中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
盧建全故意殺人事件の後続報道
    
2015-04-27  Kaiwind  筆者:    

2008年12月11日、凱風サイトは刑務所で服役している盧建全が書いた文章「「悪魔祓う」ため、父親に刃物を」を発表し、四川省で大きいな話題になった。その後、四川省「楽山日報」の記者方芳はこの事件の当事者について後続取材をした。 

事件の詳細を了解するため、私はまずこの事件を担当した四川省楽山市公安局市中区支局の王刑事と刑事を訪問した。自分の父親を傷害した悪性事件なので、数年間を過ぎても、二人の刑事はこれについて印象深かった。王刑事はこの事件の記録書類を見ながら、思い出した:「200224日夜9時ぐらい、我々は被害者家族から、法輪功の人は殺人したという通報を受けた。我々はすぐに事件の現場である建全の家に駆けつけた。応接間、ダイニングルームとキッチンの床に、血痕だらけだった。応接間のソファーと壁には拭かれた血痕は数箇所あった。電話にも血いっぱいだった。部屋の中はごちゃごちゃだった。当時、建全には精神異常があると疑い、まず精神病院へ送り、専門的な医学鑑定を行った。結果は正常で精神異常がなかった。そして、尋問を受けたとき、建全の言葉ロジックもはっきりした。事件審理のとき、彼に法輪功を練習しているのかと聞いたとき、彼は素直に認めた。法輪功を練習すれば、自分に有利だった。自分もその恵みをもらった。胃の病気は法輪功の本を見たうえで治った。そのため、たとえ法輪功が政府から邪教と認定されても、彼の心の中にやはり法輪功を信じていると言った。そのほか、建全から法輪功の練習は間違ってなかった。法輪功は国の法律に違反してなかった。国は法輪功を迫害対象にしたのは罰に当たられると言った。」 

警察から、「当時、建全は父親を殺した理由が、父親は自分を殺したため、殺し屋を探したと感じたからだと言った。それだけではなく、建全は刑務所の中に、寮を変えるように要求した。その理由も他人から自分を加害しようと言った。我々は彼に、どのようにわかったのかを聞いたら、彼は答えた:人は死ぬと、霊魂がある。霊魂こそ元神だ。人間はただの肉身にすぎない。常人はそれがわからない。彼は天の目が開いたから見えるのだ。と言った。 

建全の父親当時負傷の程度を了解するため、私は楽山市人民病院副院長である烏建平医師を尋ねた。事件が起きたとき、烏院長は楽山市救命センター総合外科主任を担当していた。建全の父親学基氏の担当医の一人であった。烏院長は当時のカルテを見ながら、私たちに話した:「あの日夜10時ごろ、患者(学基)が送られてきた。当時、患者の前頭骨は粉砕骨折になり、上矢状静脈洞は怪我され、頭蓋内には金属異物が入り、これは前頭骨開放性頭蓋脳損傷だった。同時に、患者の首、胸、背中に数箇所鋭いものによる傷があった。重体だった。この息子は思い切って父親の命を取ろうとした。全部は肝心の部分を目指した。」烏院長からある情報を教えてくれた:「学基は言ったことがある。建全は彼を傷害したとき、口の中に法輪功の用語を呟いたそうだ。建全は、李洪志がそう言った。時間だ。その人に憑依した悪魔を取り除く時間だ。法輪功は霊験あらたかだ。」 

その後、私は建全の家族と隣人を訪ね、彼らの建全に対する意見を聞いた。 

まず取材を受けてくれたのは建全の二番目の叔父さん学友である。彼はそういった:「建全は十数年前からこんな性格になっている。人と付き合わなく、内向けで、精神状態には問題ない。彼が父親を殺した理由は法輪功を練習したせいと思う。父親から止められ、彼は自分の円満が父親に邪魔されたと思われたのだ。法輪功の練習で魔に取りつかれたよ。」 

建全の姉は後の取材で学友の考えを証明した。「彼(建全)はシンセンから帰ってからあんまに外へ出ない。よく自分が部屋の中に閉じこもっていた。ある時、私は彼の部屋に入ったとき、彼が法輪功のテープをききながら練習していた。彼から本を速やかに読んでいた。一日「転法輪」を三回読めるといった。父は彼の法輪功練習に反対したため、彼は私に父をさんざん殴って見せると教えたとき、私たちは父を親戚の家に隠した。弟は我々に父を家へ持たせと要求した。そうしないと、家族全員は安心に生活できないと脅された。事件が起きた後、私は彼の部屋にあるカレンダーに、25日のページに“24日夜9時 火曜 建全”という内容が密かに書かれた。これは事件が起きたときの時間だ。」 

建全の母親鄭華英は建全の話をしたとき、非常に落ち着けなかった。彼女は悲しく言った:「当時、建全は法輪功を練習し、魔に取り付かれた。魔に殺人せよといわれれば、彼は殺人しにいけるし、魔に飛び降り自殺をせよと言われれば、かれもそうするぐらい。わが家の悲劇は法輪功の練習したせいだ。法輪功は彼をそこまでさせた。 

建全の父親を取材したとき、老人は今でも当時のことを思うと怖い気分になる。彼は:「事件が起きた夜、私はいつも通りに晩ご飯を食べた後散歩しに出かけた。家に戻ったとき、建全はドアを開けてくれなかった。私が彼を殺すため、二人の殺し屋を一緒に連れてきたと彼は言った。そう話しながら、彼は緊張してドアの隙間から外を見ていた。夜に何かが起こるといい続けた。しばらくしたら、彼はトイレへ行くふりをして、急に彫刻刀を持って、私の頭部、体に刺された。あの彫刻刀の先端は元々丸くしたが、建全は事前に尖るものにした。 

当時、建全一家の隣に住んだ王姉さんから言った:「虎は子供を食わない。じさん(学基)はいい人で、よく一緒に通勤したりした。じさんは仕事もできるし、しっかりしている。性格は明るいし、楽観的な人だ。よくみんなと笑い話をしてくれた。彼はよく他人に助けたりしている。しかし、下の息子(建全)はあんまりしゃべらない。他人との付き合いもしない。ほかのところから帰ってきてから、精神状態もよくなさそうで、目は集中していなかった。彼が法輪功を練習したのは知っている。」 

取材はここまでである。関係者全員が提供してくれた情報は私の疑問を徹底的に解けてくれた。建全は自分の父親の根本原因はまさに彼の言ったとおりだ。法輪功を練習してから魔に取り付かれた。「悪魔を祓う」ため、自分の父親を殺害しようとした。建全とその家族の不幸は法輪功のもう一件仕業である! 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind