中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功を批判した国内外のメディア関係者を包囲非難し、やたらに告訴している
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

1999年7月22日に、中国政府が法輪功を取り締まる前に、数十社のメディア機関は法輪功によって学習者の死亡と心神喪失をもたらされた事件を報道したため、法輪功の組織的な包囲非難を受けた。

包囲非難された有名なメディア機関には、『光明日報』、中央テレビ局、『中国青年報』、北京テレビ局、瀋陽テレビ局、『遼寧日報』、『南方日報』、『南方都市報』、『浙江日報』、『銭塘週末』、『銭江晩報』、『齊魯晩報』、『健康新聞』、『華西都市報』、『南方農村報』、『河北政法報』、『新疆経済報』、『武進日報』、『厦門日報』、『華商報』、『福州日報』、『合肥晩報』、『重慶日報』、『成都商報』、『滄州日報』などが含まれている。

彼らは、一日中メディア機関の門外で数百人が陣立てをして、法輪功の音楽を再生しながら、座禅を組んで煉功した人がいれば、行き来した人に法輪功の資料を配った人や、群れをなして、オフィスに入り、勤務中の編集者や記者に付き纏った人、相次いで電話をかけたり、ポケベルの呼び出しをしたりして編集者と記者を騒がした人、ひいては編集長に電話番号を変えるように強いた人もいた……重慶新聞社を包囲非難した時、法輪功は甚だしきに至っては高慢に、「もし謝らないならば、集団的に功を発し、洪水を新聞社に引いて建物を水没させ、早めに地球を壊滅させる」と「警告」した。

これら包囲非難されたメディア関係は全国の至る所にある。

1996年6月17日に、『光明日報』はその言論コラム『世紀の風』に「辛平」と署名した論評『偽科学に反対する警鐘を鳴らし続けるべきである―「轉法輪」に引き出された話題』を発表したため、北京地区の法輪功責任者は『光明日報』社の門外に法輪功養成班を設ける名目で、当該新聞社を封じ込め、一部の学習者は甚だしきに至って「身を惜しまず法を守る」と言いふらした。1996年の8月のある日、一群れの法輪功学習者は『光明日報』社の門前に集中して、『偽科学に反対する警鐘を鳴らし続けるべきである―「轉法輪」に引き出された話題』を書いた作者は法輪功に謝罪しろと要求した。

1998年6月1日から3日にかけて、山東『齊魯晩報』社は2000名余りの法輪功学習者に不法に包囲非難され、これは同年4月1日に、当該新聞が『法輪功は何ものなのか』と題する論評を掲載したからである。

同年5月4日に、『健康文摘報』は『齊魯晩報』の論評に基づいて、再度『違法で人を害する法輪功』というタイトルで掲載した後、法輪功の中堅はまた400数名の学習者を組織して6月8日から相次いで新聞社の門前に集中し、騒動を起こした。

1998年5月24日に、北京テレビ局は「北京特急」コーナーに、『就職証明書は偽りの気功をきれいに一掃できるか』という番組を放映し、報道の中で一名の法輪功学習者が心神喪失になった事件に触れたため、数千名の法輪功学習者に包囲非難された。

このことが発生後、李洪志は自分の『根を掘る』というタイトルの「経文」の中で、「全国各地では、いくつか新聞社、ラジオ放送局、テレビ局……われわれの大法を破壊している……これは軽視できない人為的な憲法破壊行為である……北京の大法弟子は特殊な方法をとって、あの人たちに大法破壊を停止させないが、それは間違っていない」と公言した。

同「経文」の中で、李洪志は、包囲非難に参加しなかった法輪功人員に警告を出して、「肝心な時、あなたたちに人と決裂させるよう呼びかけたのに、あなたたちは私について行かず、チャンスが一回あったら、再び恵まれるはずがない」と述べた。

李洪志に肯定され、法輪功学習者はさらに後ろ盾があって何の恐れもなかった。

1999年4月19日から23日にかけて、天津教育学院のスクールマガジンである『科学技術博覧』は物理学者の何祚庥氏が書いた『青少年の気功学習に不賛成』と題する文章を掲載し、文章が法輪功の存在しているいくつかの問題に言及したため、学校は1万名余りの法輪功学習者に不法に包囲非難された。

西側諸国では、法輪功が包囲非難、やたらな告訴をその利益を保護するルーツとして使っており、恥とは思わない。

2001年12月、北米地域の中国語メディア『僑報』、『星島日報』と『明報』は『傅怡彬は父と妻を殺害した事件』を掲載したため、法輪功の包囲非難を受けた。

2001年11月3日に、カナダの『華僑時報』は法輪功を批判する文章を掲載し、この文章の内容は元法輪功女性学習者の何兵さんが自ら述べたものである。しかし、法輪功は「誹謗」を理由として、『華僑時報』を起訴した。2005年12月7日に、カナダのケベック高等裁判所は4年間余り続いたこの事件に対し、最終審の判決を行い、原告の法輪功は敗訴した。判決文は「法輪功は係争中の運動である。この運動は批判言論を受け入れない」と指摘した。

2002年、オーストラリアの『華廈商報』はビクトリア州のある華人団体がメルボルンのチャイナタウンで行った法輪功に関する活動を報道したため、ビクトリア州の法輪功組織は「差別視」を理由に、ビクトリア州公平機会委員会に苦情を訴えた。2004年12月、ビクトリア州公平機会委員会は法輪功組織が『華廈商報』を告訴した法律的な行動を却下した。『華廈商報』は法輪功組織の苦情訴えと起訴による「妨害」行動で、大量の人力や精力及び時間が潰され、その煩いに堪えられないほどであった。  2003年12月、オーストラリアの『華人日報』はオーストラリア駐在中国大使館が法輪功を非難した声明を掲載した。2004年5月、法輪功はニューサウスウェールズ州最高裁判所に「誹謗罪」で『華人日報』を起訴した。後で法輪功はそのメディア関係を利用して、『華人日報』を大規模に非難し、当該新聞の編集長と編集者に対し、個人への非難を行った。2006年4月5日に、オーストラリアニューサウスウェールズ州最高裁判所は判決を下し、法輪功が敗訴し、『華人日報』が勝訴した。

2005年1月21日に、AP通信は『天安門の集団的な焼身自殺事件の参与者がメディア関係のインタビューを受け入れた』と題する記事を掲載し、2001年除夜に法輪功天安門集団的な焼身自殺事件の参与者の現状と法輪功に対する再考を客観的に報道した。25日午前、法輪功組織の人員はニューヨークマンハッタンにあるAP通信本部のオフィスビルの前のでデモを行い、AP通信にこの報道を回収するよう求めた。2月11日に、法輪功のメディアである『大紀元時報』は論評を発表し、AP通信を「正真正銘のならず者」と呼んでいた。

2006年上半期、「長城プラットフォーム」はカナダのロジャース会社と協力して、中国文化を広めていこうとする目的で、カナダラジオテレビ電気通信委員会(CRTC)に番組中継放送権の申請を提出した。これは地元の華人の文化と娯楽に関することであったが、法輪功にあらゆる方法で妨害された。2006年3月から6月までの3ヶ月間だけで、法輪功は何度も人員を組織し、ロジャース会社本部の前でデモ行進を行い、ロジャース会社の正常な運営に大きな影響を与えた。それにも関わらず、2006年12月22日に、長城プラットフォームはやはりカナダでの中継放送権を獲得した。

2008年2月6日に、『ニューヨークタイムズ』は『見続けがたい中国文化パフォーマンス』をテーマとするルポを発表した。後で、法輪功のウェブサイトは相次いで文章を10数篇発表し、『ニューヨークタイムズ』とニュースルポの作者エリック・コニグスベルク(Eric Konigsberg)氏を非難誣告した。法輪功のウェブサイトは文章を掲載し、「エリック・コニグスベルクは悪名が高く、人間味が少しもない」と書き記した。

法輪功から見れば、いかなる人、いかなるメディアはすべて法輪功を批判する自由がない。李洪志の「最高指示」によれば、あらゆる法輪功への批判は全部「大法への誹謗」であり、決して我慢できない。

このほか、法輪功はまた「ハッカー」の「脅迫」手段を利用して、関連ウェブサイトを非難し、読者に自分のホームページにブラウズするように強いた。

2002年10月4日に、香港の何社もの中国語新聞雑誌のニュースウェブサイトは法輪功から妨害を受け、読者がインターネットを利用して『星島日報』、『明報』と『苹果日報』などのニュースウェブサイトにブラウズした時、自動的にカナダの法輪功ウェブサイトに接続された。法輪功の「ハッカー」はまた同様な手法を以って、ウェブサイト新浪とウェブサイト捜狐にも侵入したことがある。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind