中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
天安門「自己燃焼事件」の始末
    
2014-07-07  Kaiwind  筆者:高毅明    

概要:2001123日、北京天安門広場の「自己燃焼事件」に、国内と海外の記者が調査した後報道しました。FalunGongは事実を否定しただけど、鉄な証拠の前に、責任を中国政府に転嫁する目論見が失敗しました。 

2001123日、北京天安門広場で起きた河南省開封からの王進東など7人のFalunGong者が自己燃焼事件が、世界に衝撃を与えた。今までもう13年が経った、鉄の事実に直面しても、李洪志をはじめFalunGong邪教組織は今までそれを認めません、いろいろ理由を作って真相を否定して責任を逃れます。筆者は現在天安門事件の経緯を簡単に次のように述べる、真実によって、事実を明らかにする。   

「自己燃焼事件」の発生 

天安門「自己燃焼事件」は2001123日午後245分ごろ発生しました、場所は天安門広場人民英雄記念碑の東北と真北の2つの方向、2件の事件を起こった、自己燃焼参加者は7人です、その中の一人が死亡、4人が火傷、そして2人が自己燃焼が準備している、警察に発見して制止されました。自己燃焼の5人の中に現場で死亡した人は劉春玲だけだ;火傷の5人は劉春玲の娘劉思影、郝惠君、陳果と彼女の娘、王進東だ;自己燃焼未遂の2人は劉葆栄と劉雲芳だ。火傷者は北京積水潭病院へ緊急措置をとるに送られました、その中に劉思影と王進東は中等面積火傷になって、郝惠君、陳果と娘は大部分面積火傷になりました、4人が顔、両手などの特殊な部位の火傷があります。その後、劉思影は重傷で亡くなりました、わずか12歳です。   

「自己燃焼事件」の原因 

天安門自己燃焼事件の発生は李洪志が発表した経文と大きく関係があります。李洪志は2000616日に《円満へ》を発表した、FalunGong人員に「ストレスに耐えた出てきた」と要求します;2000812日また《最後の執着を捨てる》を発表した、FalunGong人員に「生命への執着を含めるすべて常人の執着を捨てる」を要求します; 200111日また《耐えられない》を発表した、、FalunGong人員に「真理のためにすべてを捨てる」を要求します。李洪志の「経文」シリーズは、実は命を代価としても惜しまないほど、中国政府と法律に対抗するためにFalunGong人員を扇動します。李洪志経文シリーズの扇動蠱惑のせいで、天安門自己燃焼事件が発生しました。李洪志の「経文」によって天安門広場で「自己燃焼」をするで「円満」を実現することができることが一番最初から悟るのは劉雲芳だ、そしてこの邪説を宣伝品に作って王進東などの人に配布します。彼は「私は天安門広場に自己燃焼をする、私の体で人々に真実を証明させる:『法』は本当だ」と言いました。王進東も承認しました:李洪志の経文シリーズからこそ「自分を捨て、自己燃焼の形式で『正法』に行く信念を固めた」。   

「自己燃焼事件」の準備 

李洪志の《円満へ》などの文章を発表した後、劉雲芳は惑わされる、王進東などに宣伝する、最後2001年の旧暦の大晦日の日で、自分の体を燃やす形式でこの醜い「夕」を払って、「円満」の願望を実現することを決めました。2001116日、薛红軍は劉雲芳、王進東、劉葆栄、劉春玲と彼女の娘、郝惠君などの人を上京の列車に送りました。北京に到着した後中央音楽学院で陳果を見た、劉秀芹が提供した部屋に住んで、ビニール袋、ガソリン、ブレード、ライターなどを含める自己燃焼のツールを準備します。1231030分、彼らは天安門広場に来た、午後230分に統一自己燃焼を約束した。ガソリンを入れるビニール袋は漏れで、臨時に購入するスプライト瓶を替わて、一人きり2本のガソリンを持って自分の体にやて自己燃焼します。   

「自己燃焼事件」当事者の身元 

天安門「自己燃焼事件」発生した後、李洪志のアメリカでのニューススポークスマンの張尔平と香港FalunGong担当者の简鸿章はすぐ飛び出して自己燃焼者はFalunGong者じゃないと公開否定しました。しかし、FalunGongマスコミは国内FalunGong地下組織に委託した調査結果は皆に驚かさせた、自己燃焼者は全部FalunGong者だ、そして調査者の一人の馮海軍はその中の4人は知っています、それは劉雲芳、王進東、劉春玲、劉思影だ、この調査結果未公開になります。実は自己燃焼者がいずれも開封FalunGong者であり、そのうちの郝惠君は開封イスラム教徒中学校の音楽先生です、陳果は中央音楽学院民族音楽学院99級の学生です、劉春玲は開封リンゴ園中路小学校の先生です、劉思影は開封リンゴ園中路小学校五(1)クラスの学生です、劉葆栄は開封色織工場の定年退職者です、劉雲芳は開封あるペンキ屋の店員です、王進東は開封日用化学工場の運転手です、早期退職後に妻と「聚宝斎」という旅行用品店を経営します。 

国内外の主流マスコミは「自己燃焼事件」にの反応 

「自己燃焼事件」発生後、FalunGongマスコミは嘘を作って、自己燃焼者はFalunGong修煉者ではなく、政府スパイが演じる人だ、王進東は本人じゃない、「中国共産党は自己燃焼事件を作る」説に至って、劉春玲は殴られたから死んで火傷で死亡ではないなどと言いました。しかし嘘は一時だ、それは皆の目を隠せできない。中国マスコミは天安門広場自己燃焼事件に連続性の報道を公開して、そして外国マスコミの入国取材を許可した。アメリカCNN記者の報道は肯定的な口ぶりで自己燃焼者はFalunGong修煉者だと報道しました。アメリカの音の記者も報道の中に自己燃焼者はFalunGong修煉者だと確認しました。ロイター社も記事で、「FalunGong」は1999年に「邪教」として禁止され、いくつかの「FalunGong」精神運動の大ファンは2001年に天安門広場で火を引いて自己燃焼しました」。とにかく、西方主流マスコミは「1・23」天安門広場自己燃焼事件にの報道がFalunGongから宣伝するいろいろ嘘に認められない、比較的に冷静な態度を持っていました。201115日、アメリカ有名な邪教専門家リック・ロス(Rick Ross)は「邪教ニュース」サイトで文章を発表しました、彼は天安門自己燃焼事件の二人の生存者の郝惠君と陳果にのインタビューを公開報道して、文字や画像で真実に彼女たちが今の状況及び彼女たちはFalunGong邪教に反対する声を記録した。ちなみに、天安門「自己燃焼事件」当事者の王進東は《愚昧.死亡.新生》という本も出版しました、その中に詳細に北京天安門広場へ自己燃焼に行く全過程を記述しました。   

鉄な事実に対して、FalunGongFalunGong人員の「自己燃焼事実」を隠して中国政府に転嫁する目論見は、最後までも成功する運命ではなかった。 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind