中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
ギリス精神病患者が罰を受けることに法輪功は喜ぶ(図)
    
2014-02-07  Kaiwind  筆者:郝迈    

海外マスコミの報道によると、10月19日午後、ロンドン中国城で一部の「真実を述べる」法輪功人員は、国籍はフィリピンのイギリス人に生卵で襲われました、一人の法輪功人員は命中されて負傷しました。調査と裁判後、攻撃者は精神病患者で、ロンドン西区裁判所(West London Magistrates Court)は、11月11日に法律に照らして寛大な判決を下します。これに対し、法輪功は精神病患者に寛容な理解をあげるのに、マスコミに大勢な宣伝をします。

 

法輪功人員に攻撃させるフィリピン国籍のイギリス人アレクサンダー•オーティス(中)

知るところでは、今回の裁判判決は、攻撃者は精神病患者という事実を十分に考えているから、寛容な判決を下します。ロンドン西区裁判所司法官は、攻撃者が24ヶ月の社会サービスと24ヶ月の監督をさせて、同時に精神健康治療を受けて、負傷法輪功人員に200ポンドの賠償費をさせられます。

自分の行為を制御できない精神疾患者の違法犯罪に処罰をを免除しまたは軽減し、それは国際認める方法です。同じように、中国では、《刑法》第18条第一項に照らして、精神病患者は法に基づき刑事責任を負わない場合に、「彼の家族や保護者に厳重監視と治療を命じなければならない;必要な時には、政府は強制治療させできます」。一般的には、多数の被害者側がこの判決を受け入れできる、更に軽い傷で、精神患者に理解できます。

でもおかしいのは、今回のフィリピン国籍のイギリス人精神患者アレクサンダー•オーティス(Alexander Ortiz)は法輪功人員に攻撃させます、彼の行為は違法だけど、その損は深刻ではない、一貫に「真・善・忍」を標榜している法輪功は理解できる行為は全く無くて、むしろ喜んで、法輪功のメディアに利用して中国語と英語で報道して、裁判官の判決と戒めを関連精神病患者の脅迫に転換して、こじつけで今回の孤立事件を「中国共産党は法輪功への弾圧」につながっていく、中華街などの所で「八回」の攻撃を受けることを考える同時に、法輪功者は民衆の怒りを引き起こす本当の原因は一度も反省することもなくて、一貫にデマを飛ばして事件を作って、イギリスでの華人のイメージを中傷します。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind