中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
広東:女性は法輪功に夢中になり、飛び降り自殺した(図)
    
2015-06-18  Kaiwind.com  筆者:    

20041281810分に、広東省梅州市の梅江区のビルの階段入り口に、一人女性が血まみれで倒れた。近所の人が見つけ、すぐ、110120電話をかけた。そして、警察と救急隊員がすぐに駆けつけ、しかし、この女性が重傷のため、血を流し多すぎ、亡くなった。 

現場検証によって、この女性は自殺を判断した。死者の曾繁珍と長女が、梅州市梅江区の梅路五洲友好ビルのスイートに住んでいる、1名の法輪功に夢中になる人である。その住所のリビングに、李洪志の写真を数枚置き、部屋内に『法輪功』と他の法輪功の書籍や資料、テープ何十本もある。 

曾繁珍、女性、19515月に生まれ、若い頃に夫がなくなった。それに、家に娘が二人いり、長女は、結婚した。次女は、梅州の病院に仕事する。 

長女は、2001年末、曾繁珍が梅県区程江のと知り合ってから、一緒に住んでいた。それに、曾繁珍は自己で練習した「福報」と思っていた、そして、もっと法輪功を信じた。しかし、彼氏が法輪功を練習することに反対するため、普段暇な時、彼女はいつもこっそり修行し、ずっと発見されていなかったということであった。 

20048月に、彼氏が偶然に、まだ法輪功を練習し続けることを見つけた、何回も、彼女に別れることを以て、警告したけど、曾繁珍に無視された、かえって友を誘い、一緒に法輪功を練習したかった。何度も制止無効後に、と別れた。そして、曾繁珍は長女の梅江区梅路中国友好ビルのスイートルームに住んでいた。長女の家に住んでいるうちに、曾繁珍はもっと多い時間で、友達と一緒に、法輪功を練習した。それに、何度も娘と婿も法輪功を練習することを励ました。 

長女は曾繁珍が自殺する前に、自分の亡くなった後のことを手配する気がし、それに、蓄積してきた一万円の現金やアクセサリーを娘に渡した、同時に「このお金とアクセサリーは、貴方の商売のために、あげる。私は殘して無駄だ。間もなく、わたしが円満になったわ。」も話した。 

2004128日に、家族達が誰も帰ってこないうちに、曾繁珍は自分を傷つけると、まだ円満できないため、高いビルから、飛び降り、自殺した。 

以下の部分の画像は、調子が悪くなるかもしれないので、慎重にご覧ください!!! 

IMG_256 

図一:曾繁珍転落現場 

IMG_257 

曾繁珍転落前に自殺現場 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind