中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功が海外で誣告したり、みだりに告訴したりしている
    
2009-02-24  桂龙新闻网  筆者:    

法輪功は「誣告とみだりな告訴」を一つの手段として、法輪功に異議を持つ人を攻撃報復を加えたり、恐喝したりしている。

2003年1月20日に、法輪功は海外における「誣告とみだりな告訴」の主な組織者として、いわゆる「追査法輪功迫害国際組織」を設立し、その訴訟グループのプロ化とシステム化を図っている。

法輪功に妄りに告訴される対象は非常に広範で、中国から外国まで、行政部門から民間団体まで、国家指導者から一般の庶民までは、法輪功の利益を犯し、または法輪功に不利な言論を発表した場合、全部法輪功に起訴される恐れがある。

法輪功は世論の覇権を行い、訴訟の手段を以って、例えばカナダの『華僑時報』やオーストラリアの『華人日報』などの異議を持つ海外メディアに打撃を与えている。

2001年11月3日に、カナダの『華僑時報』は1篇の法輪功を批判する文章を掲載した。法輪功はこのために『華僑時報』を告訴し、当該新聞社を7年間にわたる訴訟の泥沼に陥らせた。結局、この訴訟で法輪功が敗訴した。

2003年12月にオーストラリアの新聞『華人日報』はオーストラリア駐在中国大使館の法輪功非難の声明を掲載した。法輪功は「誹謗罪」で『華人日報』を起訴した。『華人日報』は巨額な訴訟費用を支払えないため、やむを得ず改名してしまった。2006年4月5日、裁判所は法輪功が敗訴したとの裁決を下した。3万オーストラリアドルの弁償金を逃れるため、法輪功は無法なまねをして、「新州法輪大法協会」と「新唐人テレビ局オーストラリア有限会社」などの原告の破産を宣告した。

法輪功を批判指摘した組織と人に対し、法輪功はみだりな告訴を通じ気が狂ったように報復を加えている。

例えばウクライナのドニプロペトロフシク市の反邪教協会、オタワの老人連誼会、中国科学院党組織の郭伝傑副書記、中国反邪教協会の王渝生副理事長、湖北武漢テレビ局の趙致真元局長などがそうであった。

1999年、趙致真の指導の下で、武漢テレビ局は特定テーマ番組『李洪志の人柄事柄』を作って、李洪志が科学を汚したり、公衆を騙したりする証拠を明るみにした。2004年7月14日に、法輪功は米国コネチカット連邦法廷を通じ、プライベートで米国を訪れた趙致真氏を訴訟した。

2005年夏季、国際邪教研究協会はスペインで会議を開き、法輪功について討論を行うことになった。法輪功が起訴で威嚇したため、協会はサンフランシスコの法輪功に反対するサミュエル・ルオ(Samuel Luo)氏の発言を取り消した。法輪功を代表する弁護士は当該協会への手紙の中で、「(中国共産党の)法輪功修練をめぐる宣伝・嘘・誹謗に関するいかなる行動を許可支持したり、信じたりすること自身は種族虐殺と酷刑への協力である」と書いている。

法輪功組織の政治色彩が濃厚であるため、一部の組織は自分の祝賀を主とするデモ行進への参加を拒絶し、法輪功は同様に訴訟手段を借りて付きまとっていた。

米国サンフランシスコ中華総商会は法輪功が「政治的動機」をひそかに持っているため、2006年から3年連続でそのサンフランシスコ中国旧暦新年行進への参加を拒絶した。法輪功はそのため中華総商会を法廷に告訴した。中華総商会の決定は米国裁判所から支持を得た。

法輪功がこれまでの行進途中で観光客にいわゆる「酷刑」写真を配ったため、ニュージーランドのオークランド市は8回連続で、法輪功が年に1度行われているクリスマス行進に参加することを拒絶した。法輪功は活動組織側のオークランド児童クリスマス行進信託基金会を起訴した。2007年に、法輪功成員はオークランド児童クリスマス行進の信託基金会の会長、オークランド商業会議所のCEOを勤めているマイケル・バーネット氏の事務室を包囲攻撃した。したがってバーネット氏は安全を確保するため、やむを得ず保安員を雇った。

いくつかの国の権力部門と高級官員も法輪功の機嫌を損なったため、むやみに告訴された。

モルドバ司法部が法輪功の登録を拒絶し、シンガポール上級相のリー・クアンユー氏が公に法輪功を批判し、オーストラリアのダウナー元外相が法令を発行して法輪功が大使館の外で騒動を起こすことを禁止したため、みな法輪功に法廷に訴えられた。

大雑把な統計によると、2001年以来、法輪功はすでに米国、カナダ、スウェーデン、ドイツ、ベルギー、スペイン、韓国、ギリシア、オーストラリア、ボリビア、オランダなどの国で100回余りの法律訴訟を出しているが、勝訴したことがほとんどなかった。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind