中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
かつての法輪功練習者が"残酷な刑を受ける"についての話(図)
    
2013-11-18  Kaiwind  筆者:黎春明    

5月2日、山東省靑島で法輪功が"残酷な刑を受ける"写真を偽造する事件を摘発させました。16人の法輪功者は実写シミュレーションの形式で、「迫害を受けて拷問する」の写真を偽造したいです。この事件を披露した後、法輪功を批判する声が相次いでいる、公衆はさらに法輪功のトリックスターの正体を見抜いた。かつて法輪功に夢中していた人は、今は精神コントロールを抜け出して、新しい生活を始まる人々が、この事件にどう考えていますか。

山東済寧の反邪教のボランティアとして、最近私たちはかつて本市の法輪功に夢中している人を訪れました、彼らはこの事件についての報道を見させて、彼らの本当の気持ちに耳を傾けていました。

 

法輪功の“残酷な刑を受ける”写真を偽造する事件についての報道

これらの人々は悪人を助けて悪事を働く

徽县に住んでいる者の黄祥鹏は、「私は早く目を覚ますことにとても嬉しいです。法輪功の邪説はもともと嘘だ、今新聞、テレビやインターネットで全部それを暴き出している、ますます少ない人はそれを信じています。法輪功は“芝居”を演じるために、何度も偽装や嘘をつく、残酷な刑を受ける事さえしています。私は最も不思議と思うのは、これらの法輪功に夢中になる弟子はこのような手配に判別をしなくて、どんなことをさせたらやれます、それは何かが真善忍ですか、これは悪人を助けて悪事を働くじゃないんですか」と言いました。

 

黄祥鹏はビデオを見るときは表情が重い

まったくいわゆる「残酷な刑を受ける」ことを聞いていません

黄祥鹏は、「実は“残酷な刑を受ける”事件の宣伝が私はとっくに聞いたことがある、心理治療センターで経験していました、彼らの宣伝とまったく違うので、私はそれを信じない。思わなかった多くの年後に、法輪功もこんなことをやり直しました」と言いました。

鱼台県の回答者の程绪前も、「私がかつて一年以上に犯罪監所にいました、全然こんな状況ではありませんが、当時は主に勉強して、なんの刑はありませんでした、彼らと言っての“迫害”が全然ありません」と言った。

 

ビデオを見た後程绪前は物思いにふけました

任城区に住んでいる回答者の卢玉堂はビデオを見る後、「何か迫害宣伝、これは絶対に仮相だ!法輪功が国のイメージを破壊するために仮相を作る」と怒って言った

 

任城区の回答者の卢玉堂

これはわざと社会秩序を乱す

泗水県の回答者の王德海は、「私はかつて法輪功に惑わさました、いま法輪功は迫害の写真を撮るなんて、自分の顔に泥を塗る、本当に人に怒らせる。李洪志はこれらの人に噂を広めて、社会的な混乱にある、社会に大きな害をもたらす」と言いました。

 

かつて法輪功に夢中していた王德海

自分の過去をもっと深く後悔している

泗水県の別の回答者の高明荣は、「最初私は体が丈夫になるために、どんどん法輪功を練習し始まりました。李洪志の邪説の表面は非常に魅力的なので、私はすぐに夢中していました。実は最初多くの法輪功練習者は善良な心を抱いて、李洪志の“真善忍”という説を信じているだから、それを練習し始めました。でも、練習は自分に利益がないだけでなく、家族に幸せをもたらさない、かえって国家と社会に迷惑をかけて、政府は私たちをいとわなくて、まだ非常に関心を持って、積極的に教育、感化、助けをくれました。今は思い出すと、本当に後悔限らない!」と言いました。

 

高明栄は偽の"迫害"事件のビデオを見ている

鄒城市の回答者の李明東は、「その時は本当に夢中していました、法輪功に洗脳されるべきであり、自分の思想が回しできなかった。今は過去を思い出すと、当時は本当にバカバカしい、法輪功の全体は嘘です、害です、どのようにそれを信じできますか」

 

李明東は過去を思い出すと後悔してやまなかった

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind