中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
誰が「生体臓器摘出」うわさを広がっているか
    法輪功は「生体臓器摘出」うわさを如何に捏造したのか
2015-02-04  Kaiwind.com  筆者:    

「生体臓器摘出」うわさの元――「蘇家屯収容所事件」:

http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201501/26/t20150126_2283777.htm 

「生体臓器摘出」うわさの重要な担体――二人デイビッド氏の「調査報告」:

http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302674.htm 

「生体臓器摘出」うわさの内容は:

http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302691.htm 

 四、誰が「生体臓器摘出」うわさを広がっているか 

法輪功が捏造したうわさの多くは結局暴露された。いままで、「生体臓器摘出」うわさは法輪功が捏造したうわさの中に、もっともすばらしく、もっとも「長生き」のとはいえる。人々はこのうわさの裏から、あるよく組んでおり、組織が整ったポロのチームはこのうわさの伝播と発酵のために、「一生懸命に力を尽くしている」 

(一)法輪功迫害を調査する真相調査委員会(CIPFG)——うわさの発起人 

 

デイビッドキルガー左上と四大支団の団長:北米国の団長ロブン・ボルク、カナダ東部腎臓基金会臓器ドナー委員会首席(上の真ん中);アジア団長頼清徳、台湾立法委員(右上);ヨーロッパ団長カロリン・コスク、イギリス貴族院議員(左下);オーストラリア団長アンドル・バレット、オーストラリア国会参議員(右下[1]  

200644、法輪大法学会と明慧サイトは米国のワシントンDCにて、いわゆる「法輪功迫害を調査する真相調査委員会」(CIPFG)を設立させた。「真相調査団」と略称し、「生体臓器摘出」事件の主な推進者である。法輪功の紹介では、この委員会は世界中オーストラリア・ニュージーランド支団、アジア支団、ヨーロッパ支団と北米国支団を持ち、「海外にいる300数名政治界、法律業界、医学界、NPO組織などさまざな人によって構成された。」[2]2006524、この調査団は二人のデイビッド氏に、「中国政府は法輪功学習者の臓器摘出に参加した」ことについて「独立調査」をおこなう権利を授けた。二ヵ月後、「調査報告」を出版した[3] 

200789、この「真相聨合調査団」はギリシア政府から何回もの警告を無視し、強引的にライターでいわゆる「人権聖火」の火をつけた。そして、法輪功の面目をつぶした「人権聖火」リレーという下手な演出を始めた 

(二)臓器の強制摘出に反対する医師会(DAFOH)——うわさの推進者 

 

「臓器の強制摘出に反対する医師会(DAFOH)」はもう一つの「生体臓器摘出」うわさ推進者である。2006年に米国ワシントンDCに成立し、「国際社会の独立組織」であり、「医学界および社会にある非法および非倫理な臓器摘出に客観証拠を提供する」と名乗った。[4]コアーメンバーは10人おり、首席はトステン・テリーTorsten Treyである。その下に、12人専門家により構成した相談委員会を持っておる。アジア区法律顧問は朱婉琪である。公式サイトDafoh.org200783日に設立した。この組織は「国は臓器を奪う」という本を出版したことがある。作者はトステン・テリーと「血まみれな臓器摘出」の共同作者デイビッド・キルガー氏である。 

2008年4月5日、「臓器の強制摘出に反対する医師会(DAFOH)」は初めて法輪功のメディア大紀元の報道に現れた。2008年は合計三回も現れ、その後は静かな状態になった。201110月にようやく再度大衆の目線に出、「生体臓器摘出」うわさに応援し、医者である専門家の身分として、うわさ推進作戦の前線に行き、正真の推進者になった。20136月、この組織は全世界サインー募集運動を発起し、「法輪功学習者の臓器摘出行為を即時やめるを中国政府に要求する」;1128、香港立法会ビルで検討会を行った 

(三)カナダ人デイビッドキルガーとデイビッドマタス——うわさの吹聴者  

デイビッド・キルガー(David Kilgour)、1941218日に生まれ、カナダ元国会議員、アジア太平洋局元局長である。キルガー氏は長期間人権を吹聴している。2005年、彼は無党派の下院議員であったとき、当時カナダ総理であったポロ・マティンに、もしカナダはスーダンのフール地域へもっと援助を提供しなければ、彼はマティン政権に支持しないと脅した。[5] 

デイビッド・マタス(David Matas)、1943829に生まれ、カナダウィニペグ地区の人権弁護士である。中国アモイ遠華特大密輸事件の主犯頼昌星の弁護士であった。 

二人のディビッド氏は台湾で呂秀蓮から熱情的な招待をされたもあれば、各国政府とスポーツ選手に、2008年の北京オリンピックに拒むように要求したこともあった。 

特に注意すべきなところは、ふたりのデイビッド氏は中国大陸に来たこともないくせに、二ヶ月間に中国政府を告発する「生体臓器摘出」調査報告を作成した。二人は作者、代弁者と多数NGO人権機構のメンバーの名義で、「生体臓器摘出」うわさの伝播に推進した。2007年から2009年にかけて、二年間未満の間、彼らの足跡は「ヨーロッパ、アジア、米国とオーストラリアにある44カ国に至った[6]二人は認めた:「毎回旅行の経費は違っている。一般的な状況は、誰かに誘われたケースです。法輪功学習者である可能性はあります。」[7] 

(四)法輪功の膨大なメディア王国——うわさの発酵場  

法輪功メディアには新聞、放送局、テレビ、映画とインタネットなどある。そんな巨大なメディア網を作った目的は、法輪功が邪教のイメージを薄くしようとし、西洋の国で長期間生き残る戦略の一部分である。法輪功マスコミは「大法」メディアと「常人」メディア二つに分けられた。「大法」メディアの役割は李洪志と法輪功本部からの命令を伝え、信徒の修練を指導することである。「常人」メディアの役割は反中国宣伝である。例えば:大紀元時報、新唐人テレビ、アポロサイト、人民報、看中国、希望の声国際放送局、神州映画製作工場など。 

「生体臓器摘出」うわさの伝播に、法輪功の「常人」メディアは発酵場みたいな重要作業を発揮した。グーグル201486日の検索Dataによると、大紀元が発表した「生体臓器摘出」をめぐった文章は53万篇で、新唐人は52万篇で、アポロは17万篇である。これらのいわゆるメディアは事実と真相をものともせずに、多様な方式で「生体臓器摘出」うわさを何回も広げ、「うわさは千回を聞くと真理になる」効果を求めようとした。 

(五)証人「アニー」と「ピーター」——うわさが広がる元  

2006421、法輪功に買収された「アンニ」(左)と「ピーター」(右) 

「ピーター」は法輪功「生体臓器摘出」うわさでの第一匿名証人である。「中国共産党内部の情報員」と名乗り、後は「大陸に深く入りこんで取材をしている古参メディア人」になった。本当の状況は、「ピーター」は米国に住んだ中国人で、前名はジョン・カーターJohn Carterで、2006年は44歳であった。無職で、サンフランシスコの教会で勤務したことがあるが、窃盗で解雇された。「蘇家屯収容所」の証人が必要なので、彼は法輪功に買収された。 

もう一人重要な証人「アンニ」は「蘇家屯収容所」で5年間いたと言った。彼女の証言は「ある証言」として、二人のデイビッド氏の「調査報告」に正式的に登場した。実は、「アンナ」はカナダ国籍を持ち、前名はアンナ・ルイス(Anna Louise)であった。2006年のときは50歳であった。若い頃はバーのダンサーで、カナダオタワ新アジア広場の近くに住んでいた。法輪功組織に買収され、うそな事実を拡散していた[8] 

それ以外、法輪功の「生体臓器摘出」うわさを押したのは、ヨーロッパ、米国、アジアにある別の意図を持った組織といわゆる人権保護者たちがいた。例えば、「台湾国際臓器移植関懐教会」は「生体臓器摘出」うわさを拡散することに協力するため、2006115日に、台北に新たに成立したいわゆる協会であった[9] 

 

[1] 「真相調査団は胡温へ手紙を 迫害停止のスケジュールを立てよう」明慧サイト、2007611 

[2] 「人権聖火は迫害を終えるため火をつけた」明慧サイト、2007810 

[3] 「中国共産党臓器摘出罪業暴露国際年代記」、大紀元、20121203 

[4] 「フランス国会臓器移植検討会 医者が中国共産党臓器摘出現象を暴露」、大紀元、20131128 

[5] 「蘇家屯事件を疑う」、カナダ「オタワ・シチズン」、グラン・マイクグレーグ、200789 

[6] 「「血まみれの臓器摘出」作者はノーベル賞平和賞に指名」アポロニュースサイト、201029 

[7] 「中国共産党の生体臓器摘出暴行を披露 証人がカナダ国会公聴会での回答」、明慧サイト、201338 

[8] 「法輪功は言った生体摘出 下手な国際社会を騙す茶番韓国法輪功邪教対策委員会 20138 

[9] 「台湾国際臓器移植関懐協会成立」、新唐人、2006116 

(つづく)  

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind