中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
は惨めな死に方をした(写真付き)
    
2014-09-11  Kaiwind  筆者:新柱    

  

王翠媛生前の写真  

王翠媛は元々幸せな家族がある、長い間吉林省四平市のセメント工場で出勤するので、肺症にかかった。

王翠媛はFalunGongを練習してからというもの、薬をのななくて注射もしなくても病気を治しできるという説を信じて、毎日功友たちと一緒に公園でFalunGongのテープを聞いて練習して、夜は功友が彼女に贈った《転法輪》を読んで、「練習」、座禪をします。彼女は長い間薬を飲まないで、肺症は深刻になった、咳がますますすごい、よく痰を吐く。家族は病院に行って検査をすると勧めて、でも王翠媛は、FalunGongを修練する人は病院へ診察を受けることがいけない、「消業病除け」のことが「修練」だけでいいよ、今の咳や痰など、それは「消業」過程の必然的な現象だ、病院に行ったら、「業」は消えない、かえって病気が深刻になる可能性がある、将来も「円満」できない。みんなはどのように勧めても、彼女は検査をしないと言って聞かない。   

199812月、王翠媛は毎晩でも咳をする、呼吸困難、階段に登っても疲れる。夫は彼女に病院に行くと勧めても、彼女はどうしても認めない。仕方がない、夫は家族を呼んで彼女を無理で病院に連れて、撮影の検査で、医者さんは肺病気は直ちに有効な治療をしないで、今は肺结核になりました。医者さんは専門の結核病院に行って治療を受けると勧めて、しかし彼女は死ぬまで行かたくない、トイレに行く機会で窓台に立って、病気を治すため再入院させたら彼女は自殺してみせると言いました。仕方がない、みんなは仕方なく彼女に纳得した、もう入院治療をさせない、ただ結核薬を買った、でも王翠媛は一度も食べない。   

20008月から、王翠媛の咳はますます深刻になって、よく大量喀血をして、呼吸がもっと難しくになって、歩くでも難しい。でも家族の勧めに対して、誰がまた彼女に病院に行くことを勧めれば、誰が「魔」です、彼女に「上のレベル」へを邪魔する「魔」である、彼女は死をしてみせる。   

20013月、外で出勤する夫は、何度も家に電話をかけても応答しない、急いで帰ります。ドアを開けた瞬間、王翠媛は地の上に横たわったと発見した、手に《転法輪》を持っていて、息をもう止めました。   

1997FalunGongを練習すれば体を丈夫になるだけでなく、薬を飲まなくても注射をしなくても彼女の肺症病を治しできる、将来も「円満」出来る、成仏になることを聞くと、思わずにそれを練習します。   
  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind