中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功はどう法律を扱っているのか
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法律を蔑視することは法輪功の特徴の一つである。

李洪志は「人類が作った法律は機械的に人を制限し、法律を作った人も含めて、人間をその中に閉じ込めている。人間は絶えず自分を閉じ込めており、結局最後に活路が封じられてしまった。法律があまりにも多く作られたので、人間は動物のように管理されており、行き詰っており、誰も解決方法を見つけられないのである。」(『サンフランシスコでの説法』)

「世界は今日まで発展してきて、皆法律がとても良いと思っているが、実はそれは仕方がなくこの方法を取ったのである。」(『サンフランシスコでの説法』)

「政府の法令は宇宙の真理ではなく、それは人間が制定したものである。人間は人を治めようという気持ちから法律を制定しているのである。」(『ヨーロッパ法会での講法』)

李洪志は、「法輪大法は宇宙大法であり、人間のあらゆる法律よりも高く、法輪功修煉者は法輪大法を遵守すべきである。法輪功弟子にとって、人間の法律はいかなる拘束力もなく、人間の法律を無視してもよい」と提出している。

「三界の中の全ての衆生はこの法のために来ており、この法のために造られたのである。つまり、中に人類社会の各種の形式、もちろん現在の法律と人類の他の存在形式を含む三界の全ての形式も含まれている。」(『2003年アトランタ法会での説法』)

李洪志のこれらの言論に誘導され、ある人或いはある部門が法輪功の問題を指摘した場合、弟子達はこれらの人或いはあの部門が法輪功に対する態度が誤ったと認め、向こうに行って説明を求め、弁解し、ひいては法律に違反して、「護法」の口実でメディア関係、党・政府機関を包囲非難した。政府が法律に基いて法輪功組織及びそのメンバーの違法活動を調査処分した際、法輪功学習者はこれが上を犯し、最高の「法」に挑戦したことだと認め、彼らは街へ騒動を起こしに行き、社会秩序を乱したりした。

1998年6月8日から12日にかけて、湖北省武漢市の法輪功人員は相次いで9回にわたって『長江日報』新聞社を不法に包囲非難した。

統計によると、1996年9月に光明日報社を包囲非難してから、法輪功は300人以上を集中させ、中国の政府部門とメディア関係を包囲非難した事件は78回に達した。

1999年7月に、中国政府は法律に基いて法輪功を取り締まった。李洪志と法輪功組織は失敗に甘んじず、公然と法律に挑戦し、それを乱した。

2001年1月、遼寧省撫順市の法輪功メンバー竇振海、王洪軍は二回にわたって特製の障害物を鉄道に置いて、列車を転覆し、事件を起こし、影響を拡大しようとした。

2002年3月5日、吉林省長春市の法輪功メンバー梁振興、周潤君(女性)などはケーブルテレビ番組を伝送するケーブルを切って、不法に法輪功を宣伝するテレビ信号を差し替え、放送した。9月18日、吉林省長春市中級人民法院は開廷し、法輪功におぼれた周潤君などがケーブルテレビネット施設を破壊した案件を公開的に審理し、周潤君は法廷で彼女の犯した犯罪事実を包み隠さず自供したが、自分の行為が法律を犯したことを承認しなかった。彼女は「大法」のためなら、法律が話にならなくなる。法律より「大法」のほうが高いと言い張った。彼女は、「ケーブルテレビのケーブルを断ち切ったり、切ったケーブルを売ったりしたことは違法な行為であるが、“大法”宣伝のためであれば、違法にならない」と言った。彼女はまた、「法律は“宇宙大法”と同列に論じることができず、政府を「大法」と同列に論じることもできない」と言った。

2002年6月23日、中国国内数十社テレビ局の番組を載せた放送衛星鑫諾1号は中国台湾地区にある不法な法輪功に関わった信号による攻撃を受けた。2007年8月7日末現在、「鑫諾1号」、「亜太6号」、「アジア3S」などの民間用衛星は法輪功組織にあわせて252回にわたって攻撃され、攻撃時間は160時間に達した。

2002年10月、中国系アメリカ人李祥春が江蘇省揚州市で通信ケーブルを破壊すしようとしたが、未遂であった。その後、彼は法廷で「大法宣伝」のためなら、これらの活動は犯罪にならないと言い張った。

2006年4月20日、アメリカのブッシュ大統領がホワイトハウスで大きな国家的な行事を行った際、記者隊列に紛れ込んだ法輪功人員である王文怡は邪教のスローガンを叫んで、混乱を引き起こした。

2006年10月、一名のオランダ法輪功学習者は斧で22才のオランダ籍青年を切り殺し、そして死体を角切りに切って、骨を取り除き、その後の数日間、彼は死体をなべの中に入れて、油で揚げたり、炒めたりした。

2006年11月30日、二人のシンガポール法輪功学習者黄才華と余文忠は嫌がらせの罪で地元法廷に罰金を課された。黄、余の二人は罰金交付を拒絶したため投獄された。

2007年1月22日、シンガポールの法廷は開廷し、6名法輪功人員「無許可集会」事件を審理した。審判が始まった途端、6人はなんと声をそろえて李洪志の「経文」を暗唱しだした。法官は法廷の席で、「法廷蔑視」罪で、6人にみな2日間の監禁を言い渡された。

2007年7月23日、マレーシアクアラルンプール初級裁判所は「法輪大法研究センター」9名の理事の『1965年会社法』違反罪が成立し、罰金を課するとの判決を下した。

2008年2月8日、22名の法輪功成員はタイのバンコクで、いわゆる「迫害反対」抗議を行い、強行的に道行く人に法輪功を宣伝する冊子を配り、祝日のめでたい雰囲気を妨害したため逮捕された。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind