中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
当事者は法輪功の噂を潰すと表明する
    
2014-05-04  Kaiwind  筆者:徐 慧    

ネット噂の生産基地は法輪功です。「秦火火」に比べて、デマを飛ばすことでも、またはデマの手段や否定することの方面で、百倍よりも高くになります。「法輪功の噂」の気勢が激しくても、常に脆弱です。「法輪功の噂」を潰すたくさんの武器の中に、最も力強いのは当事者の厳粛な声明である。

本論文では、「まずスクリーンショットし、後簡単な説明」の形で、「法輪功の噂」を潰す声明にわりにイメージとしての分類のハイライトをする、法輪功の「デマを潰す歴史」のためにこれを記録しています。

第一類:「天罰をされる」人の声明

(1)宗教人士見忍住職の声明

 

[注釈]2010年3月19日、法輪功の明慧ネットは「天罰」というカラムで《大法を中傷する黃梅五祖寺住職が悪の報いを受ける》という文章を掲載しました、見忍住職が法輪功を反対するで失明になる虚偽の情報を作って拡散して、当事者をひどく怒らせる、この厳粛な説明を発表しました。

(2)役員郭占锋の声明

 

[注釈]2010年9月17日、明慧ネットは文章を掲載して、河南省臨潁県巨陵鎮役員郭占峰は悪果をもたらして死亡しまいました。ユーザー韩佳はこのことの為にわざわざ臨潁県巨陵鎮へ確認に行きました、事実は郭占峰は良い生きている、韓さんはそのため写真を撮りました、郭占锋の声明と一緒凯风ネットで発表しました。

第二類:会社、団体の声明

(1)四川省人民芸術劇場の声明

 

[注釈]2010年1月7日、法輪功「希望の声国際放送局」の記者はサンフランシスコで所謂「かつて四川省人民芸術劇場肝心役を担当する赵斌」をインタビューでした後、《元四川省劇場肝心役:比類なき神韻が6年連続で読む》という文章を発表しました、「神韻」のために虚偽の情報を宣伝する。四川省人民芸術劇場がこの噂を発見した後上の声明を発表しました。

(2)黒龍江省阿城新華村民委員会の声明

 

[注釈]2010年10月6日、法輪功マスコミ明慧ネットは《阿城谭玉蕊は三回も牢獄に入れても四百数の村人がサインして釈放を要求する》の噂文章を発表して、中に「四百数の村人がサインする」ということが嘘です。そして、上の村民委員会の名義で厳正に声明する写真があります。

第三類:「似非者をされる人」の噂を潰す声明

(1)孟伟哉の声明

 

[注釈]2004年12月の上旬、法輪功マスコミ大紀元時報は最初に掲載した:中共退職文芸界の役人、有名な作者孟伟哉は離党しました。孟先生はこの真っ赤な嘘を聞いたあと怒りならない、12月10日に新華年ネットで写真の通りの声明を発表しました。

(2)齐柏平の声明

 

[注釈]2010年8月20日から22日まで、法輪功は、アメリカミシガン大学孔子学院中国側院長齐柏平のあずかり知らない情況の下で、そのアメリカ新唐人テレビが開催する「世界華人声楽コンクール」にだましに参加させました。その後、大紀元などの法輪功ネットがたくさん不真実の報道を発表して、そして悪意の憶測は、中共役人齐柏平は「新唐人声楽コンクール」に高く評価して、「共産党文化を体制内の役人に捨てる」などの嘘を作って、それを契機として反中国反共の宣伝をします。齐柏平教授は非常に怒りました、9月17日に凯风ネットに頼んで上の厳正な声明を発表しました。

第四類:以前の法輪功者と家族の声明

法輪功者の親族劉麗娟の声明

 

[注釈]当時は19歳の劉麗娟は、成都市双流県棠湖中学高校三年の学生です、母親樊英は法輪功練習者です。2009年2月10日と14日、明慧ネットは「劉麗娟」の名前で所謂《告発状》を発表しました、中共の「迫害」を告発しました、劉麗娟は7月20日に凯风ネットにこの声明を発表して、法輪功にの訴えを口述しました。

第五類:「善報される者」の声明

  

[注釈]2010年8月17日、大紀元《神韻DVDが国内で広める、大型デパートが公開放送》という噂の文章は、河南省辉县市薄壁町二街村73歳の尚有富老人は、かつて病院に噴門がんの結果を診断されました、入院治療でも効果がない。神韻パーティーDVDを数回見る後、がん細胞が消えました。それで、親戚たちが「三退」をします。あるネットユーザーはこれについてわざわざ尚有富を訪れました。でも、尚さんは大紀元の文章を読んだ後、とても怒っています、このことについて以上の声明を発表しました。

上記の「写真」と「注釈」で、何の評価でも必要はないです!

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind