中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
王发敏有病不医治早逝(图) 王発敏は病気を治療しないで亡く(写真付き)
    
2014-09-28  Kaiwind  筆者:張勇    

   

王発敏生前の写真   

20131112、四川省会理県太平鎮大村に住んでいる住民の王発敏は病気突発で世を去ってしまった。彼女の死は鋼の針のように、70最高齢のお母さんの心に深く傷をした。    

王発敏197110月に生まれ、家で2番目の子、家が貧乏です。90年代に、親戚の助けのもとで、彼女は夢を持って、山村から県まで街の屋台を経営する。その間に、県にいくつかのFalunGong人員は彼女と雑談のきっかけ、FalunGongを宣伝して、FalunGongを修練すれば何のいいところがある、病気を治すことができる、厄除けを避けることもできる……などを彼女に教える。FalunGong人員絶えずに勧め、誘導と騙す後、遺伝性心臓病がある彼女が体に良いという目的を持ってFalunGongの練習になります。  

FalunGongを修練した後、彼女はこの泥沼で行き詰まる、屋台を経営することをやめて、ただ一緒に修練する功友と練習や宣伝などのことをします。時間が経つにつれて、屋台の商売は悪くになります、彼女はしょうがないあちこちにアルバイトで生計を立てる。遠くの山の中でのお母さんの陶広珍はこの状況を聞いてとても焦って、すぐ県に来てFalunGongの修練することをやめようと忠告した、彼女が道に迷ったと悟って引き返して、ちゃんと屋台を経営して、一般人の生活をしてと願います。しかし王発敏はお母さんと親戚や友達の説得をよそに、修練のことを続けて、まだ儲けるお金でFalunGongの書籍やテープなど練功用品を買って、同時に宣伝やFalunGongの資料を配布する事も参加して、どんどんFalunGongを夢中しているファンになる。   

仕方なくの場合で、お母さんの陶広珍は家と田舎を親戚に任せて、県に行って小さな商売をして、彼女を世話する。   

親戚や友人が彼女に勧めて、でも誰が彼女を勧めると、誰に怒っています。陶広珍時々彼女と相談し、精一杯と彼女に理屈を言ったが、彼女はまだ聞いてない。母娘関係断絶に至るまで、彼女はまだ練習する事を堅持して、お母さんは師匠の李洪志のことを叱らないようにと要求します。長い間疲れていますから、体の状況も毎日悪くになります、毎度でも病気になってお母さんの陶広珍は彼女を病院に連れて医者さんの治療を受けると勧めてだけど、彼女は注射しなくて薬を飲まないことを堅持して、修練を頑張れば病気を治すことができると言いました。長い間に治療しなくて薬を飲まないで、彼女の健康はますます悪くになります。   

20131112、陶広珍は早く起きた後市場に行った、昼ごろに家に帰る時にドアが鍵がかかっていないように発見しました(普段、陶広珍は市場に行って後、王発敏はすぐ起きて洗顔します、そしてスーパーマーケットに行ってアルバイトをして行く、だからドアは鍵がかかっていた状態はずです)。それを見て、何で今日娘がスーパーに行かないですか?ドアを開けて、部屋に入って見ると、彼女はまたベッドに寝て、陶広珍は娘を呼んでも反応がない。不吉を感じて、彼女は急いでベッドに近付いて見て、王発敏は動かないまま、口や鼻が血だらけ、人はもう息がない。こんな若い命が「修行」で無くなりました、彼女の死は年老いた陶広珍に無限の悲しみをもたらした。その後、陶広珍にお見舞い時、彼女は涙ながら教えてくれる、「娘は小さい頃から言うことを聞いて、孝心がある、彼女に対して非常に良い;彼女も時々娘を教えて、そんな鬼ようなもの(FalunGong)を信じないように、でも彼女は修練した後何も聞いてない;李洪志とFalunGongは彼女に害させる、もし娘はFalunGongを練習しなければ、既に結婚します、あの時も多数の人が縁談に来ても、彼女は同意しない、これは彼女の最大の殘念と思う、もし娘が病気を治療すれば、FalunGongを練習しなければ、こんな若い時に離れていたことをしないかもしればせん。」 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind