中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
「生体臓器摘出」うわさの重要な担体――二人デイビッド氏の「調査報告」
    法輪功は「生体臓器摘出」うわさを如何に捏造したのか
2015-01-29  Kaiwind.com  筆者:    

「生体臓器摘出」うわさの元――「蘇家屯収容所事件」:http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201501/26/t20150126_2283777.htm

「蘇家屯収容所」うわさがすっかり明るみに出された状況に置いた法輪功は、自分が作ったうそをうまく繕うため、いわゆる「法輪功信者の臓器が摘出された」ことは中国のほかにも大量に存在しているといううわさを広げ、国際社会の目線を転移しようとした。 

200676、法輪功から意を授けられ、カナダ外交部アジア太平洋局元局長デイビッド・キルガー氏(David Kilgour)と人権派弁護士デイビッド・マタス氏(David Matas)は「中国共産党の法輪功学習者への臓器摘出に関する調査報告書」を発表し、中国政府は大量的に、非法的に法輪功練習者の生体臓器を摘出すると書き、中国の名誉を傷付けた。2007131に、この報告書の改正版を発表した。20091116260ページの「血まみれの臓器狩り」という本はこの報告書の第三版になり、2012年に第四版を更新した。 

2006年から、二人のデイビッド氏は全力を尽くし、世界中を回って自分の報告書を売りつけた。2007年から2009年にかけて、2年間も未満した期間に、彼らの足跡は「ヨーロッパ、アジア、アメリカとオーストラリアなど44カ国に渡した」。[1] 

  

イビッドキルガー氏()とデイビッドマタス(右) 

中華医学会臓器移植分会の副主任委員石炳毅教授はキルガーーマタス報告のなかに、唯一証人として全名を挙げた専門家である。二人のデイビッド氏は初版調査報告に、いわゆる石教授の話を引用した:「法輪功を迫害してから、2000年から2005年にかけた5年間、約6万例の移植手術がおこなった。」石炳毅教授本人は捏造された引用について非常に怒り、相手のうそを作った目的に質疑した。20071月のはじめごろ、BBCはこの話題で石炳毅教授を取材したとき、石教授はある声明書を読み上げた:「私はどんな場所にでもこんな話をしていません。この記録は根拠なしです。この二人の作者はこんな話を捏造した目的分かりません。どんな利益に駆動され、彼らにうそを作らせたのも理解できません。」注意すべきことは、二人デイビッド氏は石教授の声明を無視し、第二、第三版の報告のなかに、この話を引用し続けた。 

二人デイビッド氏の報告に出た証拠は大体2類に分けられる。一類はいわゆる「電話調査」など手段を通じて取った証人の話あるいは録音証拠である。しかし、報告のなかに、証人一人さえ確実な氏名、身分、住所、連絡先および証言をもらった時間、場所、過程、証人と面会など提供していない。特に録音証拠そのものの信用性と客観性はそもそも問題である。もう一類の証拠は、作者はサイトからダウンロードした資料あるいはほかの作者を通じて、はっきり書いていない方法でもらった資料である。その以外、二人デイビッド氏は報告書の中に、常識から考えれば明らかにうそである材料を使っている。例えば蘇家屯事件の「証人」アンニの脳外科医である夫は角膜移植手術をしたなど。 

 

 

 


[1] 「血まみれな生体臓器摘出」作者はノーベル賞平和賞に指名。大紀元、201027 

(つづく) 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind