中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
朱小妹被骗记(图) 朱小妹は騙された事(図)
    
2014-02-03  Kaiwind  筆者:    

 

ビラ写真

私は朱小妹と申します、今年は51歳になります、浙江縉雲町の人です。今年正月の時、私は金華仙居の妹の家へ遊びに行きます、彼女は、神様は現世に来て、信じれば幸せになります。病気があっても薬を飲まなくていいよ、目を閉じて「全能神、いいね、ありがとう」と叫んで、元気になりますよ。どんどん、私も全能神を信じてそれに参加して。一ヶ月後、仙居から戻って、妹は私の戸籍を仙居から縉雲に変えました。

この数年、ずっと心臓病があります、痛い時はちょっと叫んで体が楽になってと思ってから、深く信じています。しかしある日、耐えないほど痛くて、どんなに全能神を呼んでも役に立たない、主人は見ると、上海華山病院の専門医者の診断を予約して、病院へ診察に追いやる。仕方がなく彼と自動車で上海に行く。下車ばかりに、まだあまり歩かない、夫婦に会った、彼らは親切に聞きます、「あなた達は地元の人じゃないか、どこに行くか?」私たちは本当に地元を知らなくて、「心臓病を治療に華山病院へ行きます」と言いました。

「ああ、心臓病ですが、私は以前もそれに困られます。医者が手術が必要だと言ってくれたが、私は恐がる、その後は家伝来の薬局を探した、医者さんはいくつかの古い漢方薬を発行して、意外に食べた後調子がいいになる。あなた達を連れて行ってみましょうか」。

病院で手術を受けると思うと、私もトテモ怖いです。あの夫婦の情熱を見て、その「神の眼」のビラを思い出して、彼らは私が体の痛みを受けないために、全能神に派遣される救ってくれる人と感じています。

だから、私は主人を連れて、あの夫婦に従って左に曲がって右に曲がって長い道を歩いて、一つの漢方薬屋に、医者が見たい人に、私の脈拍を分析して、舌苔を見て、たくさんの薬を勧めて、七千元だと言っていました。私たちも考えなくて、どうにも神様に助けたから、きっと元気になるだと思うった。薬を持って、縉雲の家に戻りました。

縉雲に戻る後、組織からの任務は多くになります、福の音を宣伝に生きさせて、人が教会に参加すると勧めて、一週間に5人くらいになる、もし規定の人数に足らなければビラの配布をさせられます。仕方ないし、主人を追い詰めて車で送って村へ説教に行って、ビラを配布します。家の仕事を何もやらなくになる。孫娘さえも世話をさせなくになる。

先日、政府の役人に全能神の危険性を教えてくれて、私はだんだん分かってきた、何の解脱の感じがあります。よく自分を考えて、七千元を払ってもらう漢方薬が、病気を治すのに、最優秀治療期間を遅れた。私はまだ主人を強制して福の音を宣伝するに行く、子供達も私に取り合わなくて、孫娘はも私を恐れて、家族の福音をうまくいかなくて、何の他人に福音を伝えていますか?私は鏡として、以前の兄弟姉妹達が、まだ目覚めない兄弟姉妹たちが早く全能神の中から出てきて、それを信じれば、良い結果がありません。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind