している。

「皆さんに教えるが,あなたのキリスト教での仕事もただ一つの仕事に過ぎず、そこで仕事をしても全く問題ないのである。私は現在の宗教を修煉とは見なしておらず、ただの宗教という仕事として見ている。既に人を済度することができないからである。それは間違いなく一つの仕事である。修煉ではない。しかし、あなたを本当に向上させ、本来の家につれて帰るために、専一に修煉するよう教えた。これこそあなたにとって絶対にいいことである。不二法門のことは私が既に『転法輪』の中で非常に明白に説いた。この法はとてつもなく大きいのである。こんな大きな法に別のものを入れようとして、次元の低いものを入れてはいけない。あなたが修煉している体と修することによって形成される全てを乱してしまい、家に帰ることができなくなる。あなたは自分の進む道を破壊することになる。」(『ヨーロッパ法会での講法』)

1999年5月3日、学習者は「私は宗教を信仰しており、宗教を放棄したくはない。大法の要求に基づけば、不二法門を遵守すべきであるが、私は大法と宗教のいずれかを選択することがなかなかできない。私はどうしたら良いのだろうか」と聞いたところ、李洪志は「現在全ての正教は神に手放され、宗教にいる人間は金銭と地位のために争っている。人間がなぜ宗教を信じるのかは一つの大きな問題であるが、これらの道理は私が既に非常に明白に説いた」と答えた。

法輪功は学習者が法を学ぶ時、精進すべきであり、その他の宗教に関わる書籍を読み、その他の宗教を信仰することを厳格に禁じていると強調している。

「私は不二法門を説いたことがあるが、専一に大法を修煉することができなければ、大法の中で圓満成就することができない。」(『北米第一回法会での説法』)

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind