中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
ドイツ議院:“活摘”は証拠のないうわさだ
    
2013-01-11  桂龙新闻网  筆者:徐开    

概要:法輪功のせいで、最近中国で器官を取るために政治犯を死刑にすることのうわさを広がる。でも、証拠がないから、ドイツ議院徳中委員会会長ヨハネス·プフルックはそれはありえないことだと思う。

2012年11月9日、ドイツの声の報道によると、西南のドイツラジオ放送局の記者は最近ドイツ議院徳中委員会会長ヨハネス·プフルックにインタビューした。最近中国で器官を取るために政治犯を死刑にすることの指摘について、それは全然ありえないと彼と思う。

「これは証拠のないうわさです。数年前このようなうわさを聞いた、また相応の調査は私たちの情報機構によってしました。私たちの情報人員当時教えてこれらの説は何度も水面に浮かび上がるだけど、このようなことがあるの証拠がない。私は具体に指摘することができる、うわさの広まりは法輪功のせいで、でも彼らは証拠がない。」とプフルックと言った。

 

 

プフルック

 

取材対象の紹介:ヨハネス·プフルック(Johannes Pflug)、社民党、ドイツ連邦議員、アジアを中心して政策研究しています。2005年から徳中委員会会長であり、また連邦議員外交委員会のメンバーでもある。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind