中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
靑島の「法輪功メンバーが迫害を受けて拷問される写真を偽造する」事件を解決する
    
2013-06-27    筆者:    

 

法輪功の「迫害を受けて拷問される」といわゆる写真(注:図の中の人物はすべて法輪功者です)

いくつかの制服を着た男は、中間の1人の髪をつかんで、彼の指で歯ブラシを挟んで、手は血だらけ、彼の背中に血まみれ、がんじがらめに縛りあげて地上にうずくまって……これは今年5月2日に山東省青島市の警察は摘発された事件で押収の写真上の情景。

青島市交番所城陽支所流亭国境交番の警察の紹介によると、これは一つの法輪功メンバーが「迫害を受けて拷問される」といわゆる故意に捏造する典型例です。容疑者陆雪琴をはじめとする16名法輪功邪教団体中の肝心メンバーは、事実を歪めて、噂を宣伝して、中国のイメージを中傷したいの目的を達成するために、実写シミュレーションの形式で、法輪功団体者が刑務所で迫害を受けて拷問される写真を偽造する。

 

法輪功が作るメンバーを迫害を受けて拷問される写真(注:図の中の人物はすべて法輪功者です)

今年の5月2日午後2時15分、交番所は大衆の通報を受けて、城陽区東女姑山村一戸の住民の家の中に、多くの身分不明者が出入りして、違法な活動に従事することが疑われる。警察は法律によると、住民の家に入て調査して、現場は十数人が集まった。ある人は赤い液体が他人の身に塗って、ある人は地の上で横たわって拷問される役を演じ、ある人は棍棒をあげる者として演じる、ある人は拷問される人を押さえて共犯者を演じ、ある人はカメラを持ってそばで撮影していた……

陆雪琴に尋問させる過程の中で、警察は「あなたは法輪功を国家に取締されたことを知っている……なぜこの活動に従事しますか?」と聞きました。

答えは「法輪功はいいだから」。

容疑者袁绍华は事件のいきさつを説明しました。

「5月2日妻を連れて陆雪琴を迎えて上東女姑山村に行った、二瓶のコーラを買って、また、一瓶のトマトソース、そして2袋のトマトソース……これらは偽血漿を調合する材料です、別の人の身につけて……そして、陆雪琴は私を立ち上がって、木の板を持って、その人の背中に殴りふりをする。」

質問:人を殴る時他の人は何をしてますか?

答え:撮影しています。

質問:この写真を撮って何のために使う?

答え:それは、インターネットで使うと聞いて。

質問:インターネットを利用して何に使う?

答え:それはよくわからない。

 

法輪功が作るメンバーを迫害を受けて拷問される写真(注:図の中の人物はすべて法輪功者です)

警察が現場で見つかった証拠は、袁绍华の白状を確認しました:赤い顔料、ケチャップ、コーラなどを利用して作られた“血漿”、警棒と板、ロープ、テープ、歯ブラシなどの刑具、写真を撮影すると制作用のカメラとパソコンなどの設備、そして、大量の法輪功不法宣伝品、CDと書籍など。彼らは2枚のA 4紙に25種の撮影したい拷問をリストした、完成するの “拷問”の前にマークした、未完成のはまだ撮影しないのプロジェクトです。

警察の調査による、法輪功は迫害される写真を偽造する手段を通じて国家のイメージを破壊したい、この反宣の形式は以前取り上げるCDや資料の中にすでに見たことがあります、最近国内外のサイトに伝わる法輪功がつくりあげた「迫害実写」プロットに高度に似ている。

調査によると、事件が現地では初めて、この事件の解決が、法輪功団体は事実を曲げて、噂を拡散してなどの違法行為を披露させるに、直接に有力な証拠を提供した。現在、まだ事件はさらに審理中。

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind