中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
「1・23焼身自殺事件」から法輪功の自己矛盾を考える
神韻演出は法輪功が邪教と反中宣伝するための政治道具である
取材で法輪功本社は韓振国の死亡に対して全員沈黙
西洋社会はいつか「神伝文化」から覚める
法輪功は再び病気を治す奇跡を作り
法輪功メディアが偽写真で南京爆発事件を報道
「神韻」はこうして「満員」
「張凯臣事件」についての瀋陽日報社図書発行総公司の声明文
明慧サイトは妻の死亡を架空話
明慧ネット「古参記者」の反省
李洪志との近距離的接触
鄭倶翠:私が明慧サイトへの投稿真相
『法輪功学習者の心身に変化が現れた実例』という本の出版経緯
私の目で見た法輪功資料の「無料で配る」内幕
法輪功がどう芸術を見ているのか
「神韻夕べ」は法輪功の政治的な宣伝
法輪功の「全世界華人コンクールシリーズ」はペテンである
法輪功のメディア機関
法輪功が海外で誣告したり、みだりに告訴したりしている
電子ブック
08.jpg
マスコミ報道
·オセロの中島知子さんのケースから考えるマインドコントロールの解き方
·「特別扱いの信者として教団の反社会的組織活動を増長」霊感商法対策弁連が桜田淳子の芸能活動再開に反対する会見開く
·統一教会の反社会的段階とリンチ事件
·英国メディア:文鮮明は巨大な商業帝国を建てた
·英国外務省官吏:“生体摘出”の指摘は確たる証拠無し
·衰弱死 懲役14年6月判決 典型的マインドコントロール 専門家が社会に警鐘
·オウムの観察処分、継続を要請 地下鉄サリン事件遺族ら
·インドの一人の邪教教主は38人の妻と89人の子女を持つ(図)
·ロシア警察は法輪功の大規模集会を制止
·「悪魔払い」知人の女逮捕 傷害致死容疑
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind