中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
消業が私のお父さんを殺した(写真付き)
    
2014-10-11  Kaiwind  筆者:謝清江    

  

謝臣義生前   

私は謝清江と思います、河南省清丰県韓村町孟村住民です。お父さんは謝臣義です、若い頃から、貧乏だから学校に行かない、後は一生でも辛い農民の生活をしています。だから父はいつも子供が農民の生活を過ごしなくて出世するように願っています、私たちにいささか不満を思わなくて、学ぶようにするには家計を切り詰めて倹約生活をしている。 

  1998年母は亡くなった、長い間父は母を失った悲しみの中から出てできない、いつも一人で家にぼーっとして、ひと言でも言わない。長男として、父を私の家に迎えて一緒に暮らしています。あの時の私は外でバイトして、仕事が固定的ではない、父が家にはいられない、暇があると畑に行って労作します。父は年を取って、体もますますよくないになりますが、風邪や熱になっても私たちに迷惑を掛けたくない、体調が悪い時にしばらく我慢して過ぎてしまいました。   

1998年末のある日、父親は村でぶらぶら散歩した時に、ある女性の野菜屋さんに出会って、彼女は親切に父にFalunGongを勧めて、この功はとてもいいだ、練習すれば調子がいいになりできる、たくさん癌の患者がそうやって病気を治しましたって。もし練習で元気になったら、子供にしてもいいじゃないの、一挙両得のことですよと父に言いました。父は聞くととても興味を持って、1冊の《転法輪》という本を持って帰って勉強します。   

父は数年学校に行ったことがない、「経文」中の多くの字を知らないで、他人に任せて県へテープを買って録音を聞いて、またよく近くの村に行って功友と「学法」の心得を交流して、わからない問題の教えを請って、全心全意で練習という枠に入ました。それだけでなく、まだ親友に遊説して、隣人にも練習チームに参加することを鼓動します。父に何度も親身になって説いて勧められてから、本村の人は前後7―8人が彼に従って練習しています、これらの人は知識を持ってだけではなく父を手伝っています。練習のチームが大きになる、父のやる気が以前より十分になる。父が村での威信が高くだから、その後県指導駅に近くにいくつかの村の練習所の責任者をに任命しました。   

19997月に、国家が法律に照らしてFalunGongを取り締まりました。この話を父に教えた時、彼はベッドで座禪練功して、とても理解できない。私は彼に勧めて、「自分がどうでもいいけど、子供達のために考えてみましょう、お孫もうすぐ結婚して、このままに影響がよくないじゃないんですか、隣人は陰口をするわよ。」しかし、父は「彼らはどうでもいい、私にとってFalun大法は一番大事だ。」   

日に日にそれに夢中して、父は無口になって、友人や隣人とつきあっていかない、完全閉鎖状態になり、神経過敏になる。毎日自分が部屋に閉じ込め、何でもやらない、毎日座禪、練功ばかりだ。誰でも彼と話をするなら、彼は何も言わずに座って、あるいは目を閉じてぐずぐず「Falun大法がいい、真善忍が本当にいい」なんて言いました。その後、彼は私たちが練習を邪魔すると思ってから、元の家に帰って一人で暮らすになりました。   

父は引っ越した後に、私はよく彼を見に行きます、料理を送ります。でも料理をそこに置いて、私が碗を取りに行き時には、まだ食べない。父の体が一日一日で悪くになる状況を見て、もう辞めると彼に忠告した。彼は聞かないばかりでなく、また我々は「一般人」だ、「修練人」の考えをわからないと言って、彼の修練は自分のためじゃなくて、家族のみんなが「病気除け厄除け平安を守る」のためにと言いました。   

20059月のある日、父は練習の時に突然ベッドに倒れて、顔色は真っ赤で、あえぎながら、大粒の汗が額から流れている。幸い適時に発見されました、急いで息子を呼んで、父を病院に送りました。医者は彼が肺気腫を患っていて、入院治療ほうがいいと言いました。でも父は死んでも入院したくない、しょうがない医者さんはたくさんの薬を付ける、必ず時間どおり薬を飲むと何度も念を押す。しかし、家に帰ると、以前の功友が彼を見舞いに来て、また病院へ行って診察を受けとか、薬を飲むとか体の中の「業力」を増える恐れがある、消業などのことを堅持してなどのおかしな話を言いました。私は怒って彼らを追い払いました。父は最後にやはり師匠の言うことを信じて、全部の薬をゴミ箱に捨てた。家族が代わる代わる薬が飲むこよを忠告して、彼は聞かなくて、また師匠が彼に消業をやってあげると信じています。父の病状を軽減するために、私は錠剤を粉末にする、こっそり父のご飯の中に入れて、しかし彼は食べてました、食器を地面にたたきつけ、腹立たしげて言って「あなた達は私に消業のことをさせたくない、死なせたいじゃないんですか、私の功力を全部廃棄したいですか!」その後、私たちも父の気性に仕方なく、みるみるうちに彼の体が痩せるになりました。   

このままでは、父の肺はずっと正規の治療を得られないで、病状がだんだん深刻になりました、息苦しくて喘息して、咳が止まらない。   

2010年の秋、父が風邪で咳が止まらない、私は父を連れて病院に行って、でも彼は何を言っても行かない、また「FalunGongの修練は無駄じゃないよ、咳のは師匠が体内の毒をすっかり取り除くのため、「黒い物質」を吐き出すのために、きれいに吐いてだね、二度とせきをしません。」私たちが彼に忠告しても聞かない、かえって輪をかけて、昼も夜も休まなく練功のことを勉強して、そうしたら師匠の加護を得ることができると思っています。   

父の病気は彼の敬虔で軽減しなくて、かえって深刻になりました。その後、ベッドでも起きできない、昼夜でも咳の痛みに耐えています。父がこんな様子を見て、子供の心が痛くないわけがない、最後に私達は強制的に彼を病院に連れて、医者さんの診断で彼はもう肺癌末期になってしまいました。父は生命の最後の2ヶ月は、病院のベッドで過ごした。  
20101225、父は永遠に私達を離れました。父が残した物を片付ける時に、彼のベッドの下であの《転法輪》を見つけた。私は怒って本をまっすぐキッチンの火に投げ込んで、本をゆっくり灰になりました。   
  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind