中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功の「警察は500万元を恐喝される」というデマが披露されました
    
2014-09-03  Kaiwind  筆者:厉潔    

最近、容疑者は済南警察に警察を装った詐欺事件が摘発された、でも事件の不思議な点は詐欺犯罪は海外からの迷惑電話によって起こしました、後の事件にもつながり、さすが「世界は広く、奇抜な出来事ばかりである」。   

近年、海外法輪功がよく国内に迷惑電話をかけて、邪教情報を伝って、夜を昼にしてほど、民衆はうんざりする。意外に今回がもっと手強い役が会った、一貫して電話をかけて詐欺することが得意の法輪功は「詐欺能力」もっと高い詐欺師に電話して、詐欺したいのに騙されました。   

詐欺事件犯罪容疑者の姜先锋は警察に逮捕されました。調査によって、姜先锋、男性、44歳、山東省徳州市齐河の人、2003年から済南に来た建築工事下請け代理業務に従事し、今しばらく済南市天橋区に住んでいます。今年2月以来、姜さんは何度も海外からの迷惑電話に出る、連絡先は姜先锋を「米光亮警察」と呼んで、そして自分はある法輪功人員の海外の親友と自称して、彼にこの法輪功人員を釈放すると要求しました。   

姜先锋が分かる、この海外から迷惑電話を掛ける法輪功人員は彼が警察官だと思っていた、詐欺の裏を行く、警察官に成り騙させる。姜さんは自分が確かに米光亮だと言って、この法輪功人員を釈放することができるけど、相手が500万元を支払う必要、そして自分の工商銀行のカード番号を教えました。   

予想以外に法輪功はただ者ではなくて、姜先锋がこんな無理な要求を聞いて、こっそり電話内容を録音して、あるサイトで披露しました。   

警察は姜先锋を逮捕した後、彼に犯罪事実を認めていて、現在事件はまた審理中です。   

聞くところによると、法輪功はよくインターネットから関係者の電話番号を探して、サイトの「悪人ランキング」で公表させる。李洪志は弟子を鼓動してそういう人に迷惑電話をかける、いわゆる「真実を話す」、その内容はデマを流す、民衆を恐喝する、邪教を伝播するにほかならない。不完全な統計によると、法輪功は技術手段を通じて海外から中国に毎月何百万人に迷惑電話を掛ける。法輪功はサイトで承認して、ただ200412月で800万を超える電話が掛かる。国内民衆はこれに非常に反感して、ある人はよく凯风ネットに投書して、法輪功の迷惑電話にの怒りを表す。   

法輪功サイトに発表された電話番号の誤差が大きく、だからいつも笑い話になる。今回、迷惑電話をかける人が済南ある法輪功人員の「海外親友」と自称して、電話に出た人は済南市公安部の警察になりすました。詐欺師は「李の鬼」に会って、双方にだまさせして、茶番劇を上演しました。   

姜先锋の交代によると、今年の春節以来、彼は100以上の迷惑電話を受け、多くの電話は「つまらない事」、「でたらめ」ばかりです。その後、舌打ちし、債務をかかえる姜先锋は詐欺の考えを芽生えて、自分は済南ある公安支局局長だと自称して、迷惑を掛ける相手に現金500万元を恐喝する。法輪功は夢にも思わなかった、今度は詐欺師に騙されます。   

一般人はこんなことに会ったら、お金をだまされない限り、降参します。しかしデマを作り慣れる法輪功はこれを口実として、2月末彼らのサイトに「済南警察は誘拐して、500万元を恐喝する」という嘘をでっち上げる、またまことしやかな「調査通告」を公表し、中国司法機関を中傷します。   

幸いのは、済南警察は直ちに解決した、犯罪容疑者姜先锋を逮捕して、事件の真相を還元します。法輪功のデマも地に落ちます。 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind