中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
何が彼に戻れない道を歩いていますか
    
2014-10-13    筆者:张新雨    

2001517、とても普通の日。その日、凌源八里堡近所の住民は八里堡の鉄道上に不完全な男の死体を発見した。警察署の調査によると、死者の名前は王楽です。朝陽市凌東マンションの住民、凌源鋼鉄会社の社員だった。彼の家族の直系三代上に精神病歴がない、王さんは明るい青年なのに、死亡の原因は自殺です。こんなひどい現場に対して、みんなは思わず聞きたくて、何で31歳の王楽は鉄道に飛び込んで自殺したか、そんな若い人はこの道を選びさせたものは何か。  

  

王楽生前写真  

問題は数年前から言わなければならない。19942月、李洪志は凌源鋼鉄会社に7日間のスビーチを行って、基地を設置した。法輪功を練習すれば体が丈夫になる、薬を飲まなくても病気もなれずなど言い方の誘いの下に、いろんな真実が知らず人は法輪功の勉強を始めた。王楽は別の人と同じ、丈夫な体が欲しいから、この団体に入った。最初から王楽の練習目標はただ一つ、それは体の丈夫のために。数日の練習後、体も精神の状態も良くになった、王さんは法輪功が病気を治しできることは信じる。その頃から、彼はもっと頑張って練習して、毎日《法輪を回る》を読んで、李洪志の授業を受けて練習して、同僚と経験を交流して、その中に深く嵌り込んだ。  

19997月法輪功を国に取り締まられたから、王楽は過ちを認めず練習と宣伝を続けた。200010月、王さんは家を出て、北京に行って法輪功の活動を参加した。数日後、王さんの家族はみんなから助けてくれて北京への道に彼を探し出して家に持ち帰った。戻ったから、彼は弱くになった、長期の練習と心理変化の影響に精神混乱、何を言うのは分からない。長期練習の効果があると思うなのに、実は、それは身体が弱くになって幻が現れた。  

2001411、彼の精神異常が発見された、凌源市康寧病院に連れて行った。気功偏差性精神病の診断を下された。病気の表現は言葉の乱れ、精神異常。彼は裸になることもある、でもあとは、自分のすべての行為は覚えなかった。自分は裸になるのことを聞いた信じられない。数日の治療を通して、精神が良くになっても完全に回復のことが足りえない。入院治療のはいやだから、退院欲しいと言って、父親はしょうがない同意して家を戻て休養した。退院するとき、先生はちゃんと薬を飲んで法輪功をやめて言い付けても、彼は全然聞かなかった。  

退院後、王楽は前に戻れて精神異常になって、何度も神様に見に行くのは言った。516日、彼は家に出て、家族はあちこちに探した。一日あと、凌源八里堡近所の鉄道上に彼の死体を発見されました。一つのカバンが現場に残した、その中に李洪志の写真と《法輪を回る》がありました。 

  

王楽現場の死亡写真 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind