中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功は陳亜茹を破滅の道へ
    
2014-12-31  Kaiwind.com  筆者:李玉娟    

李玉娟といいます。陳亜茹のクラスメートです。陳亜茹は1953年に生まれ、黒竜江省ハルピン市南崗区鉄三街に住んでいました。数年前、陳亜茹は法輪功を練習していたが、ボランティアーの協力を受け、法輪功から脱出し、普通の生活に戻りました。しかし、法輪功信者に長期間いろいろな手段で恐喝されたり、脅されたりして、彼女はとうとう精神が異常がでて、極端な方式で自分の命を終えました。 

若い頃、陳亜茹はハルピン製油所の電力室で働いていました。19972月に病気のために定年手続きをしました。1998年末ごろ、体を鍛えるという名義で法輪功信者に勧誘され、法輪功の練習を始めました。最初、定期的な運動は体にいい効果があったと実感したため、練習を続けました。その後、法輪功補導站の補導員の話に従い、法輪功で病気を治すことを望んで普段飲んでいた高血圧の薬をやめました。しばらくしたら、陳亜茹の病状がひどくなり、毎日頭がふらふらだと言いつつ、顔は真っ赤の状態でした。血圧も一気に200まで跳ね上がりました。ベッドから起きると、すぐにめまいを起こしたり、おう吐したりしました。法輪功の練習をちょっとすると、ベッドに戻って横になり、汗を流しながら休まなければならない状態でした。 

妻の病状がひどくなったのを見て、夫李慶喜は非常に心配しました。夫は涙を流しながら、陳亜茹に対し、病院で先生にみてもらおうと勧誘しましたが、妻はどうしても嫌がりました。その理由は、病院へいったら、業力が体の中へ再び押されてしまうから、法輪功を練習してきた努力を台無しにしてしまいました。夫は焦りだして、陳亜茹を強引に病院へ連れまして治療を受けさせました。これでようやく彼女の命を救いました。 

1999年、国は法輪功を取り締まりました。団地のボランティアは陳亜茹の家に来て、法輪功練習者が騙されて死んだ内容の資料や映像を読ませたり、みせたりしました。陳亜茹も自分が病気になって以来感じたことで、やはり科学こそ、生きる本であることを悟り、法輪功の本来の様子を心の中から分かってきました。 

ある日、私は陳亜茹の家へ行って世間話をしたとき、彼女は泣きながら私に言いました:「カルト法輪功は本当に人をよく落とされた。私を少しつづ騙されて深い淵へ落とされ、夫と子供たちに傷ついたことについて、非常に心が痛んだ。」彼女は即場でこれから法輪功から脱出し、普通の生活に戻ることに誓いました。しかし、これはほか法輪功信者の仇と恐れを喚起した。彼らはいつも真善忍を言いながら、長期間にさまざまな手段を使って、彼女を恐喝して脅しました。 

2014年春節を明けてから、私はいつもと同じように、陳亜茹の家へ行って世間話をしたら、彼女が非常に不安そうに感じました。夫も子供も同じように見えました。理由を聞くと、この二ヶ月以来、陳亜茹の家に法輪功信者から数え切れないほどたくさんの匿名いたずら電話がかかってきました。24時間も続いていました。そのせいで、家族は食事もよくできなくなったし、寝ることもできなくなりました。それだけではなく、法輪功信者に、家のドアにポスターを貼られました。ポスターには、陳亜茹が再度法輪功に入信することを明らかに要求され、そうしないと、夫と子供に対し手を出すぞと書いてありました。 

陳亜茹は私に言いました。自分が絶対法輪功をしない。やつらの思い通りにさせないため自分は死んでもいい。けっして夫と子供に迷惑をかけない。私は彼女を慰めました。早く警察に通報しろと家族に言い出しました。彼女が少々落ち着いた様子をみて、私は安心して自宅に戻りました。 

2014227午前中、陳亜茹の夫から電話がかかってきました。「亜茹は今朝自宅の通路で首をつって自殺した。家族に静かな環境を作るためだ。」遺書も残されました:自分が法輪功にまとわされたため、社会と家族と自分を危険な状況に追い詰められました。私の子供と家族に安定な生活を過ごさせるため、その世界を去ることに決心しました。決して法輪功に信じてはいけないと他人を忠告します。 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind