中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
ニュージーランド政府は再び法輪功の生き取りという噂を反駁する
    
2014-03-06  Kaiwind  筆者:郝迈    

ニュージーランド国会サイト(Parliament.nz20131121発表する情報と報告によると、ニュージーランド国会の外交、国防と貿易委員会(the Foreign AffairsDefence and TradeCommittee)は、最近国会にレポートを提出した、ニュージーランド法輪功協会が提出した、ニュージーランド国会に要求して、中国政府が法輪功練習者の器官を生きとることを禁止させるという請願書を論駁させる、この法輪功の指摘は今までまだ証明しません。 

   

ニュージーランド国会公告のスクリーンショット   

外交、国防と貿易委員会の報告では、117日、同委員会がニュージーランド法輪功協会担当者の于景方(Sam Fang)から提出する中国政府は法輪功練習者の器官を生きとるという請願書を届いて、そして1114日と21日に審議が行われました。   

同委員会審議後、国会に《ニュージーランド外交、国防と貿易委員会は于景方が法輪功協会を代表する請願書について》という報告を提出した、、報告書によると、ニュージーランド法輪功協会は、中国政府が法輪功練習者の臓器を取ると言いましたが、現在この指摘が未証実です。委员会は、ニュージーランドと中国の人権問題についての会話が多くて、交流易くて、そして2006年カナダ人デイビッド・キルガーとデビッド・マタスは中国政府は法輪功練習者の器官を生きとるの報告を投げ出す後、ニュージーランド政府は調査をした、同時に二人のデビッド、国連拷問問題特別報告事事務室、人権問題非政府組織及び他の中国人権問題を注目している国家と検討を行いました。関連国際組織はキルガーとマタスの報告は根拠がなく、そしてアメリカ国務院の調査報告も同じ定説を与えました   

外交、防衛と貿易委員会の結論は、同委員会とニュージーランド政府の調査によると、現在何の法輪功の「中国政府が法輪功練習者臓器を強制に生きとる」という指摘を支持出来る証拠はないです。   

添付:ニュージーランド国会外交、国防と貿易委员会報告全文 

ニュージーランド外交、国防と貿易委员会 

于景方が法輪功協会を代表する請願書(2011 / 84)についての報告 

委員会の勧告: 
外交、防衛と貿易委員会は、Sam Fang(于景方、ニュージーランド法輪功協会の担当者——訳注)が法輪功協会を代表して提出する請願書(2011 / 84号)を審議して、そして国会に本委员会がこの請願書についての報告への注目をお願いします。   

外交、防衛と貿易委員会はSam Fangが法輪功協会を代表する請願書を審議済みました、その中に要求する:   

国会にニュージーランド公民と永久の住民が密輸や不法摘みの海外器官は違法だと認定すること求めて、ニュージーランド政府に公開的に法輪功練習者は中国で受けた野蛮と非人道な迫害を非難させることを促して、中国共産党もすぐに迫害させることを停止すると要求します。   

委員会は気づいて、この請願は法輪功及びその支持者は長期に法輪功練習者が中国で不法臓器提供源として運動の一部だけです。それでも独立調査が存在だけど、この指摘は今まだ確認しなくて、且つ中国政府は何度もきっぱり否認します。   

この陳情は国会にニュージーランド公民と永久の住民は密輸や不法摘みの海外器官は違法だということが受けるということを求めます。   

本委員会が、ニュージーランドで器官を販売するのは違法だということが分かる。しかし、もしある人は海外に臓器移植を探せば、ニュージーランド政府とは関係ないになります。そして、ニュージーランドは海外で約100万人がいますし、患者の秘密を守る条項、他国法律の状況、臓器移植臨床環境などの要素などを考えて、海外の臓器移植を受けるのは違法だと認定する法律が、執行されにくい。   

委員会が分かる、ニュージーランドは現在多くのルートを通じて中国と人権と法治を含める問題を検討し、部長レベルの検討、ニュージーランド北京駐在大使は主導するの二国間人権の対話と外交部の二国間協議も含めています。ニュージーランドも国連で人権問題を討論します(先月ニュージーランドは国連人権理事会が中国の普遍の定期的に審議について発言しました)。中国政法大学とニュージーランド人権委员会はまた署名した、直接に中国側にニュージーランドの人権実踐を展示しました。委員会委員は再び私たちの信条を繰り返す、すなわち宗教や精神的な信仰及びこれら信仰にの表現は、各国があまねく尊重するべきの基本人権です。   

この請願書で取り上げたこれらの問題は前期国会期間中にはすでに現れました。これらの法輪功練習者器官を生きとるというの指摘はまだ20063月にカナダ人デイビッド・キルガーとデビッド・マタスが書いたレポートに現れて、そして法輪功のマガブック《大紀元時報》で公開発表された時に、ニュージーランド政府はこれに対して調査が行われました。   

本委員会メンバーとニュージーランド政府は、未だ何の法輪功が臓器摘みという主張証明できる独立証拠を見つけません、この結論がニュージーランドや外国の調査に基づいています。ニュージーランド役人はキルガーとマタス、国連拷問問題特別報告事務室、人権問題非政府組織及び他の中国人権を注目する国にも、この指摘にの討論を行いました。他の国際組織もキルガーとマタスの報告が真実であるかどうかについて調査しますが、全部法輪功の器官取る主張が根拠不足だと思いました、その中に一部の重要なアメリカ国務院の調査報告が含めています、その結論は法輪功は器官取る指摘を証明できる証拠が存在無いだと考えます。ニュージーランド役人達が未だなんの強制に器官を取る指摘に支える独立評価を見つけないです。   

ここで国会にご報告を致します。     

付録 

委员会議事プログラム: 

この請願書は2013117日本委員会に提出した、当委員会は1114日と21日で請願書に審議が行われました。 

委員会メンバー: 

John Hayes (主席)  

Hon Phil Goff  

Dr Kennedy Graham  

Hon Tau Henare   

Dr Paul Hutchison   

David Shearer   

Lindsay Tisch    

ニュージーランド国会掲示板サイト:http://www.parliament.nz/en-nz/pb/sc/documents/reports/50DBSCH_SCR6012_1/petition-201184-of-sam-fang-on-behalf-of-the-falun-gong  

原文文書URL www.parliament.nz/resource/0002016522  

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind