中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
「狂人」と考えられるの杜玉君(図)
    
2013-11-11  Kaiwind  筆者:王小俊    

青島で法輪功練習者は偽の"迫害を受ける"事件を摘発されるゆえに、皆は法輪功が野放図的にデマをとばす悪習をわかる。その恥ずかしい反省を見られないうちに、また、著者はそのでたらめを言ったの醜態を見ている。

2013年6月24日、ネットフレンドに「邪教精神百科事典」と呼ばれている明慧ネットが一篇の《正直な農民は山東第二収容所に殴られて狂気へ》という文章を発表しました。

 

杜玉君

 

明慧ネットの文章

報道内容は、山東省郯城県の農民杜玉君は、山東第二収容所で殴られて精神異常になりましたことです。筆者はこの文章を見ると非常に驚いていた、まさか法輪功は本当にうそをつくのは無罪だ、デマを飛ばすのは疲れないと感じていませんか。目を引き付けるために事をでっち上げて、何かを行う。明慧ネット上文章中の主人公の杜玉君が、筆者はよく見かけだけではなくて、またかつて世間話をすることがありました。彼はいつも精神正常だけではなく、郯城県での一番繁栄な団結街東の端に、一つの“把子肉”と呼ばれる軽食店を営んでいる、店は狭いけれども、すごく人気がある、現地で少し有名になります。

 

杜玉君が営んでいる軽食店

でも最近、法輪功が頻繁に自分の学員に消えてしまう、死亡、あるいは精神異常になると呪います。しかし、元気な人がそこに立った時、あれらの嘘も地に落ちた。もし、昔の学員達は、数年に信じている法輪功に迫害された事件を見ると、どう考えているかわからない。でも厚かましい法輪功はそんなことに気にすることができません、もっと“酷い刑罰迫害”事件を作らなければ、もっと嘘を作らなければ、誰もそれに関心を持たない、誰も自分に食べ物を与えない、それなら、西洋ボスの前に本当に利用価値が無くなる。

嘘はしばらくだますことができますが、隠すことはできませんが、事実は常に言葉よりも雄弁。法輪功がデマをとばすことが、ただ散散醜態を演じます!

 

杜玉君と妻最近の写真

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind