中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功が人種間の仇恨を扇動している
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

李洪志は、「異なった民族の結婚、又は“混雑”によって生まれた子供―混血児は源を探すことのできない変異的な人種であり、今日の時代、人類道徳の喪失が極点にも達したことを裏付けている」と述べた。

「一人の人間として、混血児は人種の天における対応を失っている。」(『ニューヨーク法会での説法』)

「世界のいかなる民族も天に対応している人種である。混血後は天の神と対応しなくなり、人を創造する神はその人の面倒を見なくなる。これらの人にとってはとてもかわいそうなことである。」(『ヒューストン法会での説法』)

「混血して生まれた子供は、混血児になるが、しかし、この子供の中に一つの隔たりがある。分けられてしまうと、彼は身体と理知が不健全になり、身体が健全でない人となってしまうのである。」(『シドニー法会での講法』)

李洪志は混血児の存在を宇宙人が人類と天国の連絡破壊に用いられた陰謀であり、人類が堕落している表現であり、混血児は邪悪な人たちである」と述べた。

彼はスイスで説法した時、「宇宙人は人種を混雑させることによって人類を神の守りから離れさせる」と述べた。李洪志に列挙された「邪悪者」には、混血児、同性愛、コンピュータを使う人、伝統を破壊する者、民主を信じる人と「科学を盲信」する人の10種類がある。

「科学は実は宇宙人が作り出したものである。その目的は、人間を統一し……スペインは人種を混雑させる先導である。宇宙人の人類を神の守りから離れさせるための方法は人種を混雑させることによって、現在の交雑植物のように人類の源を失わせることである。南米、中米、メキシコ人及び東南アジアの一部の人は皆、混雑された人種となった。この全ては神の目に見逃されなかった。宇宙人は既に充分綿密に準備して、人類に取って変わろうとしている。」(『スイス法会での講法』)

「人類の文化が今日本当にでたらめで、各種の文化が混雑し、人種もますます混雑しており、それによって人類を非常に危険な境地まで落とした。」(『北米第一回法会での説法』)

李洪志は民族の融合に反対している。

「東方人と西方人は皆地球にいるが、東方と西方は一つのものによって隔てられている。人間はこれを知らないのである。」(『シドニーでの講法』)

「その人種に属していなければ、その世界の人間でなければ、そこに受け入れられないということを言いたいのである。」(『米国西部法会での説法』)

法輪功は中国が種族虐殺を行ったと誹謗している。

中国政府が法律に基いて法輪功を取り締まり、圧倒的な多数の法輪功学習者は再度幸せな生活を過ごすようになった。法輪功は中国政府の法輪功虐殺というデマを飛ばし、「真善忍を信奉した百万人を超えた法輪功団体に対する種族虐殺が中国で発生した」とかなんとか言って、そしてこれを口実にむやみに中国の指導者を訴えている。

法輪功はそのメディアで、メディアが法輪功人員の焼身自殺と殺人の実例を掲載したのは公衆の法輪功に対する憎しみを扇動しようとしていると言いなしている。1999年6月、元武漢テレビ局の趙致真局長は特定テーマ番組『李洪志の人柄事柄』を作ったが、法輪功は趙氏が「メディアで憎しみを扇動する」と非難した。

2008年3月14日に、中国のラサで殴打・破壊・略奪といった厳重な暴力犯罪事件が発生し、地元の人民群衆に生命と財産の重大な損失をもたらし、現地の社会秩序に深刻な危害を与えたため、中国政府は法律に基いて処理した。しかし法輪功は善悪を逆さまにして、「チベット族に対する殺戮だ」と中傷している。

2008年10月、ウクライナの首都キエフで開催された「情報極端主義:法輪功の是と非」という国際シンポジウムでは、参会した専門家が、法輪功の教義は明らかに邪教の特徴を持っており、法輪功は宗教間、社会団体間と公民間の憎しみを扇動し、「情報テロリズム」を実施している」と見ている。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind