中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功に異議を唱えた人々を騒擾している
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

1998年11月、英国放送会社の国際ニュース番組(BBC WORLD)は記者ジェームズ・マイルズ(James Miles)氏が書いた法輪功に関するルポを放送した。ルポは、法輪功が中国における「一番目の邪教」だと指摘し、人々に法輪功が集団的な自殺を招く恐れがあると警告した。法輪功はすぐ人員を組織し、それぞれBBCの総裁、イギリスの中国駐在大使及びイギリスの首相に手紙を出して、公にBBCに陳謝するよう求めており、彼らは甚だしきに至って、法輪功を批判したのは「中国社会の公共利益に危害を加え、そして大きく中国法律の関連規定に違反し」、「大いに中国の『民法通則』に違反し」、「中国の社会安定を破壊し」、「中国人民の現代化建設への中傷的な行為であり」、さらに「中国人民と中国政府に対し、きわめて無責任で友好的なでないと、BBCの記者を脅かした。後になって、BBC記者のジェームズ・マイルズは、「わたしがこれまで書いたすべての文章の中で、反応からみればこれより更に激しいものがなかった」と感慨深げに語った。

1999年11月1日に、『ウォール・ストリート・ジャーナル』はクライグ・スミス(Craig S. Smith)記者のルポ『李洪志が米国の夢を実現した』を発表し、李洪志がニュージャーシーで60万ドルの豪華な住宅を持っていると述べた。その後、李洪志のスポークスマンと数十人の弟子はこの記者に電話をかけたり、ファックスや電子メールを送ったりして、詰問警告した。

米国サンフランシスコの法輪功問題の専門家サミュエル・ルオ(Samuel Luo)氏は両親がすべて法輪功学習者であり、法輪功をより深く研究しており、法輪功の真実な面目を暴露するウェブサイトwww.exposingthefalungong.orgをオープンした。2005年に、そのドメイン名のプロバイダーは法輪功からの苦情訴えの手紙を受け取り、サミュエル・ルオ氏の身分と連絡情報を明らかにしてくれるよう求めたが、苦情状の内容はサミュエル・ルオ氏のウェブサイト内容に対する糾弾を重点に置いており、法律的な異議を出したのではなかった。サミュエル・ルオ氏が自分のウェブサイトで「誹謗」し、「とても不道徳だ」と指摘し、サミュエル・ルオ氏が法輪功学習者に対する非人道的な待遇と殺害を「認可」したことを非難した。彼らはサミュエル・ルオ氏が彼のウェブサイトに術語「法輪功」を使ったため、彼らの商標権を侵害したとして、サミュエル・ルオ氏のウェブサイトを閉鎖することを求めたが、米国公民自由連盟はそれが「明らかに商標法を侵害していない」と認めた。同年の夏、国際邪教研究協会(ICSA)はスペインで年会を開催し、サミュエル・ルオ氏は招きに応じて会議の席上で発言することになった。しかし、会議が開催する数週間前に、スペインの法輪功組織を代表した弁護士は協会を告訴すると脅かしたため、協会の責任者はやむを得ずサミュエル・ルオ氏の演説を取り消した。

ニュージーランドの著名な司会者であるケル・ウッドハンム女史は2007年11月に法輪功がオークランドのクリスマス巡視に参加すことに賛成しないという内容の文章を発表したため、騒擾と恐喝を受けた。

法輪功の言論自由を破壊する行為は米国でも支持を得ていない。

2006年、サンフランシスコ中華総商会は法輪功に「政治的な動機」がひそかに隠されているため、法輪功の旧暦新年行進活動への参与を拒絶した。法輪功は中華総商会を告訴し、中華総商会が法輪功の参加を拒絶したことは差別的な行為であり、サンフランシスコの公民権法に違反したと述べた。2008年5月30日に、サンフランシスコ控訴裁判所は、米国憲法第一修正案に従って、「中華総商会は法輪功が彼らの要求と截然と異なった情報を振りまくことを拒絶する権利がある」と裁定した。3名の司法官からなる仲裁グループは、「中華総商会はいくつかの団体の言論に賛成しないならば、彼らの申請を拒絶する権利があり、中華総商会の市街年中行事や花の市及び新年行進活動は同様に言論自由権利に保護されている」との態度を表明した。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind