中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功のメディア機関
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功のメディアは新聞、ラジオ放送局、テレビ局、映画制作所とウェブサイトなどが含まれている。このような巨大なメディアのネットワークを構築するのは、法輪功が邪教の色彩を薄め、西側諸国で長期にわたり立脚するための戦略の構成部分である。

法輪功のメディアは「大法」メディアと「常人」メディアの二大種類に分けられる。たとえばウェブサイト明慧、ウェブサイト欧州圓明、ウェブサイト亜太正悟、ウェブサイト豪州光明、ウェブサイト正見、ウェブサイト新生、放光明テレビ局、台湾放光明、明慧ラジオ放送局、明慧週報などの「大法」メディアは李洪志と法輪功本部の指令を伝え、学習者の修練を指導しており、例えば『大紀元時報』、新唐人テレビ局、ウェブサイトアポロン、『人民報』、看中国、「希望の声」国際放送局、神州映画製作所などの「常人」メディアは反共産党・反中の内容を宣伝している。

ウェブサイト明慧:法輪功の専門ウェブサイト、李洪志と本部の指令を伝達する。1999年5月30日に正式に開設、現在中国語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、日本語、韓国語、スペイン語、ベトナム語の9ヶ国語のバージョンがある。法輪功の創始者である李洪志はかつて、「重大な問題はウェブサイト明慧の態度を見ると強調した。ウェブサイト明慧は李洪志の重要な言論、説法内容、経文を発表する重要な場所である。

大紀元時報:法輪功の最も重要な新聞とウェブサイトである。本部は米国マンハッタン中区に設けられており、30の国に支部を持っており、新聞は10ヶ国語のバージョンがあり、絶対多数の地区では無料で提供しており、週間の発行量が140万部に達すると吹聴している。この新聞は2004年から中国共産党を謗った『共産党についての九つの論評』を打ち出した。2007年1月、AP通信はニューヨークの市立大学の夏明政治学教授の論評を引用して、「ある程度において、『大紀元時報』は法輪功が普通の人間社会に溶け込み、影響を及ぼし、合法的地位を獲得する戦略の一部分である」と指摘している。同時に、論説家と学者達は、『大紀元時報』の出現が法輪功の全世界における公共関係戦略の一構成部分であり、目的は同情者と新しい追随者を味方に引き入れることにあると見ている。

新唐人テレビ局:2000年創立、本部は米国ニューヨークにあり、全世界に50余りの支局があり、毎年3百万ドルの使用料を払って4つの通信衛星を賃借りし、英語と中国語(漢語と広東語の二重音声)で毎日24時間全世界向けに放送している。新唐人テレビ局は2つの芸術団を雇っており、2004年から全世界で「文化」の名義を以って実際に法輪功を宣伝する巡回公演を行っている。新唐人テレビ局は「全世界の華人に奉仕する」ための「独立的公衆メディア」と自称しているものの、事実上、全部法輪功にコントロールされており、その邪教と反中を宣伝する道具である。

法輪功の「神韻夕べ」はもとは「新唐人テレビ局全世界華人新年交歓夕べ」と呼ばれ、新唐人テレビ局の主催によるものであり、法輪功が邪教と政治を宣伝する舞台の一つである。

「希望の声」国際放送局:本部は米国サンフランシスコに設置され、カナダ、イギリス、デンマーク、スウェーデン、ドイツ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、台湾などの国家と地域に多くのローカル支局を持っており、ラジオ放送局を拠り所にしたウェブサイトは中国語、ベトナム語、英語、スペイン語、フランス語、韓国語のサブネットも開通している。

法輪功は上述のこれらのメディアを持つ以外、ある多くて例えば豊かな出版社、豊かな出版社、聡明な学校などはこれらのメディアの宣伝活動を行う組織と機関に協力して協力する。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind