中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
李洪志は信者をどのようにおだてて法律を踏みつけさせるか
    
2013-05-24  Kaiwind  筆者:鄭則    

李洪志は常人法律に対する態度は三つある。つまり謗ること、利用することと踏みつけることである。前二項目について、「李洪志はどのように常人法律を謗ったり利用したりしているのか」という文章で話したが、本文は李洪志が信者をおだてて法律を踏みつけさせ、破壊させる角度から補充し、李洪志の悪い意地をより一方あばきだす。

論理の面において、李洪志は信者をおだてて法律を踏みつけさせ、破壊させるため、邪説の支持を提供した。

常人法律を踏みつけ、破壊するために、論理支持が必要である。李洪志は「転法輪」でそう書いた:「法律は常人のことを管理している」「練習者は超常人である。超常人として、常を超えた論理で要求されるべきで、常人の論理に判断されてはいけない」。「別空間の時間っていうのはこちらと違うので、どうやって別空間の物質を制約するもんか。まったく役立たない。」それで、法輪功の信者は常人法律を抵抗し、犯し、踏みつける行動は法輪功の論理に支えられている:法輪功弟子が修練したのはすべての法律を超えた「宇宙大法」である。彼らは「常人以上の人」なので、常人社会の法律に制約されられない。常人法律は大法弟子にとってまったく効果ない。「師匠」の邪説に煽てられ、一部分の法輪功信者はあえて法律を犯してしまい、犯罪道路を歩き始めた。

李洪志は邪説で信者を常人法律を踏みつけさせることは五つの面から表れている。

第一、は信者を「囲んで攻撃する」ことに煽てさせる

「真実を話すことは大法弟子にとって絶対必要な作業だ」と李洪志は思っている。(2001年7月「ワーシントンDC国際法会説法」)。「4月25日」法輪功練習者は北京の中南海を囲んで攻撃したことに対し、軽々に「北京の大法弟子が特殊な方法を使い、大法を破壊する人を止めさせるだけで、実は間違っていない」と言った。積極的に囲んで攻撃する行動に参加しない弟子に怒った:「あなたたちはいつまでも私に連れられて動いてはいけない。自分が動かなく、法が明らかに言ってから動き、明らかに言わないと動かないあるいは逆に動く」、「こんな行為は修練だと承認しない」と恐喝した。「チャンスは逃したら二度来ない」(根堀り)「自分のために出かけて説明することをしないと間違っている」(2001年7月「ワーシントンDC国際法会説法」)と宣伝し、もっと多い弟子が騒ぎに出るように随意に煽てた。「「425事件」に出た人はぜんぜん多くなかった」(「私の考え」)。その後、李洪志は大法弟子の「毎回の陳情はものすごく役立てる」「社会中に大きな影響にあたえた」(2003年6月「米中法会説法」)その結果、法輪功信者は法輪功の「悪口」をした新聞社や政府機関を囲んで攻撃することを「真相を話す」「法を守る」時よく使った手段にした。

1999年前、「雲南老年報」、「東陸時報」、山東「斉魯晩報」、浙江「銭塘週末報」、「河北政法報」、「滄州日報」、四川「重慶日報」、安徽「合肥晩報」、天津「青少年科技博覧」、福建「厦門日報」、「遼寧日報」、北京「中国青年報」、「北京テレビ」「光明日報」、「健康報」など多数のマスコミは法輪功を批判する文章を載せたため、法輪功練習者から囲まれ攻撃を受けた。その後は国内外を驚かした万人が中南海を囲んで攻撃した「425事件」を起こし、凶悪さはこれでわかる。

第二、「真相を話す」「大衆を救う」「三つの脱退」で人を邪魔する。

李洪志はこっそりずらかって米国に行ってから、「真相を話す」「大衆を救う」「三つの脱退」を理由として、弟子が中国で政治宣伝をするようにさせられた。李洪志はその重要性を繰り返して強調した:「国内で配った小さいなチラシ、掛けた電話、送ったファックスをなめるな。相当大きいな役割を果たしている。悪い勢力を震え上がらせ、消滅するにはものすごく巨大な力になる。」(2002年3月「北米巡回法会での説法」)李洪志は「九つの評論」が中国共産党を解体する「機能」をきわめて褒め、信者に:「迫害は止まらなければ、大法弟子は「九つの評論」を中央共産党が解散し、迫害が止まるまで発表し続ける。それは当然のことだ」と宣言した。(2005年11月「サンフランシスコでの説法」)

李洪志のすべての語録は大法弟子が中国人民に何回も電話を掛けたり、メールやショートメール、ファックスを送ったり、チラシを貼ったり、「大法は迫害されている」と話したりして、社会秩序を邪魔し、公衆マナーを破壊する罪悪な源だ。

第三、国家法定貨幣を違法的に損害

人民元は中国の法定貨幣だ。人民元の流通が早いという特徴はあるため、法輪功信者はいわゆる「真相紙幣」を「発明」した。つまり、人民元で法輪功を宣伝し、党から脱退したチームと共産党を罵ったスローガンを印刷することによって、大衆に「真相を話す」。これは国の貨幣法律規定を厳重に違反した。

なのに、李洪志はこの違法行為に対し、ものすごく褒めてやった。彼は「真相紙幣」の作用を十分承認した。「ある人は人民元で「法輪大法がいい」、「党を止めよう」(みんなが笑った)と言ったが、私はいい方法と思う。(拍手)お金は捨てられる、消滅できるもんではないからだ。」(2006年2月「ロサンゼルス法会での説法」)。弟子の違法犯罪行動を応援し、励ました。

第四、民用衛星を悪意で攻撃し、法輪功内容を非法挿入

2002年6月23日から30日、中国鑫諾通信衛星は非法シグナルからの悪意攻撃を受けた。これは海外にある法輪功組織が発射した「法輪功」の宣伝内容のある非法テレビシグナルからだ。これらのシグナルは鑫諾衛星の正常放送を邪魔し、CCTV9と他10省のチャンレル10個の放送はできなくなった。中国の一部分「村村通」ユーザーは長い期間でテレビ番組を見られないようにさせられた。

統計によると、2002年6月23日から2007年8月7日、鑫諾一号、亜太6号、アジア3Sなど民用衛星は「法輪功」から252回攻撃を受けた。総時間は160時間に至った。中国法律、国連法則及び国際電信連盟が製作した公約と無線電規則によると、悪意で普通の衛星放送を破壊し、邪魔することは違法行為だ。しかし、李洪志はそれを非常に支持している。彼は信者に言った「テレビへの挿入、陳情は非常に役立ちる」社会の面に「すごい影響を与える」(2003年6月「米中法会での説法」)

第五、中国駐海外領事館を邪魔する

李洪志はそれに対して高く評価した。「たくさんのメンバーはコツコツと真相を大量に話している。チラシの手配り、電話を掛けたり、インタネットを利用したり、領事館に訪問したりなど。様々なマスコミを利用し、世の中を大法の真相を話したり、邪悪な迫害を披露したりした人もいる」(2002年3月「北米巡回説法」)。こうして、中国駐海外領事館は法輪功が海外で中国政府と戦う主な場所になった。スローガンを叫んだり、座り込んで抗議したり、チラシを配ったり、定期的に正念を発したりして、いろいろな手段を取り込んでいる。

十数年以来、李洪志の「出かけよう」「法を守る」「真相を話す」「大衆を救う」などに煽てられ、法輪功組織に直接指揮された上で、たくさんの溺れた信者は大衆を邪魔し、法律を抵抗する違法犯罪道路を歩いている。これらの常人法律を邪魔する行動は、大衆の正常生活を邪魔している。ひどく場合、命も奪ってしまう。

結果から見れば、李洪志に煽てられた法輪功の信者は死んだり、体の不自由な状態になったりして、あるいは他人をけがしたり、法律から厳しく制裁されたりしている。

李洪志は信者をおだてて、法律を破壊させたもっともひどい結果は以下二種ある。したがって一部分の違法行動をおこなった法輪功信者は法律から厳しく懲役された。

その一、信者を死亡させること。李洪志と法輪功組織のために、過労して死亡した弟子はいた。李洪志の教唆と恐喝を受けて、たくさん大法弟子は夜も昼もチラシを配ったり、あちこちで法を宣伝したり、電話とメールで絶えずに他人を邪魔したりしている。長期間のプレッシャーが貯まって、心も体も疲れ切って、これで死んでしまった人もいた。遼寧省大石橋市南楼経済開発区東江村に住んだ法輪功練習者李艶華、高血圧にかかったのに、治療を拒否したため脳出血で植物状態になった陝西省渭河発電有限責任会社から定年した鄭素琴などは例として挙げられる。

その二、罪のない人の命を奪うこと。李洪志は弟子に「邪悪で悪い命」と「時代遅れの勢力」について暴力手段を使って「厳しく整理しろ」と煽てた(2002年3月「北米巡回説法」)。李洪志の「邪悪を取り除く」「悪魔を取り除く」に教唆され、たくさん善良だった大法弟子は罪のない人に、自分の家族にさえ、殺しを始め、冷たい殺人魔になった。例を挙げると、2002年3月28日、内モンゴル自治区赤峰区寧城県大明鎮城里村の住人、「法輪功」に溺れた趙合は自宅の入り口で助けに来た警察戴国生を殺した。李洪志の「大衆を救う」という邪説を信じて人を殺した練習者もいる。例を挙げると、2002年3月1日、新彊出身の法輪功練習者林春梅、温玉平は陝西省咸陽市鴻賓ホテルの女性従業員買新萍を殺した。彼女たちの殺人理由は、将来いわゆる「邪悪の勢力を取り除く」ため、勇気を鍛えることと買新萍を救うという理由で天国世界へ送ること。親族を殺した例として、北京西城区の傅怡彬は自分の父親と妻を殺した事件が挙げられる。もっとひどいのは、浙江省の陳福兆は「次元を向上させる」ため、15人のコジキと1人仏教教徒を殺した事件もあった。法輪功組織は血まみれの組織で、みんなも周知したため、ここで簡単に紹介するだけ。

現状からみれば、李洪志の贅沢な生活はけがをした及び法律違反の法輪功信者へ最大の皮肉だ。

李洪志に煽てられ、法律を違反しても「法を保護する」弟子は李洪志のために力を尽くし、「法を広げる」と「法を証明する」について巨大に貢献してしまった。悲しいことに、李洪志から何か評価されているのだろう。

その一、李洪志の「円満」「成仏」「業力を消す」の影響で自殺した、あるいは病死した法輪功練習者に対し、李洪志は「歴史の未来に」「いままでのない栄耀が与えられる」(2004年5月シカゴ法会での説法)。「みんなは円満になる」(2009年6月「大ニューヨーク国際法会での説法」)。問題は、去年“ワシントンでの説法”で李洪志はすでに声明した:大法弟子の修練目的は「個人円満」ではなく、「大衆を救う」という重い任務は達成しない限り、すべての修練は「0になる」。ここで、「円満」や「栄耀」などは李洪志は弟子をごまかすための幻だけということがわかった。

その二、騙されて煽てられて法律に違反し、刑務所に閉じられた法輪功信者に対し、李洪志は「歴史中、自分の命にたくさんの未償還の債務が残ったため、刑務所で債務を返すべきだ」(2008年5月「ニューヨーク法会説法」)。つまり、一般人の話で「当然だ」、「師匠」とは無関係だ。ここから李洪志の悪い心が見られる。

その三、自己残害したり、病気に我慢して一応「神の道を歩いている」生きている法輪功信者に対し、「関を乗り越える」「罪業を返す」と言われた。命に及ぼす「情欲関」「執着関」「生死関」と目に見えない「業」はともかく、ただ死んだ弟子と生きている弟子は最後に最終の「大裁判」にパスできるかどうかは確定できない。大法弟子になって悲しいことだ。

李洪志は法輪功の屁理屈を売り込み、大衆を毒害したり、信者をおだてて国内外の法律を踏みつけさせられたり、最も根本的な目的は信者の力を利用し、法輪功の「威力」が存在することを証明するこどだ。これで本人の海外生活をするためのお金を募集し、「民主基金」を勝ち取り、中国へ返されることから避ける。つまり、常人法律を歪んだり、否定したり、踏みつけたりすることはあくまで李洪志は自分の位置を高くし、邪説を広げ、信者を違法行動にさせられ、海外生活を守ってもらうよくあった使い手だ。現実もその点を反映された:弟子はいろいろ苦労して、死んだり、けがしたりしたのに、「師匠」としての李洪志は海外で常人の法律から「米国永久居留証」をもらった。弟子の尊厳、血と命で交換してきた奉仕、「民主基金」とチケットからの収入で、青少年を募集し「神韻」ショーと「国際競合大会」など文化娯楽が行われた。贅沢な別荘に住んで、豪華車に乗って、いい家族と一緒に、世の中に無上な贅沢な生活と幸せな家族の楽しさを味わっている。もし常人世界の幸せな生活と貴重な命を捨て、「法輪世界」と「円満成仏」に追いかけた大法弟子は死んだ世界でこれを知ったら、どう思うのだろう。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind